2006年12月31日

ハナじいちゃんプリティ♪

とうとう今年も今日で終わりだ
(昨日まで仕事に追われていたので実感がないが…)

紅白見たら実感が沸くだろうわーい(嬉しい顔)


24日のイブは、bobyama様をどこに案内しようかな?
するとみきみきが
「小郡地区ろう協会と手話の会の合同クリスマス会があるの
是非来て欲しい!」
TELちゃんも是非にとお誘いだったのね

で、bobyama様に聞いてみたら
「めったにない機会だから是非参加してみたい」
ハイ、小郡クリスマス会に決定〜ぴかぴか(新しい)

西鉄電車にて移動
そこで”いかにゆりよしちゃんが天然ボケであるか”
というエビソートを披露しよう

bobyama様とぞーさんはかなり大きめな男性である(そこポイントね)

バスの席は2人席が向かい合わせになっているタイブだった

まずbobyama様が座り、続いてピヨが向かい合わせの席に座った
さてゆりよしちゃん
当然のようにピヨの隣に座る。オイッ!
ゆりよしちゃん以外の3人「…」呆気に取られた

「ゆりよしちゃん…席を間違ってる」
「は?」
「いい?bobyama様の隣にぞーさん座れると思う?」
ゆりよしちゃんやっと気付いて移動!
ぞーさんよりむかっ(怒り)パンチ攻撃されてた…(苦笑)

まあゆりよしちゃん曰く
「だってだって、いつもピヨの隣に座ってるんだもん!」だそうだ

小郡地区のクリスマス会は
参加者が151名ととっても人気あるイベントだ
みきみきが役員として頑張って司会していた
TELちゃんがなにくれと面倒見てくれたぴかぴか(新しい)
TELちゃんの子供のあーちゃんにこーちゃんとも再会!
”お久しぶりね〜”とハグハグキスマーク

ピヨらの席に、小郡手話の会の会長さんが同席していた
bobyama様に「あ、君が山梨から来たという…?」
「そうですよ〜お世話になります」
「どうやって来られました?飛行機ですか?新幹線?それとも自転車?」
bobyama様「自転車じゃ無理っつーの!」
わーお会長さん、お笑いのセンス最高ぴかぴか(新しい)

お弁当が配布された

200612241126000.jpg

会費が1000円と安いのに、超豪華!美味しかったよぉ
しかもジュースにお菓子ももり沢山るんるん
これは参加者多いのもうなづけるよぉ〜

「会長さん凄いですねぇ」
「でも僕は食べてる時間があまりないんですよねぇ
劇にほとんど出てますから」
ハイ?

今年の受講生や、手話の会やろう協会の皆さんでの劇の披露があった
それぞれ工夫を凝らしていて面白かったわーい(嬉しい顔)

200612241200000.jpg

受講生による「講習会の内容」の寸劇
皆、思い思いの芸能人の名前を付けてるのだが…
誰が「小雪」?「堂本光一」???
ちょっと突っ込みたかった…
ちなみにみきみきも出ていたけど何故か「ウエンツ瑛士」
おいっ!こういう時ぐらい「綾瀬はるか」で笑いを取れっexclamation×2

んで、会長さんがサルの扮装をして熱演!
サルのまねメチャうまーいっexclamation×2


続いては、土曜の昼間部の会員による劇「三匹の子豚(バロディ)」
内容はともかく、どうみても70歳過ぎのおじいさんが
おさげ髪にピンクの花柄のひらひらスカートで可愛らしく演じてる
一生懸命演じてるのがまた可愛い黒ハート

ピヨは”はな”ちゃんのとりこになりました黒ハート
あの格好をみきみきやみきみき妹に着させた〜い!
ピヨが絶賛するのを見て、会長さん説明
「あの方は、毎年毎年劇に出るのを楽しみにしてあるんですよ」

手話通訳士になるのも大事な事だけど
はなじいちゃんみたいに楽しくろうあ者と交流しながら手話を覚えていく
のも大切だなって改めて思ったなわーい(嬉しい顔)

金曜日の夜間部?かな?の劇「大きなカブ」
それ…劇っていうよりコスプレ大会でしたなぁ〜
ナースあり!ツッパリあり!セーラー服あり!応援団あり!
特にツッパリ役の桜塚やっくん風のスケバン
メッチャ迫力あったぁ〜exclamation×2
(聞けばベテラン手話通訳者だったそうだ。実際に本人を見て納得…)

他にも色々劇や踊りもありました
アトラクションの豊富さも魅力のひとつねるんるん

きんきんの飛び入り参加もあったのだ
きんきんね、敬老の日大会にて犬役を演じたのが快感だったらしく
TELちゃんのお願いに快諾して衣装持参してた
んで、サル会長さん特別出演で「犬猿?の仲」の劇を演じた

200612241251000.jpg

きんきんの犬役可愛かったよ
次回はもっとストーリーや流れを考えてなひらめき
サル会長さんも当日いきなりの願いにもかかわらず
快く協力して下さった
(きんきんの為にどうも有難うございましたハートたち(複数ハート)

このサル会長さん
盛り上がる為に劇には出るわ、他の劇でも協力するわ
場の様子を見て指揮するわ
でホント自ら積極的に動く人であったのだよ
(遠方から来たbobyama様や私らにもとっても優しく親切にしてくれた)

たいだい会長やら役員やら肩書きが付いて偉くなると
威張りくさって口だけで、動かないって人も多い
自ら会員や参加者の為にって気配りや労いをする事も必要なんでは?

色んな団体の幹部やお偉いさん方々に
サル会長さんの爪の垢を煎じて飲ましたいぐらいだな〜


とっても楽しい行事でした
みきみき、TELちゃんお誘い有難うねキスマーク


ではこれが今年最後の記事となります

今年も皆さんには大変お世話になりました
来年もどうぞ宜しくお願い致しますぴかぴか(新しい)

良い年をお迎え下さいませ黒ハート
posted by ピヨ at 14:48| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

”きゅーはく”にはこんな楽しみ方もある♪

イブイブの23日は、bobyama様のリベンジにお付き合いし
九州国立博物館へ行っていたたらーっ(汗)

昨年の暮れにわざわざ行ったのに門前払いを食らったのが
本当に無念だったんだそうだ…


まあ、その話を聞いて
九州国立博物館へ行った時は必ずテレビ電話か、写メールを
送って自慢していたりして…(苦笑 そーいう奴であるのだよ〜ピヨはあせあせ(飛び散る汗)

福岡空港にて待ち合わせて
天神にて、例の「一蘭」を行列込みで堪能して頂いて
いざ大宰府へレッツゴー!

