2007年01月31日

シャクライ様と福岡の歴史に迫る!〜箱島神社編〜

聾学校を出ると霧だった

次はシャクライ様が”行ってみたい!”と希望された
糸島半島の箱島神社へ向かう

実はピヨは糸島生まれの糸島育ちの純粋な糸島人なのだ
なのに…シャクライさんに言われるまで
そんな神社がある事さえ知らなかった

うちの母に聞いてみた
「箱島神社?ああ202号線で加布里の海の方に行けばあるよ
…でもあそこは何も無いわよ?」
言われてみればそういった小さな神社は何度も見たなぁ〜

アッシーゆりよし運転手に伝えると
「…?箱島神社?」「ああ、ピヨが案内するから」
思いっ切り不信感を込めた顔をされたが…あせあせ(飛び散る汗)
重度の方向オンチだけど、いくらなんでも地元なら大丈夫っexclamation×2


天気が悪く寒かったけども〜無事着いたわーい(嬉しい顔)
車(セダン)を停める場所が無いので
(その事から察しても有名でないって事がお分かりだろう)
ひとまず、シャクライ様とピヨは先に神社詣でする事にした

小さいけどちょっと足場の悪い道を抜けて…
小さい祠があった
小さいけどちゃんと手入れは行き届いてるぴかぴか(新しい)

200701271258000.jpg

シャクライ様、きちんと「二礼二拍手一礼」をして
祠の中を覗き込む
すると!例のあの輝くような満面の笑顔が!ぴかぴか(新しい)
「シャクライ様、大当たりでしたか?!」
「間違いないっexclamation×2きちんと確認出来て良かった!」

何と「箱島神社」は、”玄界灘の海神を鎮める為の神社”なのだが
(だから浜辺と陸続きの小島にある)
別名「耳の神様」も祭っていたのだ

200701271258001.jpg

ちょっと見づらいが、小さな竹が入ってるのが見えるね?
その竹の中にある3つの筒を開けて中の筒を無くした物を捧げるのだよ

昔々、聞こえない人はそういった竹を耳にあてて
空気を耳へ吹きかけたそうだ
(同様に穴を開けた岩を使ったところもある)
念願叶って聞こえるようになった時は、お礼として
筒を取った竹を3本神社に捧げたそうだ
(シャクライさん講演より抜粋)

ピヨ、地元住民なのに知らなかった…
ピヨの祖父母や親戚は漁業やってるから知っているのかな?
でもされた覚え無いなぁ…
昔の迷信だったのかな?

シャクライ様とお会いして半日だが
探していた物を見つけたり、確認取れたりすると
本当に輝くような嬉しそうな顔をするのだね
ピヨは、そんなシャクライ様の表情を見て
「今の大満足ですね!」「あ、イマイチでしたねぇ」なあんて
判断出来るぐらいになったわーい(嬉しい顔)

シャクライ様は、おススメ!スイーツより
戦前の超・貴重な写真や資料の方がとってもお好きなのだねぴかぴか(新しい)
(老人部のコネを使って色々探してみようっとるんるん

その後は、糸島でとっても人気のある「牧のうどん 本店」へ
昼食レストラン

寒かったから、暖かいうどんが体に染みてまいう〜
シャクライ様「食べても食べても減らない…」
ハイ!この量の多さとモチモチ感が売りっすよ(大爆笑)
このピヨを見れば分かる〜?!


シャクライ様、うどんご馳走様でしたハートたち(複数ハート)
(気遣い恐縮です)


満腹した一行は次の目的地へと向かったのだった…続く
posted by ピヨ at 22:14| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

シャクライ様と福岡の歴史に迫る!〜聾学校編〜

1度でいいから会ってみたいなぁ〜って思ってるけど
雲の上の遠い存在でなかなか…っていうことあるよね

ろう活動の範囲で言えば、カリスマ連盟理事長とか”世界の○○!”と
呼ばれる国際的に有名な方とか…
(ヨッシーもある意味そうかも知れんなぁ〜)

ピヨはこう見えても歴史が結構好きなのだ
昔の人がどうやって生きてきたのか?どんな風に進化をして来たのか?
知る程に面白く為になるぴかぴか(新しい)

だからマイミクのシャクライさんのミクシィ日記は
とても楽しみにして読んでたし
いつかは話を伺いたいなぁ〜なんて思ってた

そんなある日、雲の上の遠い存在であるシャクライさんからメールがっexclamation&question
ビックリして開けたら
「今度、福岡へ参りますので案内をお願い出来ませんか?」

まっ飛んで火に入る夏の虫…じゃないなぁ
棚からぼた餅?ちょっと違うな〜

勿論!喜んで案内を引き受けましたのだるんるん

何せ、聾史学会の事務局長さんなのだから
歴史にこだわりのあるお方なのだろう
あんなにマイミクがどっさり居る方なのに白羽の矢を立ててくれたんだもん
ピヨなりにベストを尽くす!ぴかぴか(新しい)

シャクライさんの希望を取り入れ、あちこちに手配や調査も済ませ
運転大好きで地図も読めるゆりよしちゃんに
アッシー車(セダン)をお願いして…と準備万端わーい(嬉しい顔)