しかし、bobyama様はホントに凄いお方であるのだよ…
ピヨ「この電車に乗っていけば大宰府だよ」
bobyama「でも急行に乗ったら二日市で乗り換えるのでしょ」
ピヨ「そうそう」
bobyama「下大利が手前で、二日市が先だよね」
ピヨ「…(そんな事まで知らねぇよっ!)」

そんな二人の会話を見ていたゆりぞーコンビ
「どちらが福岡在住…?」

そりゃ仕方ないって…
ピヨはちょっと重症の方向オンチなんだけど
bobyama様は”裸の大将”ろう者版だからさぁ〜(大爆笑)


そういや、昔、長浜の屋台へ案内しょうとして
迷子になりそうになったところを、bobyama様が連れてってくれて
しかも「オススメ!」と美味しいところを教えてもらって…
同行した関東の友人らに「ホントに福岡に住んでるんexclamation&question」と
突っ込まれた…もうやだ〜(悲しい顔)

200612231632001.jpg

残念ながら特別展示は無かったけど
無事入場出来て、bobyama様は非常に喜んでいた

せっかくだから手話通訳付きで見学黒ハート

ピヨご推奨のカリスマ手話通訳ガイドさんが居て
”これで詳細な説明が聞けるぴかぴか(新しい)”と喜んだのだが
どうも色々事情があってねぇ…

本来なら、自分の好きなっていうが合う手話通訳を選んで
ガイドしてもらうのが理想的だと思うんだけど
色々と兼ね合いや問題や組織的な事もあるからねぇ…なかなかねふらふら

21世紀のキーワードは「環境」

エコに配慮した作りになっているんだそう

んで、カリスマ手話通訳ガイドさんから忠告を受けた
「説明を受けている時は、例え知っている事でも
知らない振りをしなさいよ」
は?
「説明してくれる講師の方の気持ちを考えて
気分を盛り上げる為にね、張り合いを持って欲しいでしょ」
そんなもんか…

「知ってるもーん」って言ったらそこで終わりだけど
「知らないんでーす♪」ってすると、懇切丁寧に説明しよう!と
気持ちが燃えるんだそうだよ…

そうかぁ〜そういった受け止め方もあるんだね
なるほどひらめき
(ある意味勉強になったな)

200612231632000.jpg

1階には「アジアを知ろう!」というテーマの元に
アジアの文化を触って見て体験して学べる「あじっぱ」があるのだ

7回ぐらいは博物館に行ってるのに
この「あじっぱ」には足を入れる機会も無かった
(子供しか入れないと思っていた)

が、カリスマ手話通訳ガイドさん曰く
「これは大人子供関係なく入れます。何と2000年前のうん○の臭いも
嗅げますよ」
いや、下ネタ女王と違うからそんなもんどうでもいい…

でもアジア各国の文化や服、楽器体験はなかなか面白かった
(画像のはインドネシアの楽器だ)

さすが”きゅーはく”奥が深いぴかぴか(新しい)

特別展示が興味惹かれるものであれば
是非ともまた行きたいものだ


夜は…もつ鍋を食べに行ったんだけど
昨日の記事を読んでお分かりの通り、ちょっと問題ありそうだから
省略さして頂こうたらーっ(汗)

そして「万葉の湯」に泊まったんだけど〜
例によって例の如く、寝て起きたらキリギリだった眠い(睡眠)
慌てて着替えてチェックアウトしたので
これまた省略しょう
(いつかはのんびりゆったりと、朝風呂も楽しんで入りたいものだ…)

かくして、bobyama様を囲む飲べぇ一同は
小郡へと向かう事になったのだった…(続く)
posted by ピヨ at 00:01| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

あわや!?ノルウィルス?!でダウン…

本当〜っに久々でございます

ようやく復活しました〜あせあせ(飛び散る汗)

ものの起こりは、足ツボマッサージに行った際に
「胃が弱ってますよ」との忠告をあまり気にしてなかったのが
間違いの元でしたな…ふらふら
(自覚症状全く無かったし)

疲れて来ると出て来る、あごの辺りの吹き出物もひどくなってた
仕事もハードだった
今、思えば体は既に”限界や!”って悲鳴上げてたのね…

でもまぁ…ねぇ
日頃健康なもんだから全然気付いてなかったな…あせあせ(飛び散る汗)

23日〜24日はbobyama様来福で
九州国立博物館見学やら、もつ鍋賞味やいい気分(温泉)
小郡地区ろう協会と手話の会合同クリスマス会や交流会にも
参加して楽しい2日間だった
(その模様は後日ねぴかぴか(新しい)

が…帰宅後
すっごい吐き気に腹痛に襲われたたらーっ(汗)


翌日、フラフラしながらも職場に行き頑張って働いたが…
微熱あるわ、食欲ないわ、気分悪いわ…
いやあ散々だった…

”ノロウィルスexclamation&question”とマジ不安になったぐらいだよ…

でもどうしても仕事休めない時期だからさ
(とーってもとても忙しい)
とにかく休養!1にも2にも休養exclamation

→すると…ハイ3日間で体調戻りましたぴかぴか(新しい)

もう若くないのね…
無理は禁物ね…


そういや、いくら飲んでも気持ちよく酔えないなぁ?と
思っていたら
胃が荒れて荒れてどうしょうも無かったからかぁ…

健康であればこそ、ビールレストランも美味いってものさぴかぴか(新しい)

皆さんも体調管理は万全にね!るんるん
posted by ピヨ at 23:38| 福岡 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

”極上の眠り”を味わえた♪

やっと週末ですな
もう仕事がハードでハードで…ダッシュ(走り出すさま)
”働けど 働けどなお 我が暮らし 楽にならざり じっと手を見る”
だったかな?
石川啄木の俳句が浮かびまする〜

昨日の午後は半休を頂いた

12月は一度も休んでいない
だから…半日だけでもゆっくりしたいなぁ〜と思ったのねぴかぴか(新しい)

以前、姉ねぇから教えてもらった
台湾足ツボマッサージの店「安眠(あみん)」へ行ってみた

前もってHPで調べていたのだが
やっぱりプチ迷子になった…(苦笑)

中央区役所から歩いて3分ぐらいで着いた

200612211624000.jpg

恐る恐る入ってみると優しそうな女性が対応してくれた
雰囲気も良さそうぴかぴか(新しい)

200612211612000.jpg

まずはカウンセリング

肩が凝っていて、以前椎間板ヘルニアを患った経験があると話した
そして疲れてるから全身マッサージをしてみたい

担当の方は妙に足ツボマッサージの方を薦めて来る
「…足ツボの方がオススメなんですか?」
「はい!それにヘルニアだと全身マッサージの時に怖いですし…」
今は回復して日常生活に差し支えないし痛みもない
どちらかと言えば肩の方がツライと説明して安心してもらったあせあせ(飛び散る汗)

でも足ツボマッサージが看板らしいので
足ツボと全身のをそれぞれ30分ずつ60分コースに決定るんるん

まずは全身マッサージハートたち(複数ハート)

肩を中心に押したりもんだりたたいたりしてくれる
”気持ちいーい〜ムード
すっかり夢の世界へ参りました眠い(睡眠)

次は足ツボマッサージ

足湯に入って暖まる
そしてクリームを塗ってマッサージ開始

グリグリと足裏を刺激して来る〜
痛いけど気持ちいーい〜

それまた夢の世界へ眠い(睡眠)…(苦笑)


終了後、喫茶店を頂いてると
担当の方より、ピヨの体について色々話して頂いた

「右肩のコリが凄かったですよ
それに首も凝っていますね」

えっ!首???それは気付かなかった
でも寝ている時に首が時々痛くなって自分でマッサージしていた事がある
そうだったんだ…ふらふら

「で、足ツボマッサージの時に凝っているツボから
体のどこが弱っているか分かります」
と診断カードをくれた

チェックされた部分が弱っているんだそうだ
とれどれ〜

5・側頭部三又神経
これは目だそうだ。そういや半休取るから午前中はもう頑張って
仕事してたもんねぇ〜納得るんるん

7・頸部
「これ…アゴですか?」「いえ首なんですよ」
ほう〜こんな言葉があるとは知らなかったひらめき

10・肩
11・僧帽筋(頸・肩部)

よーするに肩と首が凝っているんだねぇ〜

15・胃

「胃???」それは気付かなかったなぁ

「今度、来られた時は首も念入りに治療しましょうね」
なんでも今回は肩が凝っているという話だったから肩を中心に
したが、実際は首の方もひどかったみたいだ…

また疲れを感じたらお世話になろうぴかぴか(新しい)

リフレッシュ出来た午後でしたわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 00:03| 福岡 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

「よーし分かった!犯人は○○だ!」

昔、よく読んでいた本
横溝正史作「金田一耕助シリーズ」物だった

内容的には暗くドロドロした感じだったんだけど
フケを撒き散らしどもりながらも、事件の原因を突き止めていく
そんな金田一耕助の名探偵ぶりが面白かったんだよね

「悪魔の手毬歌」「獄門島」「八つ墓村」「悪魔が来たりて笛を吹く」
「悪霊島」「病院坂の首括りの家」などなど…

そういや以前に「金田一一の冒険」?とかで
祖父が金田一耕助の設定で「じっちゃんの名にかけて!」とか
高校生が推理して事件を解決するドラマをちょっと見たが
あんなさわやかな高校生じゃ違和感ある〜
血の繋がった孫ならば、盛大にフケをまき散らかさないと!
(そこはこだわれ!大爆笑)


昔、ドラマであっていた時も
当時は字幕が無くて詳細はつかめなかったけども
何故かハマって見ていたなぁ
(末恐ろしい子供だったね〜!苦笑)

等々力警部扮する加藤武が「よーし分かった!犯人は○○だ!」と
ポーズ付きで断言するシーンも好きだったるんるん

「犬神家の一族」が映画にて字幕付きで公開されていたので
ゆりよしちゃんと見に行った

200612192112000.jpg

原作本も昔読んでいたからある程度の内容は把握していたけど
何かちょっと原作とは雰囲気が違うなぁって思った

本映画で、こう…ポイントというかツボが違うっていうか…

松○○子さん、太ったなぁ〜ちょっと驚いた
喜久蔵さん、玉緒さんったら期待を裏切らぬ笑いを取ってくれましたひらめき
(いや、本人達は真面目にやっていたんだと思う
でも、おかしかった…)

そして等々力警部扮する加藤武さんのあの例のポーズ!
キャーっ!待ってました!exclamation×2
”警察がこんなに単純でイイのん?”と思いながらも
ポーズが出て来るのを心待ちにしてたぴかぴか(新しい)

字幕付きだから見たんだけど
字幕付きだから興ざめexclamation&questionした部分もあった…
ミステリーなんだけどねぇこりゃ怪奇映画かい?

ゆりよしちゃんは「松嶋奈々子、背高い!」
(綺麗なんだけど長身だから、ちょっとサマにならない場面があったのだ)

ツッコミ所満載の映画でしたなぁ〜
ミステリーなんだけど、ちょっとお笑い?って感じで
それなりに楽しめたぴかぴか(新しい)

しかし一番怖かったのは
奥菜恵だった…あれはマジびびったねあせあせ(飛び散る汗)
(その場面だけはさすがに横溝正史の世界!と実感したよ)

閑話休題

横溝正史は「仮面劇場」にて
盲聾唖の美少年をメインにしたミステリーを書いていた

コミュニケーション方法が、相手の唇に手のひらをあてて
読み取る方法だった
(彼は盲者で、かなり大きくなってから失聴したと
いう設定だったからかな?)

当時は「凄いなぁ」なあんて感心して読んでたけど
現在、盲ろう者通訳活動をして
”そんなコミュニケーション、実際は無理だろ???”と思った

もし居たとしてもごくまれだと思うし
今までそんな通訳方法をした人を見た事が無い
多分、手を当てる盲ろう者も当てられる通訳者もお互い抵抗あるんでは…
(万一そんな通訳方法を求められたら、スッピンで対応しなきゃ…)

後、題名は思い出せないが、金田一耕助シリーズの短編で
ろう学校の教師が読話で事件解決に協力し、自分は読話が得意って
自慢して墓穴を掘るような内容があったなぁ

横溝正史さん、取材とかして書いたのかなぁ???
何にせよ盲や聾唖に興味があったみたいだね…

機会があったらもう一度読んでみたいな烈;
posted by ピヨ at 23:56| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ヤメラレナーイ味!「ごまかりんとう」

ピヨの父は毎日ウォーキングに励んでいる

運動嫌いだったんだけど、ある時病院にて
「このままなら寝たきりになりますよ…」とおどかされたらしく
減量を兼ねて2時間は歩いている

んで、時々買って来てくれるのは
「ごまかりんとう」

200604112107000.jpg

糸島郡志摩町(前原市のお隣だね)にある
障害者施設にて作っているんだそうだ
(確かピヨの旧知の方が指導員していたような…)

1個100円と安いんだけど
食べ出したら”ヤメラレナーイ!トマラナーイ!”って

ハマってしまう”まいう〜”なお菓子なのだ

ちょっと固くて香ばしくて
うちの母も大好物さぴかぴか(新しい)

盲ろう友の会の行事に行くついでに
直販所によったら売ってあったので
”飲ん兵衛三人衆”メンバーのゆりよしちゃんとぞーさんに
差し入れした事があるのだ

ぞーさんはいたく気に召したようだ
”また買って来てね!”とお礼携帯電話来てた(苦笑)

素朴なお菓子だけど超・オススメ!っすよキスマーク
posted by ピヨ at 22:32| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

平成18年度福岡盲ろう者友の会忘年会♪

志賀島から帰って来ました♪

今日の福岡は寒い!雪降ってたよぉ〜!!!