かくしてピヨプロデューズの
「福岡の歴史に迫る!」見学ツアーが実施されたのだexclamation×2


最初は福岡県立福岡聾学校へ向かった

200701271141000.jpg

実はピヨの母校であるのだよ〜いやあ20年ぶりになるんじゃないかな…
博多駅からバスで名所を案内しながら向かった

メモで、見学依頼と共に「昔の資料や写真を見せて頂きたい」と
お願いしておいたのだ
対応してくれた先生が
何と!ピヨの幼稚部の時の隣のクラスの担任だった
隣のクラスとはいえ、3年間一緒に居たから
覚えていてくれて、休日にかかわらず色々と便宜を図って下さった

先生、変わってなあいっ!一目見た途端幼稚部時代を思い出したよぉわーい(嬉しい顔)
ピヨの恩師達はほとんどが空の上に居るので
ホント会えて嬉しかったよ〜ハートたち(複数ハート)

200701271100000.jpg

シャクライさん曰く「戦前の写真が見たい」
大正時代の写真が何点かあったので、とっても熱心に見ておられてた
戦後の写真は沢山あるが、戦前の写真はなかなか無いそうだ

シャクライさんってね、本当に欲しいものや探していたものに
出会うとすっごく目が輝いて満面の笑みになるんだよぉ〜ひらめき

何か少年みたいな一面があって微笑ましかったです(笑)

先生が「戦前にろうの先生が3人居られて、その内の一人が
藤本敏文先生だとFAXに書いてありましたが
こないだ同窓会の打ち合わせがあって、高齢の卒業生に聞いたところ
”藤本先生は健聴者でした”という事でしたよ」
シャクライさんビックリして
「いえ!藤本先生はろうあ者です!それは間違いありません!」と
懇切丁寧に説明しておられていた

後「ヘレン・ケラーの隣に居る方はこういう方です!」
「えっ!県知事だと思ってました…あせあせ(飛び散る汗)
シャクライさんの仕事ぶりは「いい仕事してますねぇ〜」の
何でも鑑定団の中島さんを連想するねぇ〜(大爆笑)


「シャクライさん凄いですねぇ〜もうすぐ100周年を迎えるにあたって
記念誌を作らないといけないのですが…
私らでも分からないのに、今の若い先生方にはもっと分かりませんねぇ」
シャクライさんが今後も色々資料などをチェックして
不明な点は出来る限り調査して知らせてくれるというので
先生方はとても感謝しておられてたぴかぴか(新しい)

せっかく来たから聾学校を見学して〜

200701271051000.jpg

ホントは、ゆりよしちゃんがこの聾学校見学をとっても楽しみにしていて
「今まで通りかかった事はあるけど実際に中を見て回るのは初めて!」
ピヨも昔、学生だった頃の想い出を現地にて説明してあげようと
思っていたんだけど〜
まあ、色々あって実現ならず…もうやだ〜(悲しい顔)

またの機会に一緒に行きましょうやるんるん

200701271142000.jpg

昔、ピヨは高校3年生の1年間を過ごした校舎だよ〜
懐かしいなぁ〜
(ピヨの2年下から高等聾学校へ統廃合されたのだね)

ピヨにとっては、この聾学校も故郷の一つになるだろう
懐かしい想いで胸一杯でした。
こういった機会に来れて良かったですハートたち(複数ハート)

先生方には、休日にもかかわらず、そして色々な依頼にも嫌な顔せず
対応して下さって有難うございましたぴかぴか(新しい)
(心から感謝していますキスマーク
posted by ピヨ at 21:23| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

何の為のテレビ電話?!

週末はとっても楽しく充実した内容でしたぴかぴか(新しい)
この話はおいおい…

今日はどうにも腑に落ちない事があったので
書いてみようと思う

文化講演会が終わった後に、ピヨゆりはある遠方から来られた方と
一緒に博多駅の案内所へ行ったのだ

200701281626000.jpg

実はその文化講演会の時に、TISCO会社から
テレビ電話についてのPRがあった
「博多駅や天神にも置かれていますのでどうぞ使ってみて下さい!」

早速、行ってみたのだ

が…”使いたい”と身振りで言うと
何故か筆談で対応する?

「いやだから、テレビ電話を使いたい」
「用件がなければ使えません。筆談で対応出来るなら筆談でします」

…何の為に設置してるのやっexclamation×2

まあ用件が無ければいけないなら、作ろう!
「用件あります。だから使います」
「どうしてもですか?」となかなか対応してくれないっexclamation×2

こちらの頭にはだんだん血が昇って来た…むかっ(怒り)
ゆりよしちゃんが色々と説明してくれるが
「どうしてもなら…」と渋々だ

「どうしてもです」
やっと渋々ながら使わせてもらえる事になった
が、今度は接続に手間かかる…

こんなに手馴れていないって事は利用者が少ないんでは…
ああいう対応ならさもあらん

遠方から来られた方が使った後で
どうにも腹が収まらなかったのでしっかり苦情を言わせて頂いた
間に立った通訳のまっちんはさそかじ辛かっただろうなぁ〜(苦笑)

終わった後、後ろを見たら
受付の方が、テレビ電話を周囲から見えないように
隠してた…
(しっかり見たぞっexclamation×2

いくら会社や情報提供施設がPRしていても
肝心の現場がああいう状態なら
意味ないで…

逆に不信感が増して、逆効果だと思うぞ〜
まして案内所があんな態度だったら、”福岡って遅れてる〜”だよ
時代錯誤もいいとこやで…

ということであちこちに意見メールや投稿をしておいた
少しは改善があるといいなぁ〜ひらめき

気を取り直して、次回からは
”シャクライ様と福岡の歴史に迫る!シリーズ”どすぴかぴか(新しい)
どんな風に書こうかなぁ〜(笑)
posted by ピヨ at 22:50| 福岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