でもこの日は福岡盲ろう者友の会の忘年会だった
場所は志賀島で開催っす

工芸会ワークセンターにて待ち合わせして
車(セダン)に乗り合わせて出発した

で、志賀島の某所にて忘年会を開催した
(何故名前を明らかにしないのか?ってそれは理由がある)

通訳組み合わせが発表された
やはりと言うが、ピヨは触手話を要する盲ろう者担当だった
ご存知ゆりよしちゃんは3人の盲ろう者を対象に接近手話だった
(大変だっただろうなぁ〜お疲れ様)

通訳しながら食事
名物は”鯛の塩焼き”らしい

200612171155000.jpg

でもピヨはハズレをひいたのか?
鯛の頭の部分だったのでそんなに美味しい?とは思わなかった
前原の海の近くに住んでいるので
いつでも新鮮な魚を食べている
だからかな?そんなに”まいう〜”とは思わなかった
(プライペートではまず行かないだろう)

ピヨの担当していた盲ろう者と、久々に来た高齢盲ろう者と
交流させようとしたが、コミュニケーションが合わず
ピヨが間に立って通訳した

高齢盲ろう者の通訳担当が、普通学校育ちの若いろう者だった
無理があっただろうなぁ…あせあせ(飛び散る汗)
手話は違うし、第一昔のろうあ者の現状を知らないと内容はつかめない

例えば
「昔は天神にろう学校があって、戦争後に西区へ移転した」
今のKBC天神の辺りにろう学校があって
戦後に西区荒江に移転したのだ


「盲者とろうあ者と一緒に学校に居て色々大変だった」
戦前は、”盲聾唖学院”という名称で、盲の方とろうの方と
同じ学び舎で過ごしていたのだ


「戦後すぐは、学年が変わったり遅れて入った人が多くて大変だった」
どこでもあった話だと思うが
ろう学校があるのを知らずに実際の年より遅れて
入学した人も多かったのだ
彼が言うには、小学4年→6年といきなり進級して大変だったそうだ



そういった話は、やはりろう活動及び、ろう協会に所属していないと
分からないと思う
現に通訳担当していた彼女は意味が分からず困っていた

「…いきなりろう協会に入るってのも無理な話だろうから
まずは青年部から入って仲間を作りなされ
ピヨが紹介してあげるから、来年の新年会へおいで」

みきんみきん!参加するってよるんるん
とっても真面目でイイ子だ
仲良くしてやっておくれ黒ハート

来年の新年会へ、ピヨが連れて来て紹介するからねぴかぴか(新しい)

盲ろう通訳は手話や点字が出来ればいいってもんじゃない
それじゃ長続きはしないと思う
背景にあるろう・盲の歴史も把握していかないといけないのでは?


ピヨももっと勉強していこうと思う
改めてその必要さを実感したよひらめき

でもびっくりしたのは
帰宅して、親と色々今日の出来事を話していたのね

そしたら、うちの母は昔のろう学校の事とか歴史とかよく知ってた!ぴかぴか(新しい)
「そうそう!昔、ろう学校が変わってね
昔は天神だったけど田舎でぬかるみ道で大変だったそうよ!」とか

「昔のろう学校は盲者も一緒に居たもんね
ヘレン・ケラーも来られた事があったんだって」

…母よ、なんでそんなに詳しいのexclamation&question
聞けばうちの母、ピヨをろう学校に連れて行く際に
色々な成人ろうあ者や先生に会って色々話した経験があるんだって

それで色々見聞きしたそうだ

うちの母、ある意味では、一般ろうあ者もしくは手話通訳者よりも
知識は豊富かも知れないなぁ…(絶句)


自分の親ながらも改めて尊敬したよ…ぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 18:51| 福岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ちょっと浮気?!をしてみた(笑)

家から車で一分もかからないところに
スポーツジムがあってそこに入会している

汗を流して大浴場に入るともっ最高ぴかぴか(新しい)
程好い疲れが心地良い

せっかくだからシャンプーやソープにもこだわりたい

って事で「ラッシュ」のシャンプーやボディソープを愛用してた

なかなか香りも良く使い心地も良く
ネーミングも良かったんだけど…

ボディソーブや化粧水に日焼け止めクリームはお気に入りぴかぴか(新しい)
色々使って試してる
最近は「シャワージェリー」っていうのがあって
プヨプヨとした固体ソープがあって使ってて楽しい
(持ち帰りが不便だから家で愛用してる)

200612122326000.jpg

↑これは「黄金の眠り」
ラベンターの香りが効いていてリラックス〜るんるん

「渚のサプリナ」これ、日焼け止めクリームなんだけど
ホント効果ある!
ちょっとベタベタするけど透明だから”能面”みたいにならないし
肌の負担も少なくてイイるんるん
(お陰様でピヨは美白をキープしとりまするんるん

肌の弱い方にはオススメなりよぉ
(まあ個人差や合う合わないがあるから試してみてからね♪)


でもっexclamation×2
あいにくシャンプーやリンスの種類が3種類しかなくてねぇ…たらーっ(汗)
ピヨの髪は固くてバサバサしてるからしっとり系を使う
するとまた合うシャンプーやリンスが1つか2つしかないんだよねぇ

飽きた

ということで
シャンプーやリンスはちょっと浮気?!をして
天神のイムズ2階にある「ポップバス

そこは果物や野菜などの香りや成分が10種類揃っているぴかぴか(新しい)

・オレンジ(保湿作用)
・桃(あせもやニキビなどの肌のトラブル防止)
・グレーブフルーツ(フルーツ酸たっぷりで保湿作用あり)
・ミント(殺菌・消臭効果で清潔に)
・ミックスベリー(保湿作用)
・りんご(肌を和らげて癒し作用)
・茶(デオドラント効果)
・レモン(肌を和らげて整える)
・さくらんぼ(しっとりみずみずしく)
・すいか(ツヤとハリ、潤いと滑らかさ)

まっ!こんなにあると迷う!