愛し合う運命に殺し合う宿命…

韓国ドラマもそうなんだが
恋愛って障害があって、その壁が高ければ高いほど燃え上がるんだよね


以前、超多忙の為に見逃してしまった映画
「SINOBI」

ようやくTVで放送されたので
心待ちにして鑑賞した

仲間由紀恵にオタギリジョーが
昔からの敵同士である伊賀と甲賀の跡取り息子に娘を演じるのだが
お互いに素性を知らぬまま恋に落ちるのだね

徳川家の陰謀により、殺し合う事になったのだが…
まるで
日本版「ロミオとジュリエット」のようだねぇもうやだ〜(悲しい顔)

仲間ちゃんもジョーも結構好きな俳優さんなんだよ
でも仲間ちゃんはどんな役になってもあのトレードマークの
サラサラとしたロングヘア
とっても似合ってるけど、たまには別の髪型も見たいなぁ〜
(小西真奈美を見習いたまえっ!)

ジョーは二枚目でカッコいいのに、どこが薄汚れて見えるのは気のせい?
涼しげな顔立ちなのに???
肌がそんなに綺麗でなく黒子が多いから?うーん…

甲賀の女忍びを演じた黒谷友香は、職場のドラマオタク曰く
「脱げる女優」なんだそうだ
たいだい”寺島しのぶ”ってぽい役風が多いそうだ
2人とも「脱げば凄いんです」だもんねぇ
羨ましいねぇ〜ホントに…

その黒谷さん演ずる女忍び
幼い時から毒を食べて、体内で毒を発生出来るのだ
凄い色気で相手を誘惑して、○○の時に殺しちゃうのだあせあせ(飛び散る汗)
でも
本当に好きな人とは永遠に結ばれぬ悲しい定めを持っていた
好きな人とは一緒に居たいけど、一緒に居ると自らの毒で死なれてしまう
辛いねぇ

椎名桔平は300年も生きた不死身の忍者役だった
不気味だったけど
本人はそれなりに苦悩を持って生きて来たのだなぁ

戦国時代とは違って、邪魔者となった忍び達
「用済みなんだ」と理不尽な命令にも黙って従う

何か重い映画だったなぁ〜
(ある意味”王の男”みたいなもん?)


でもオタギリジョー扮する甲賀の跡取り息子
愛に生き愛に死んでいく様はカッコ良かったよハートたち(複数ハート)

オタギリジョーや仲間由紀恵が好きな方にはおススメっすねぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 22:32| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

えーと最後までお読み下さい〜

あ〜ミクシーで流行ってるバトンですぃ(*´ェ`*)ポッ
P.S.恋人バトン

☆あ、でも今は多分古いバトンだと思うよ〜

→ちょいとこのバトンを借りてみましょうかねぇ
(普段はあまりしないけど、便乗さして頂きまっせグッド(上向き矢印)

ここだけに告白しちゃいます!
実は…”ツバメ君”います!


恋人バトンならず”ツバメくんバトン”にしました(*´ェ`*)ポッww

1.今付き合ってる人はいますか?

→居ます|ー`)ノ

2.その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?

→えっとー一週間ぐらいかな?   

3.この恋人と付き合ったキッカケは?

→正直に打ち明ければ”妥協”と”値段”っす
(なにせツバメ君だからハートたち(複数ハート)


4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?

→10本の指では数え切れませぬ〜ホホホわーい(嬉しい顔)

5.一番長く続いた恋人はどれくらいですか?それはいつ頃?

→2年…ちょいと役に立たなくなりまして…(苦笑)
ちょうど今のツバメ君の前のツバメくんですぞ〜ウン 


6.逆に一番短かった恋人はどれくらい?

→1年っすねぇ〜
 短くても1年は付き合います!これがポリシーどすぴかぴか(新しい)


7.恋人を色にたとえるなら何色ですか?

→淡いピンクの花柄クンハートたち(複数ハート)
 
8.恋人との思い出があればどうぞ。

→わがままなピヨによく尽くしてくれましたぴかぴか(新しい)
 感謝しておりまするるんるん


9.浮気願望はある?

→もちろん!若ければ若いほどグーぴかぴか(新しい)

10.今の恋人に一言。

→ピヨに飽きられないようにしっかりきばってや〜
(大阪のおかん風に…大爆笑)


200701141535000.jpg

*****注意*************
この恋人とは、携帯電話のことです!!(笑)
いかにも人間のように書いてみてください。
********************


まあ、もう多分バレバレでしょうが…

やっと新しい携帯電話に変えましたぞ
披露いたしまするぴかぴか(新しい)

P902isっすよるんるん

200701252015000.jpg

お隣の”ドコモダケ”くんがチャームポイントっすねぴかぴか(新しい)

ちなみに
ピヨ行き付けの波多江にある「ドコモショップ伊都店」は
サーティワンアイスクリームの店が入っていて
いつも帰りには割引券を頂いて、冷た〜いお土産をゲットするのだぴかぴか(新しい)

200701141542000.jpg

車(セダン)で行かなきゃあかんのが面倒臭いけど
それなりのメリットはあるのだよ〜ハートたち(複数ハート)


ちょっとピヨの手には大きくて
片手で持つのが大変な時もあるけど
使い易くてなかなか気に入ってます黒ハート
posted by ピヨ at 21:03| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

”違いの分かる人”は是非どうぞ♪

昔のCMで印象深い物があった

唐沢寿明さんと三谷幸治さんが共演していて
2人でコーヒーを味わうのね
”違いの分かる男”とテロップが出る…

そりゃあそうだ…
この2人対照的だもんなぁ(大苦笑)
でも三谷さんの作品はユーモア溢れていて結構好きるんるん
(充分才能あるんだから、出たがり屋さんでなければいいのに…)

そんな”違いの分かる”貴方におススメ!の
「珈琲舎 のだ」

中央区役所の向かい側にある店に行った
ドアを開けるとプーンと薫り高い珈琲の香りが広がる

ちょーっと高めだけど、本格的でとっても美味しいぴかぴか(新しい)

200701181620000.jpg

雰囲気も素敵で落ち着けるよぴかぴか(新しい)
(しつこいようだが、高いだけあるよ〜あせあせ(飛び散る汗)

ピヨはケーキセットで”苺のクリームブリュレ”を頂きましたのだるんるん
これまたまいう〜でございましたぴかぴか(新しい)

たまにはこんな”大人”の喫茶店を楽しみましょうわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 21:47| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

「音のない記憶」

ヒロボンたんに本を貸したら、お礼にって
「音のない記憶」という本をを貸して頂いた

200701210920000.jpg

「君が今度案内する知り合いの方は
井上孝治さんについてかなり関心を持っているって話だったよね?
予習を兼ねて読んでおくといいよるんるん
ヒロボンたん気遣い有難うございます〜キスマーク

井上孝治さんという方は、福岡在住で
ろうあの天才写真家と有名なお方だ

名前はよく聞いてたし、写真展の時は見に行った事もある
しかしこの本には”へえ!”と満へえ出したいぐらい
知らなかった事実や秘話がどっさりだった

3歳の時に階段から落ちて、聴覚と言葉を失いながら
ハンディキャップを乗り越え
フランスの「アルル国際写真フェスティバル」に招待され
「アルル名誉市民章」を得るまでの写真家となった

と同時にろうあ運動にも心血を注ぎ、全国のろうあ写真家を
一つにまとめ「全日本ろうあ写真連盟」を創立した



高齢のろうあ者に聞こえなくなった原因を聞くと
「階段から落ちた」という方が多いのだ
今も同じ理由で聞こえなくなる人が居るのかな?

写真に熱中するあまり、家業は奥様に任せっきりで
家族の方は大変苦労したそうだ
でも奥様が暖かく見守っていてくれたから
こうして”写真家”として名を成すまでになったのだな

ろうあ活動に熱中するあまり、家庭がおろそかになってしまう方も
沢山居られるだろう
何にせよ、家族の理解と協力は不可欠だな

印象に残ったのは
1958年暮れから1959年1月まで
返還前の沖縄へ渡って、写真を撮っていた事である
当時はパスポートが必要だったしお金も米ドルだった

沖縄に居たろうあ者達とも熱心に交流を深め
あちこちで写真を撮っていた


その沖縄の風景や生活を撮った沢山の写真が
30数年ぶりに沖縄で展示された時に大きな反響を呼んだんだそうだ

「あの写真は私です」とか「これに写ってるのは母です」とか
名乗り出て焼き増しを希望する人が絶えなかったそうだ

当時の沖縄は、戦争中に写真が焼けて無くなった人も多かったし
そして戦後も、戦争の傷跡がまだ深く残っていて
写真を撮る余裕があった人達は少なかった

だから井上さんが撮った写真を見て
本当に嬉しかったんだろうなぁもうやだ〜(悲しい顔)

そしてヒロボンたんから
「井上孝治さんの写真葉書は、井上孝治博物館及び
アクロスにある”JULIET’sLETTERS(ジュリエットレターズ)”
2店しか売ってないよ」

早速仕事帰りに寄ってゲット!

200701222152000.jpg

とても味のある写真ですハートたち(複数ハート)
井上孝治さんのプロフィール写真もあるけど
なかなか渋いダンディなオジサマです

もし生きておられる時にお会いして
「写真撮ってあげようか?」なんて言われたら
もう喜んでモデルになったかも〜(大爆笑)
あ、ちなみにヌードはお断りやで〜(念の為…)

機会があればご覧あれるんるん
posted by ピヨ at 22:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

2007年糸島地区聴覚障害者協会の新年会♪

今年の干支は猪ですねぇ〜
って事で、”必ず行かなきゃあかん!”と思って
地元の糸島地区聴覚障害者協会の新年会へ参加したのだよ
200701211422000.jpg

だってね!年男・年女には素敵なプレゼントがあるんですよぉ〜

200701211554000.jpg

干支の可愛い置物です
12年前も頂きました♪
(ちなみにその時と今とほとんど同じ人が頂いたよん♪)

場所は「ざうお」本店です
魚料理がメチャまいう〜ぴかぴか(新しい)


今回は、鍋とヒラメの刺身と大皿料理レストラン
飲み放題付きでホント大満腹で大満足るんるん

皆さん、ピヨが若い時からの長い付き合いですもんで
皆さん心配してくれて「結婚は?」「彼氏は?」…
どうもそのーなかなかね…
江原さんにオーラでも見てもらおうか?(苦笑)

昨年暮れに、本場!餃子の作り方を教えてくれた中国人の方と
色々話をしておりました
昨年入ったばかりの方々との交流は楽しかったよ
「是非、飲み会誘って下さい」
だから、手話の会企画部長に続いて沢山の若いろう者と
交流の機会を持たせたいなぴかぴか(新しい)
(みきんみきん、宜しく頼んだぞ〜)

中国では、玉ねぎをそんなに食べる習慣が無いんだって!
(ヨッシーにびったりやっ!)
陶芸やら絵とかもたしなむ方なので
今度機会があったらまた色々お伺いしたいな〜

最後に、えっ!と驚く報告があったのだ
詳しくは3年後にならないと分からないけど…
実現出来るのかどうか?無事叶うのかどうか?