今は真冬だ…旬のものと言えば…みかんかりんごでしょるんるん
迷って迷って…

コレバッド(下向き矢印)

200612161346000.jpg

「りんご」で決めてみましたるんるん

10種類もあるからぁ楽しみが続くねハートたち(複数ハート)

次回は…季節にもよるけど多分「さくらんぼ」かな〜
posted by ピヨ at 14:20| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

北の国からの贈り物♪

ピヨの趣味?のひとつに「写メールプレゼントってのがある
美味しいレストラン食べたり、素敵な景色見たり、楽しい集まりやってたり…
その一コマを携帯電話で撮って
”見てもらいたいなっexclamation”と思うような友人達に
携帯電話するのだよ〜

楽しんでやっていたら、いつしか周囲に伝染して行き
いつしかヨッシー曰く
「福聴連青年部は変な伝統をピヨから引き継いでる!」
みきんみきんもその楽しみにハマってるようだわーい(嬉しい顔)

血はやはり争えぬ
ピヨ母も最近、美味しそうな夕食の写メールを送るようになったのだ
仕事終わって見たらホント食べたくなる
よって速攻家に帰るようになった…
(アタシは小学生か…恥)

んで、昨日届いたのはこのカメラ

200612131054.jpg

北海道の友人から毎年送ってくれる帆立ぴかぴか(新しい)

続いて届いたのはコレ↓

200612132041000.jpg

勿論その日も猛ダッシュで家に帰ったのは言うまでもない…

新鮮な帆立を軽くバター焼きして醤油で香り付けしたものだ
プリプリ感がたまらな〜い!
シンジラレナーイ味!
(北海道!だからロッテの監督の真似してみました笑)

そして…今日来たのは…

200612142009000.jpg

帆立にホワイトシチューをかけて
チーズを載せてオープンで焼き上げた一品だ


シチューと帆立って合うのね!
これって「焼きカレー」ならず「焼きシチュー」exclamation&question
アツアツでまいう〜ぴかぴか(新しい)

ピヨ母は、覚えたての写メールで
ピヨをいいように操ってる〜っっexclamation&question
さすが親でございます(完敗あせあせ(飛び散る汗)

でも残業疲れに見ると癒されますぞハートたち(複数ハート)
なかなか楽しいコミュニケーションだよね〜わーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 21:35| 福岡 | Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

寒い冬にはよく似合う♪

寒くなりましたねぇ〜もう師走ですもの雪
こんな時期にはあったかい食べ物がよく似合う

竹下駅そばの西鉄ストアの中に
「姿目出鯛屋」という鯛焼き屋さんがある

200612081247001.jpg

はっきり言って値段は高め
だからめったに買わないけど〜


冬季限定の「りんごっ鯛」が発売されたので
限定物に弱いピヨは早速買いに行ったるんるん

200612081247000.jpg

職場の友人曰く
ここの鯛焼きは”目”が入っているらしい
普通の鯛焼きは”目”が無いんだと
この店の特注だって、鉄板を作る会社から聞いたとかなんとか…
(まあ酔っ払った時に聞いた話だからはっきりは
覚えてないけども…)
今度、別の鯛焼きを買って来て比べてみようかな〜

200612081248000.jpg

この”りんごっ鯛”
中身が、煮りんごとレーズンにそしてシナモンの香りが漂う
さながら”和風アップルパイ”って感じかな?

それはそれでオツな味〜るんるん

勿論普通の鯛焼きもまいう〜だよんぴかぴか(新しい)
冷めても美味しい!らしい?もち米で作った鯛焼きも売ってありまする
→卵や小麦粉を使っていないので
アレルギーの方にも味わえるかも?


ピヨの知り合いの子供にアドピーの子供が居て
卵とかが食べられないらしいので、今度差し入れしようかな〜
喜んでもらえたらいいなわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 22:27| 福岡 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

身代わりになってくれるお守り!

ぴかぴか(新しい)ピヨは車(セダン)を買い換える時は
必ずお祓い受けなきゃと思っている
(心配性?のピヨ親も勿論そういって連れてってくれる)

迷信かも知れないけど…
事故とか怪我は自分がいくら注意していても
相手側が原因で起こる場合もあるし
天災に巻き込まれる可能性もある
そういった危険を少しでも減らしておきたいし
やはり気持ち的に違うからねわーい(嬉しい顔)

こないだヴィッツを購入した時も
家から車(セダン)で20分ぐらいのところにある
雷山千如寺にてお祓いを受けたのね

そのお寺は、天然記念物に指定されている楓の木がある
秋深くなると、それはそれは素敵な紅葉を披露してくれるのだ
(来年はカメラ撮りに行こうかな)

そしてもう一つ名物がある
サムハラ”という身代わりお守りさるんるん

200506251146000.jpg

聞いた話では、このお守りを車(セダン)につけておくと
何か事故やらアクシデントが起こった場合
身代わりとなって助けてくれるんだそうだ


まあそのお陰かどうかは分からないが
車(セダン)を買って2年目ぐらいかな?
ちょっとした傷は何度かつけたけど
命に関わる様な事故や災害には巻き込まれておりませぬ〜
(まああまり乗らないって事もあるけどねあせあせ(飛び散る汗)

あ、ちなみに
お守りは自分の為に自分で買っちゃあなりませんぞっ!
あくまでも「相手の健康や幸せ」を願ってあげるものだからね

だもんで、ピヨはよく欲しいお守りがあると
友人らとそれぞれ買って交換しておりましたわーい(嬉しい顔)
(勿論交換するときは「お互い幸せになろうね!」でしたぞ)

のぶりんに「ボケ封じお守り」をプレゼントしたら
のぶりんったら怒るところが喜んでくれたなぁ…(苦笑)
そこが可愛いんだよね黒ハート
今度はゆりよしちゃんにプレゼントするかっ(大爆笑)
posted by ピヨ at 22:31| 福岡 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

たまには家でまったりと♪

12月の最初の土曜日は家で家族で楽しくパーティるんるん

久々に弟(実の)が、帰って来たし
ピヨの誕生日(全青研で不在だったからねぇ)に
今度、ピヨ父の誕生日が控えているので
ついでに一緒に祝おう!と決まったのだ

ピヨも弟もささやかながらふくろ黒ハート
二人でちょっと費用は出した
親はとっても喜んでくれてたハートたち(複数ハート)

近くのスーパーまで車(セダン)運転してお買い物ハートたち(複数ハート)
たまたま病院に行った帰りだったから
お下げ髪(寝ぐせ凄かったから)に
スカート(診察受け易いように)、ちょっとお化粧(身だしなみですから)

”セール!”と張り紙
??と見ると、沢山のオバタリアン…じゃなかったオバ様達が
集まっている

近づいてみたならば
「100匹限り!北海道直送タラバ蟹 1580円!」
買った!
「おじさん、私にも一匹下さいな」
カニを扱っているおじさんにお願いしたら
「お嬢さん!これとっておきだよっ!周りには内緒るんるん」と
笑顔で渡された

”お嬢さん?”…疑問に思っていたら、お下げ髪にスカートで
そう見えたみたいだ…
まあ有難く頂いておこうぴかぴか(新しい)
(まぁ周囲がかなり年のいったオバサンばっかりってのも
錯覚を起こした原因かも知れん…)


北海道フェアがあっていて前々から欲しいなと思ってたものをゲット!