まぁ…昔々色々ありまして
ピヨが地元協会の活動は絶対しないって固く心に決めたのに
非常に関係ある方だったもんで〜

やるなら協力はしないけど、まあ頑張ってねって…そんな感じです
(まっ3年後、ピヨはもう居ないかも知れないしな〜あせあせ(飛び散る汗)

でも久々に地元の行事に参加出来て
楽しゅうございましたわーい(嬉しい顔)
今年は参加する機会が増えるといいなハートたち(複数ハート)
今後とも宜しくお願いします〜黒ハート
posted by ピヨ at 17:24| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

日聴紙を読みましょう♪

最初に断っときますが〜
別にピヨは日聴紙の回し者ではありませぬ


単に日聴紙がきっかけであった事を書きたかった訳でわーい(嬉しい顔)

200701201931000.jpg


こないだの休日、遅めの朝食を食べてたら
母が「ピヨ!お母さんはねあの記事、よーく理解出来る!
本当にその通りだと思うわけよ!」
はい?話が読めない???
「まあ確かに北海道の聾学校の校長先生が”手を縛ってる”ってのは
あんまりだと思うけど
文章力はやはり必要よね!手話も覚えていいけどまずは文章を
理解できない事には!」
母は興奮して話しているが、起き抜けのピヨには全く意味不明…
「お母さん、何を言ってるの?」
「アンタ、これ読んでないの?…ああ今朝届いたんだわ」
お母さん!起きて来たばかりのピヨが読んでる訳ないでしょうがっっちっ(怒った顔)
「読んでから話を聞くから待って」

日本聴力障害新聞 2007年1月15日号を読んだ

母が言ってる事の意味がようやく分かった…

北海道の聾学校の校長先生うんぬん…は
第一面の「北海道ろう連が反論〜読売”論点”寄稿に」
に対してだ

よーく理解出来る!っ言っていた記事は…
「お母さん、どこの事よ」
「あ、これこれ!」

読者のページにて”学科試験について”の記事だった
教習指導員をやってある方が
”手話で説明するとちゃんと分かっているのに
実際に模擬テストや問題集をやると間違いが多い
ろう者は文章に弱いと分かっていたが想像以上だった…”

うちの母は、幼い頃のピヨを連れて聾学校へ通っていた事があり
聾学校にて色々見聞きしたり
成人したろうあ者と触れ合う機会もあったそうだ

その時に、先生から「ろうあ者は耳から言葉が入らないので
文章が苦手な人が多い」と言われ
「どうしたらいいですか?」と聞いたら
「とにかく本を読ませなさい。聞こえないなら他の方法で
言葉や文を覚える事です」

…それでいつもいつも本を読まされていたなぁ…(遠い目)

しかしうちのお母さん、「偉人の伝記シリーズ」とかそういった
本ばかり用意するもんだから
自然と歴史小説ばっかり読んでいたなぁ…あせあせ(飛び散る汗)

そういった経緯があるので
母は、教習指導員の記事に深く同感したそうだ

「手話は当然必要だと思うよ。でも文章を理解したり表現したりする能力や
言葉は沢山覚えておかないとね」

でないと本当は理解しているのにそれが伝わらないもしくは
生かせないってのはもったいないでは?だって

うーんどうなんだろうなぁ
ピヨは中学生になるまで手話があんまり出来なかったな
中学に上がったらようやく手話を使うようになったけど
卒業するまでは、多分手話になってなかったんじゃないかな?

社会人になって、ろう協会に入って初めて年配の方々の手話を
見た時は全く分からなかったから…
(今のピヨからは想像付かないでしょうが…苦笑)

日聴紙の記事がきっかけで
朝から熱い討論が出来た(感謝すべきかどうか微妙…苦笑)

でもまあ、全国各地の情報や問題が色々載っていて
読んでいてとても為になるよ
是非、ご一読あれるんるん


しかし一つだけ不満というが”あれはなぁ…”という記事があった
正確に言えば、記事でなく写真だけど

何年か前の沖縄での九青研の記事だ
ディベートの模様が画像入りで入っているが
ピヨは後ろ姿で撮られているのだ…
母に「これもしかしてアンタ?後ろ姿しか載ってないけど」
と言われてショックだったもうやだ〜(悲しい顔)

せっかく、かりゆしシャツで決めてるのにっ!
ブロック委員として盛り上げようって頑張ってたのにっ!
後ろ姿ってのはあんまりやん?!
せめて顔が分かるような写真にしてっ!


記事を出した方に苦情言ったら
「写真は何枚か出したけど、選んで載せたのは日聴紙の編集者!
文句はあちらに言って〜」
だった…

今でも当時の記事を見ると
悲しいようなやり切れないような微妙な気持ちが湧いてくる…

まっこんな事もあるさ〜たらーっ(汗)
(すいません…つい愚痴ってしまいました〜)
posted by ピヨ at 20:34| 福岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

長い間お疲れ様でした♪

今日は、定年退職された方を囲んでの乾杯に参加したのだよ

昔々、ピヨと一緒に長く働いていた方で
今は別の部で定年を迎えられた方だった

とーっても優しくて穏やかで
周囲の方々からも「癒し系オジサン黒ハートと親しまれていた
ピヨも本当に可愛がって頂いたなぁ〜

「どうです?定年後は何をなさるつもりで?」
「そーだなぁ〜パチンコ三昧かな?笑」
ホント、パチンコの好きなお方だなぁ

でもたまーに儲かったら、よくピヨに焼き鳥をおごってくれてたねぴかぴか(新しい)

懐かしい昔話をしていたら、最後に挨拶がやって来た
人前で話をするのが苦手なシャイな方だから
”大丈夫かなぁ?”と見守っていたら

涙ぐんでた…もうやだ〜(悲しい顔)
やはり長く長く勤めて来たからかな?
感慨深いものがあっただろうなぁ〜

本当にお世話になりました
お陰さまでピヨは立派なお局様となりました(苦笑)



今度、「鮮度!実感体験ツアー」企画があるそうだ
自慢のおつまみと共に新鮮なビールを飲めるそうだ

200701191734001.jpg

美味しかった〜
鴨の燻製に、スモークタン、チーズ鱈に明太子ソーセージ…

今度、ビール愛好会の同志である
ゆりよしちゃんやヨッシーらを誘って参加しようかなぁ
(無料だし)

終了後は、ビール園にて「上湯シャブシャブ」もいいし〜
あれ、美味いらしいぞぉ〜締めにはラーメン玉も付くし!

ピヨらと思い切りビールを堪能したいお方は
一緒に参りませうるんるん
posted by ピヨ at 21:19| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ピヨグルメ突撃G韓国へ行った気持ちになれる!「韓のおしり」

前回の記事でお分かりと思うが
”愛ルケ”見て、何か精神的に疲れた…

「ねえ下ネタ女王様、ゆりよしちゃんともさっき話してたけど
良かったら一緒にご飯食べようか?」
「ええ、ゴホ!宜しくてよ…ゴホ!」
さーてっとどこにしようか…

下ネタ女王様は風邪をひいておられて体が冷えている
「…韓国料理にしょうか?暖まると思うし♪」
って事で

「韓のおしり」に決定!

割とリーズナブルな価額で韓国料理を味わえるぴかぴか(新しい)
ついでに1000円割引券もあるのでラッキーるんるん


「下ネタ女王様、何にしようか?」
ご要望は
”韓国風鉄板焼”に”ユッケ”である
キムチ鍋の鉄板風って感じ?
適度に辛くて暖まってまいう〜

200701152137000.jpg

ユッケは…やっぱ本場韓国の味!「韓一館」の方が上かなぁ〜

ゆりよし「昔釜山に行った時に食べたけど、結構美味しかった!」
と”トッポッキの煮込みをオーダー!
そして海鮮チヂミと共に味わった

「おー!トッポッキ初めてだけど、モチモチしてまいう〜」
「ビールに合うね!」
「海鮮チヂミもそれなりにいけるよっ」

そして先程見た”愛ルケ”についてどうにも疑問に残った事を
韓国風鉄板鍋に負けず熱く討論し合った

内容を書くとネタバレになってしまうからあえて書かないが
私らには理解不能な愛の形だったな…


そして最後はやっぱり女の子ですもの
デザートで締めてみたわーい(嬉しい顔)

3人それぞれ違う物を頼んでそれぞれ分け合って味わおう!
コレよくやる手法だよん
(気心が知れた仲でないと出来ない業よね〜)

下ネタ女王様は「韓のおしり風プリン」

200701152231000.jpg

ゆりよしちゃんは「韓国風カキ氷?」(正式な名前忘れた…)

200701152232000.jpg

ピヨは「ホットックのバニラアイス添え」

200701152240000.jpg

おっ!どれも皆美味しそうハートたち(複数ハート)
さあどれどれ…


下ネタ女王「うっ!このプリン甘過ぎ!ギブ!」
食べてみると、ココナツ風味で確かに甘い
ピヨ「ゆりよしちゃん、韓国ってココナツ使うかなぁ?」
ゆりよし「ヘンだねぇ…」

ピヨはプリンをとっても愛しているのだが、このプリンは…
申し訳ないけど、今後縁は無いだろうたらーっ(汗)


ゆりよし「うっ!美味しいけど寒い…」
下ネタ女王「体が冷えるねぇ〜」
ピヨ「あ、でも黒蜜がかかっていて美味しいよ」

このデザートは夏に食べたいね!

ピヨ「おっ!このホットック、まいう〜」
下ネタ女王「これ美味しい!ふんわりしていいね!」
ゆりよし「釜山の屋台で売っていて美味しかったのよね
中に黒蜜が入っていて甘いのよ〜」

バニラアイスとマッチしていてこれまたまいう〜
このデザートは当たりだったぴかぴか(新しい)

本場…とはちょっと違うけども
まあ気軽に”韓国”を味わう分にはいいかもねるんるん

次回は”チャプフェ”(韓国風春雨の炒め物)を味わってみたいぴかぴか(新しい)

今度もまた映画レストランビールを楽しみましょ〜ねぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 21:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

あなたは死にたくなるほど人を愛した事があるんですか!?