200611241613000.jpg

「北の職人」

これは北海道限定販売なので、福岡では欲しくても買えないのだ…
発売になった時、どんなものか飲んでみたくて
道産子くんかゆみゆみに送ってもらおうか…まで考えたぐらいだ(苦笑)

まさかココで手に入るなんて〜夢みたいわーい(嬉しい顔)

「スープカレー」の素とかもあったんだけど〜ちょっと興味ひかれた…
いやいや、みきてぃちゃんに本場のスープカレーを紹介してもらうんだもん
それまでは食べないで先入観を持たないようにしようっexclamation×2


200612021249000.jpg

こーんなにご馳走が並びましたぴかぴか(新しい)

特に鍋は超豪華やで!
こないだ下関に行った時に買ったトラフグの鍋セットに
ピヨ母が通販で注文していたあんこう鍋のセット
そして地鶏もミックスさせたなんとまぁ贅沢な中身さぴかぴか(新しい)

タラバ蟹を茹でてアツアツを頬張る
まっまいう〜

「北の職人」とよく合う!

楽しい家族団欒でございましたハートたち(複数ハート)

たまには家でのんびりもいいもんですなわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 23:35| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

国の為に戦い、戦友の為に死んだ…

今、テレビで「「硫黄島〜戦場の郵便配達〜」の
ドキュメンタリードラマをやってるところ
(勿論ハードディスクに録画済みぴかぴか(新しい)

硫黄島二部作映画
アメリカからの視点で描いた「父親たちの星条旗」

仕事終わって、最後の回を見に行ったよっ!
(ゆりよしちゃんお付き合い有難うキスマーク
”9時から!遅過ぎ〜”って文句言う方々が多い中
(仕事やら交通アクセスが不便で大変だって事を
理解してもらえたらいいんだけどなぁ〜)

ホント貴重な存在だわるんるん

何せ仕事が終わったのが8時過ぎだったもんで
もうギリギリで着いた

近くのパン屋でパンを買って劇場でさっさと食べたレストラン
内容が内容だから、空腹なんだけどきっと食欲が無くなる…と思って。
(ゆりよしちゃん、食べるの早いな〜と思ってたしょ?
そういう訳さっ…苦笑)


アメリカ海軍は最初甘くみていたようだ
でも硫黄島での日本軍の司令官が優秀で
地形を利用して上手く攻撃態勢を整えていた為に苦戦した
「5日間で落とす」と楽観されていたが
実際は36日間もかかり、米国側の犠牲者が日本側より上回っていた

硫黄島の山上にて旗を立てる有名な写真がある
色々な偶然が重なってその写真に写っていた6人のうち
生き残った3人が奇遇な運命を迎えるのだ

しかし…戦争中は日本だけでなくアメリカも資金不足に悩んでいた
国債集めに駆り出された3人の生き残りの兵士
「英雄」とされ色々と注目をされるのだが…
いくら資金集めとはいえ、あんな悪趣味な…とムカつくような
イベントも出来事もあった
生き残ったけど沢山の仲間の死を見送ってきた兵士達の傷は
とてもとても深く癒されないものだ

それを踏みにじるような事は人道的にもしたらいけないなっちっ(怒った顔)

・硫黄島での戦い
・アメリカでの英雄扱い(戦時中)
・戦後60年経った現在

が、色々入れ替わるので
付いていけない部分もあったけど
でも色々と考えさせられたもうやだ〜(悲しい顔)

硫黄島での戦いの時は
やはりピヨは日本人であるから
日本兵が殺されたり死体が出て来たりする場面は見ていて辛かった…
アメリカの方も思いによらないアクシデントが続いて
沢山の尊い命が失われている

硫黄島での日本軍の人数は22000人前後
還らぬ人となった兵士の数は21092人(21900人とも?)
…ほぼ全滅となるぐらい悲惨な戦いだったもうやだ〜(悲しい顔)

亡くなった兵士達も無念だっただろうが
生き残った兵士達も終生苦しんで生きて来た

臨終の間際に亡くなった戦友の名前を呼ぶ父親
そして息子相手に楽しかった想い出を語る

戦争の事を黙して家族の誰にも語らなかったのを不思議に思い
息子が色々とインタビューや調査を進めて事実を明らかにするのだね

そしてどの国の母親も息子を想う気持ちは変わらず深いもの黒ハート
息子が”名誉の戦死をした”と伝えられても
心の底から喜ぶ母親は1人も居ないと思う
腹を痛めて産み、育てた息子には幸せな人生を過ごして寿命を
全うして欲しいといずれも願っているだろう

数々の母の姿にもらい泣きしたよ…もうやだ〜(悲しい顔)

戦争は大きな傷を残す
絶対するものではないね


今日(9日)から硫黄島二部作「硫黄島からの手紙」が公開された
これは日本からの視点で描かれた映画

是非見に行きたいっ!
字幕が付いたら行こうっとるんるん

ちなみに”硫黄島”は「いおうじま」と呼ぶんだよ〜
実は!ピヨは「いおうとう」と思っていたのだよあせあせ(飛び散る汗)
ろうあ者の場合は往々にして読み仮名を間違い易いよね
(耳から情報が入らず目で見るのに頼るから仕方ない部分もあるが…)
ゆりよしちゃんが親切に訂正してくれました〜有難うキスマーク

健聴者の皆さん、もし読み仮名を間違って覚えてるなぁと
気付いた時はどんどん訂正してくれると有難いです♪
勿論、私らも勉強して覚えて行こうるんるん
posted by ピヨ at 23:44| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

奇跡の夫婦愛

フジテレビにてスペシャルドラマ二夜連続であったので
鑑賞した
ピヨは映画も好きだがドラマも結構好きなのだるんるん
”見たいなぁ”と思ったらちゃんと予約録画して
見逃さないようにスタンバイしているるんるん

テーマは「奇跡の夫婦愛」

まずは「虹を架けた王妃」

「ラストエンペラー」で満州国の最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の
弟・溥傑が日本の公爵の令嬢・浩と政略結婚
中国からも日本からもあまり歓迎されていなかったけど
二人は支え合って二つの国の架け橋になろうと生きていた

竹野内豊主演で「流転の王妃」というドラマであっていて
いやあ号泣もうやだ〜(悲しい顔)

でも、その結婚の8年ぐらい前にも
朝鮮王朝(今の韓国)の皇太子・李王根と梨本宮方子女王の
政略結婚があったのだ


でも二人は国を超えて愛し合っていたようだ
李王根亡き後も、韓国に定住して
障害者の為の学校を設立している
当時は反日感情が凄かったのだが
方子の努力は知的障害児施設「明暉園」(めいきえん/ミョンヒウォン)
「明暉」は李垠の雅号)の設立、
その後の精神薄弱児のための「慈恵学校」の創設で結実し、
多くの韓国国民から、「韓国障害児の母」として
敬愛される存在となったのだね

ドラマの中で
戦中、李王根に「朝鮮へ帰りなさいませ。でも妃殿下(方子)の
事は諦めて頂きます」と
朝鮮からの密使がそう指示するが
李王根は「方子は我の妻なるぞ!帰れ!」と追い出す
(勿論ハングル語での会話)
それを聞いていた方子は
「殿下、私の事はいいから御国へ帰りなさいませ」
それに対して
「私はあなたが大好きです」

…いやあ泣けた泣けたもうやだ〜(悲しい顔)

岡田くんの7:3分けはイマイチだったけど演技は素晴らしかった
菅野美穂も素敵だったなぁ

そして
「遥かなる約束(アベジャーニエ)」

冤罪でソビエトに抑留されたまま50年間帰る事ができなかった男性と
その男性を支えたソ連の女性
そして50年間、日本で待ち続けたその男性の妻の物語だった

病院で知り合って結婚したのね
プロボーズの言葉が「必ず何があってもあなたの元に帰ります」
(まさかその言葉がキーワードになるとは…)

平壌に住んでいた彌三郎・久子夫婦
二人の間には可愛い娘も生まれていた

冤罪だったけど、でもスパイ容疑はずっと晴れなくて…
「久子に会うまでは!」と懸命に
生きるすべを探して頑張っていた…
経験無いけど散髪やったり、鍼や指圧も見よう見まねでやったりね
だけど容疑が容疑でなかなか日本に帰れなかったん…

別れの手紙を書き、久子の幸せを祈る彌三郎
でもその手紙は久子に届いてなかった

久子は「絶対帰って来る!」って信じて再婚もせずに50年待つ

あるロシア人女性のクラウディアと出会い
再婚する彌三郎
クラウディアは結婚する時に誓った
「私が必ずあなたをあなたの家族に会わせます」

37年経ってようやく帰れる目処が付いた時
クラウディアは離婚して、彌三郎を日本に帰そうと尽力する
(ロシア人と結婚していたら日本に渡れないそうだ…)

こうして50年ぶりに再会が叶ったのだ

50年待った久子も凄いけど
37年連れ添った愛する人を日本に帰そうと別れを決めた
クラウディアも凄い

そしたら両方とも実話なんだそうだ
最後のテロップの方で、実際の彌三郎と久子が50年振りに再会する
映像が流れて驚いた
現在、3人とも生きていて彌三郎は週に一度のクラウディアへの
手紙を欠かさないそうだ

阿部寛と黒木瞳の演技も素晴らしかったなぁ〜
あそこまで老けるとは…さすが役者魂ぴかぴか(新しい)

こういう愛もあるのね…(ため息)
久々に号泣したイイドラマだったよるんるん
posted by ピヨ at 23:13| 福岡 | Comment(3) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

あなたはどれぐらいお酒がイケる?

飲酒運転の取締りが厳しくなってますな
車(セダン)を運転するからには、安全運転をしなければ!
(思いもかけず事故で一生をフイにするばかりでなく
他人を死なせたり障害を負わせたりする羽目になってはなりませんぞ)

”飲むなら乗るな”ですな

職場にて「やってみなさいな〜結果報告は不要だけど
自分がどれぐらいアルコールを受け付けられる体質かどうかを
確認してみなさいな」
と配布された

ASKアルコール体質判定セット「かんたんジェルパッチ

200610260853000.jpg

説明パンフと共に、
アルコールが少々ついているジェルパッチが付いている

早速お試しさるんるん

200610260854000.jpg

こんな感じで腕に張って20分ぐらい放置するのだ

シールの表示のように赤くなったら「飲めない族」
ほんのり赤くなったら「ホントは飲めない族」
変化無しなら「飲みすぎ注意の危ない族」
と結果が分かるのね

ピヨは…まあ「ホントは飲めない族」かも〜?と
赤く変化するのを待ってた

20分経った…
   ↓


200610260936000.jpg

全然変化なしexclamation&question
(よーく見たらシールをはがした跡が分かると思う)

…これ、不良品?

昼休みに総務へ行って
いつも話し相手になってくれてお世話になってるT部長さんに
「あのーこれ不良品です。20分過ぎても変わりません
別のを下さい」
「…ピヨちゃん、君は飲めるんだから…ふらふら
クレームを受け付けてはくれなかった…

納得行かないけど、まあアルコールを分解する酵素を持っているようだ
父の家系に似たんだろうなぁ
(顔も父に似てるもんなぁ〜苦笑)

ちなみにT部長さん曰く
「いつも飲んでる人が”ホントは飲めない族”と出たり
滅多に飲まない人が、ピヨちゃんと同じ”飲み過ぎ注意の危ない族”と
結果が出て驚く人が沢山居るんだそうだ

でも、アルコールを飲んで顔や体が赤くなる人は
ホントはアルコールを受け付けない体質なんだそうだ

「あ、でも赤くなる人は健康だって言われましたよ」
「アルコールをあまり飲めないって意味でじゃない?」う〜ん???

説明書によると

お酒への体質は人それぞれ。遺伝子で決まるので、一生変わりません。

…だそうです
皆さん、お酒は程々にハートたち(複数ハート)
楽しく飲んで盛り上がるのが一番ですぞ〜
(二日酔いになるまで飲んじゃダメだぞ〜…人の事言えないけど…あせあせ(飛び散る汗)
posted by ピヨ at 22:07| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

愛は終わる瞬間にどうして一番輝くんだろう…

こないだ「Sad Movie映画を見た

200611182031000.jpg

主要人物が4組のカップルなのだが
その中の1人がろうあ者女性の設定って事で興味あったのだ

・結婚を意識する恋人同士
・画家の卵に片思いする聴覚障害の少女
・将来への不安から心が離れた男女
・多忙な母親と息子

それぞれ色々ないきさつで別れが訪れる

ろうあ者の少女の姉がニュースを手話通訳する仕事をしているようだ
キャスターが述べる内容を横に座って手話通訳している
…それ韓国では実際にやっているのかしらん???
(釜山に行った時は見た事なかったような…)

そのお姉さんの彼氏がチョン・ウソン演じる消防士なのね
(その4組のカップルは何らかの形で結び合ってるのだ
ゆりよしちゃんいわく”無理がある〜”ぐらいだあせあせ(飛び散る汗)


彼女の妹がろうあ者って事に理解があって
仲良くしようって努力していた
ホントは分かってないくせに、妹の手話を読み取って
分かった気持ちになっていた…
妹が”もう!違う!”と何度も手話で言い直すんだけど
全然通じてない〜(苦笑)
(もう筆談した方が早いって…)

「ねえ、ゆりよしちゃん、この見事なまでのズレっぷり
まるでどこかの誰かさんを思い出さない?」
「…ピヨ…チョン・ウソンはとっても二枚目なんだからね!
その誰かさんと一緒にしないでちょうだいっっっ」
ハイハイおっしゃる通りですあせあせ(飛び散る汗)

大切な人にはいつもそばに居て欲しい

そんな気持ちを想い出させる映画でしたるんるん
韓国の手話も結構出て来ますんで
興味ある方はご覧あれるんるん
posted by ピヨ at 22:04| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