いやあピヨには無いですな
そこまで黒ハートにのめり込んだ事が悲しい事に無かったな…

今話題の”愛ルケ”ごど「愛の流刑地」

200701151843000.jpg

字幕が付いたので、ご存知ゆりよしちゃんともう一人
「こういう映画なら絶対来る筈だけどなぁ〜」
「でも携帯電話では返事無かったしね」
が、後ろを見るとやっぱり居たexclamation×2

下ネタ女王様である
「君が来ない訳ないと信じてたよ」
「勿論!何があっても行きまする!」
風邪を召しておられていたがそれでも来たのだ
この執念には脱帽だぴかぴか(新しい)
さすが”下ネタ女王”だけの事はあるぴかぴか(新しい)

この映画は、大胆な…場面が多いので
近畿のある映画館では女性専用のフロアを用意したぐらいだ

始まりからいきなり”18歳未満お断り”的なシーンだもんなぁ〜
でも寺島しのぶってホントにセクシーぴかぴか(新しい)
スタイル良くて綺麗だなぁ
笑っていても泣いてるように見える顔もセクシーだねぇ

トヨエツ、年取ったなぁ〜
でもお尻は綺麗だった(どこ見てるんや!!と突っ込まないように笑)
過激なシーンばかりが話題になってるけど
テーマは”究極の愛”かな 

お互いに惹かれ合い、不倫が始まるけど
不倫でなくたんだん本気になっていったんだね
最初はおずおずとしていた彼女がたんだん積極的になっていくんだよ
(女って変わるねぇ)

しかし本気で愛した男がああいう目に合うってのは
分かり切ってただろうに…
ちょいとピヨにはその心理が不可解だったな

のぶりんから「どうだった?」とphone to来てたから
「女って変われば変わるのね」と感想送ったら
「変わるよぉ〜食べちゃいたいぐらいだからね」
…おいっ!のぶりん、どういう意味やっ???

雪国の女は芯は熱く燃えているんだそうだ
そっか〜
今度富山に行くから検証して来るかな(笑)

しかし、寺島しのぶと母親役で出ていた富司純子は実際でも
親子なんだそうだ
実の母親として、娘がああいう役を演じるのに抵抗は無いんだろうか?
一応寺島しのぶは嫁入り前の娘さんだしさ…

女優だからそこらへんの理解はあるんでは?と言ってたけど
でもなぁ〜

ピヨはとてもとても女優や女芸人にはなれませぬ〜

女芸人も仕事で全裸になったりチューしたり胸を揉まれたりしてるもんなぁ
仕事とは言え、大変だよね…
ピヨなら「セクハラやっ!」と本気でぶん殴ってその場で辞めると思う…

重い映画でしたが…
今度は原作となった小説の方を一度読んでみよう

お勧めとまでは行きませんが
まあ、愛が重たく感じます(苦笑)

後、ドロドロとした関係が凄いです…

大人の愛を見てみたい方は覚悟の上でどうぞるんるん
posted by ピヨ at 23:13| 福岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

少年達は命をかけて戦った…

新春スペシャルドラマで、二夜連続放送
「白虎隊」が放送されていた

昔々、同じく年末に時代劇スペシャルドラマにて
見た事があるのだよ

(内容はかなり違うけど)

確かね、”スクールウォーズ”でイソップ役をやった人が
草色の服を嫌がるのを、母が「貧乏だからじゃない!
草色ならば敵に見つかる確率も低い。母の愛が分からぬのかexclamation&question」って
怒られて、感謝してその服を着て戦いに行った場面が印象深かったなぁ

あの時は字幕放送が無かったから内容があまり分からなかったけど
でも事実だと聞いて、本当に悲しい出来事だと思った

何年か前に福島に行って、郡山に鶴ヶ城、飯盛山を見て回ったなぁ〜
鶴ヶ城の屋上には、飯盛山で自刀した20人前後の白虎隊の方々の
肖像画が、当時の会津藩主の松平容保氏と一緒に並んでいた
皆、16から17歳前後とは思えない凛々しい顔をしていたよ

後、「会津資料館」とか「白虎隊資料館」などで
色々見て学んで、その戦の凄さ悲しさに絶句した

可哀相な事に、自刀した白虎隊士は敵側の新政府軍に罰せられるのを
恐れてそのまま放置されていたそうだ…
それを見かねた百姓達が埋葬してあげたんだそうだ

たいだい会津が、幕府からの命令で京都守護職に就いたのも
貧乏くじを引いたようなもんだ
幕府からの命令に従っただけなのに悲惨な結果に終わった
”勝てば官軍 負ければ賊軍”とはこの事だね…

ドラマでは、山下智久くんと田中聖くんが出ていたね
2人ともカッコいいねぇ黒ハート
田中くんはやっぱり坊主頭が似合ってるねぇ
実はカトゥーンの中では、田中くんが好きなのさ黒ハート
(他の人を知らないってのもあるけど…苦笑)

それぞれの母親が、戦に行く息子に対して深い愛情を示していた
「お前は武士なのだから立派に死になさい!」と厳しくしつけた母も
心の中では生きて帰って欲しかったのね

腹を痛めた大事な子供に死んでもらいたい親は居ない
そういうメッセージを伝えたかったみたいだなぁ

見応えあったけど…
ちょっと違和感もあったなぁ
”おいおいちょっと出来過ぎ!”って場面も多少あったね(苦笑)
犬のクマちゃんが素敵でしたぴかぴか(新しい)

でも不思議に思う事がある

会津では、白虎隊の他にも朱雀隊、玄武隊、青龍隊と同じように悲惨な
目にあった隊もあったし
沖縄でも、ひめゆりだけでなく、なでしこやらその他にも
看護を務めた女子学生の部隊があったし
特攻隊でも、知覧以外にも出水、鹿屋にもあったそうだ