人間だけが持ってる”毒”

ピヨの実の弟は、読書と映画鑑賞が趣味であり
よくピヨに映画情報や本を貸してくれる

でも映画は、残念ながら微妙に好みがズレてるのだ…
弟はアクション物やらSFものが好きみたいだが
ピヨはお笑い系や恋愛物(女の子ならやっぱり…ね?)とか好きさぴかぴか(新しい)

本は別にこだわらない
あればどんなジャンルでも読む

弟がお気に入りの作家は、宮部みゆき・東野圭吾など…
んで
借りた本

「名もなき毒」宮部みゆき作

200611232011000.jpg

主役の杉村三郎はある一流会社の広報部員だ
青酸カリ殺人事件と彼の所属する職場のある問題社員が引き起こす事件が
複雑に入り込んで、色々と思いもかけないような事が起こるのだ

”毒”ってのは実際に人を殺せるような毒薬だけでなく
いろいろな考え方や受け止め方の違いによって
相手を傷付けたり悩ませたりするような…そういった”毒”もあるのだ

深く考えさせられたなぁ〜

後、今よく問題になっている”シックハウス症候群”や土壌汚染なども
載っていて勉強になった

将来はもしかしたら?マイホームを手に入れるかも知れない
その時は値段や場所、環境だけでなく
建材に使われる成分や、土地の汚染なども頭に入れて
確認しなきゃいけないな〜

読み応えのある一冊でした

さすが宮部みゆきはミステリーが上手いぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 19:10| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

魅惑のプリンシリーズB湯布院のプリン工房♪

福岡空港へ行ったらよく買う物は…

コレ!↓

200602192142000.jpg

地下鉄福岡空港駅の改札口の近くに
九州各地の名産物や食べ物を揃えたお店があるのだよ
(アリバイ作りには最適だ♪)

アリバイなんてそんなもの必要ない生活を過ごしている
真面目なピヨは
九州各地の味を堪能出来るのが楽しみで
旅行帰りにはよく寄っているぴかぴか(新しい)

佐賀の「佐賀錦」
長崎の「ハニーカステラ」
熊本の「いきなり団子」
宮崎の「甘夏ジュレ」
鹿児島の「紅芋まんじゅう」
沖縄の「ちんすこう」

…などの自慢スイートが立ち並ぶ

このなかでもピヨご推奨が
大分の「湯布院プリン」「地獄蒸しプリン」だなキスマーク

湯布院も別府も温泉が有名だ
その温泉の湯気を利用して蒸し上げた絶品のプリンさるんるん

お勧めナリよぉ〜

福岡へ飛行機で来られる皆さん
時間が無くても心配なさるな
改札口で納得の土産物が買えまするるんるん


来年の2月には飛行機に乗る機会があるからさ
帰りにまた買いに行こうっとるんるん
posted by ピヨ at 00:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

おごる平家は久しからず

みきてぃちゃんにプロボーズ?されてちょっと嬉しいピヨっす♪
今度、会う機会があったら手作りのお菓子をプレゼントしちゃおうキスマーク
みきてぃちゃん、ピヨの気持ち受け取って黒ハート

中・四国盲ろう者大会が終わった次の日は
観光だった
一応、ホテルの部屋にて昼まで自由に交流は出来るが
殆どの方々が観光や買い物を楽しんでいた

「赤間神宮」に行った

200611260919000.jpg

今を去る800年ぐらい前に
源平の戦いがあった

源頼朝や義経兄弟(牛若丸や弁慶で有名だね)
平清盛などの名前は聞いた事があると思う

平家は、平清盛が生きていた頃は栄えていたのだが
亡くなった後に、清盛のようにカリスマ性のある
リーダーが居なかったからどんどん勢力が衰えた

そこを源氏が取って代わったのだね

いつ何か起こるか分からない
常に精進して天狗にならないようにという教訓だね


戦い敗れて落ちていく平家一族が入水して果てたのは
ここ下関の壇ノ浦だった

まだ幼年だった安徳天皇を初め、平家一族の方々が
安らかに眠っておられるのだよ

200611260928000.jpg

「耳なし芳一」の像もあった

盲人で琵琶の上手な芳一が、請われるままに
ある場所へ呼ばれて毎日のように演奏するのだが
それは、平家の亡霊の集まりだった…
(芳一は見えないから分からなかったんだね)

それを知った大僧正が、芳一の体全部にお経を書き
亡霊に見つからないようにするのだが…

耳にお経を書き忘れてしまうがく〜(落胆した顔)(アホかっ!)

亡霊は浮かぶ耳に疑問を持ちながらも
「仕方ない。この耳だけでも持参しよう」と耳を切り落として持ち帰る


多分、恨みをもった亡霊達だろう
見えないのは分かるけど気配とかでおかしいと気付かなかったのかな…

何故、耳にだけに書き忘れたのかなぁ…

亡霊なのに切れる刀を持ってたの?


なあんて疑問は数々あれど
その後の芳一は、亡霊を弔いつつも琵琶法師として生きていたそう

耳は切られても聞こえるのだね…

そういった事を、同行していた盲ろう者の方に説明しながらも
考えていたたらーっ(汗)


赤間神宮はかなり広いので
結構見応えはあったな

ただ、階段が多くてしかも幅が狭いので
誘導にはかなり気を使ったよ
(しかも岩で凸凹だから安定出来ないし)

車椅子用のズローブがあれば助かるよね!

ちなみに下関港には
”カモンワーフ”という食事やお土産を楽しめる場所があるのね

200611251303000.jpg

鯨のユッケ丼
今は貴重な鯨を使ってるのだ
(下関はふぐと鯨が特産物だ)
半熟卵とのハーモニーがもう絶妙ぴかぴか(新しい)

200611261335000.jpg

見た目「ストロベリーソフト?」と思うでしょ?
それが違うんだよぉ〜

このソフトはピヨオリジナルなのさぴかぴか(新しい)

1北海道の牛乳をふんだんに使ったバニラベースか、
ヘルシーなヨーグルトベースか選べる

2好きな果物を3つ選択して、特別なミキサーで
たちまちのうちにミックス!
それをソフトにしちゃうのだるんるん

果物は、メロン・イチゴ・パイナップル・クランベリー・ブルーベリー
リンゴ・洋ナシ・みかん・バナナの8種類から選べる
(だったよね?)

ピヨはバニラベースにして
果物は、メロンとイチゴ、クランベリーにしたるんるん
(かなり高価な具でしょぴかぴか(新しい)

意外とあっさりしてまいう〜

ゆりよしちゃんに味見さしたら
「私も食べるっ!」とすぐ買いに行った…

ホント、食べ物飲み物の誘惑に弱いお方だのう…(苦笑)

下関は、観光にグルメ…と盛り沢山っすよぴかぴか(新しい)
またプライベートで行きたいなわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 00:09| 福岡 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。