何故、一部だけが有名になっているのかな?
同じような目にあっていると思うんだけどどこが違うんだろう?
(ピヨが勉強不足だから知らないだけだとは思うけど)

まあこれから色々な隠された歴史や実話が出てくるだろうね〜
posted by ピヨ at 19:26| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

魅惑のプリンシリーズC「西通りプリン」

今日は美容院へ行ったのね
2月に結婚式に呼ばれてて髪を染めようとしたのね
そしたら「染めるのは直前の方が良い」
生え際が延びてくるからね〜
ということでストレートパーマをかけたのだ

が…一つ問題が
「明日の夜まで髪は濡らさないで下さいね」
まあそれは出来る
「一週間ぐらいは、ゴムできつくしばったりビンやアップにするのは
止めて下さいね」
…へ?ピヨはまとめ髪好きなのに〜
形が残りやすいので1週間ぐらいはそのままにだそうだ…

寝相悪いしなぁ…まあやるだけやってみるよあせあせ(飛び散る汗)


こないだ、警固辺りで飲んだ帰り
可愛らしい黄色い車を見た
”ん?”と思って見たら「西通りプリン」って書いてある

プリンを愛してるピヨとしては迷わず買ったるんるん
(ちょっとヨッパーだったかな?苦笑)

200612232135001.jpg

食べてみると、トロリと甘さ控えめな美味しいプリンだった
飲んだ後にはビッタリかも〜黒ハート


多分…記憶がさだかではないが、きんきんも一緒に買って
二次会会場で食べてたような…気がするなあせあせ(飛び散る汗)

聞けばとても人気があるようで、
1日1000個売り切れる事もあるそうなのだ

プリン好きなのは、ピヨだけではないって事ねるんるん

なかなか見かけないので
今度見かける事があったらまたゲットしようっとぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 19:54| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

蜘蛛が苦手な人は是非!(笑)

知っている人も多いかも知れないが
実は、ピヨは蜘蛛が大嫌いである
(だからスバイダーマンも見れない)

あの8本の足に、糸を張る姿に
不気味なスタイルがどうもその〜…見ていて気持ち悪いのだ

「シャーロットのおくりもの」映画する時は
ホントに”ハムレット”の心境になったよぉ
見たいんだけど、見たくない…そんな複雑な心境あせあせ(飛び散る汗)

主役は”ウィルバー”というとっても可愛い春生まれの子豚ちゃん
「ベイブ」の映画の影響で、豚はとっても大好きだ
見るのも触るのも食べるのもどれを取っても大好きハートたち(複数ハート)

予告編で見た時にとりこになったハートたち(複数ハート)
でも…蜘蛛の”シャーロット”が重要な役柄であるって聞いて「…」

蜘蛛は大嫌い…でも可愛い子豚は見たい…
でも子豚可愛さに負けて覚悟を決めて見に行った
(えーい!どうせOGだ!作りもんだ!と開き直ったのだ)

200701061603000.jpg

最初は気持ち悪かったけど…
シャーロットはとても優しくかしこい蜘蛛だったのだ
外見の為に嫌われて一人ぽっちだったけど
子豚のウィルバーが友達になってくれ、
そのウィルバーが「春生まれの子豚はクリスマスにはハムになる」と
ショックを受けて落ち込むのを見てられず
「大丈夫!私が助けてあげる」と
一生懸命ウィルバーの為に知恵を絞って奮闘するのだよ

そのシャーロットが
「この外見の為に嫌われているけど、私は何もしていないわ
ただ、生きる為に感謝しながら糸を張って虫を頂いているのよ」

ものすごーく反省しましたたらーっ(汗)
確かに外見で毛嫌いしてはいけない
もしも「ピヨはデブだから嫌い」と煙たがれたらむかつくが
それと同じ事だね…

シャーロットはある”奇跡”を起こして、ウィルバーを助ける
その様子を見て
同じ納屋に住んでいる動物の仲間達もたんだん打ち解けて来て
ウィルバーやシャーロットと仲良く協力的になるのだ

ウィルバーはシャーロットによって奇跡が起こったが
同じくシャーロットもウィルバーのお陰で同じく奇跡が起きたぴかぴか(新しい)


”情けは人のためならず”
人にかけた情けはいずれ自分に戻って来るという意味だが
この映画はその言葉の意味を改めて証明してた

ゆりよしちゃん曰く「子供向けの映画だから今回は結構よ」だったが
ピヨは感動してあの場面では号泣してしまいましたぞ…ぴかぴか(新しい)

大嫌いだった蜘蛛が、ラストの方では
まあ何とか平気で見れるようになった〜

蜘蛛嫌いな方が蜘蛛を平気になる為に最適な映画かも(笑)
(だってラストではシャーロットの○○を平気で可愛い黒ハート
見れるようになったんだもん!)


でも…やっぱり”スバイダーマン”は絶対見ないなぁ〜パンチ
(昔、新庄がかぶってるのを見て気持ち悪くなったぐらいだもんなぁ)
あれとこれとは別exclamation×2(大爆笑)

癒されたいお方にはおススメよキスマーク
posted by ピヨ at 22:06| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

最初で最後?!の記者体験♪

ちょっと前になるが、京都から送られてきた本がある

200701102017000.jpg

季刊 MIMI(みみ) 2006 No114号 」だ

何故、送られて来たのって?
クリスマスだから♪…ってな訳無いって!(自分ツッコミ〜笑)

実は、連載の一つである「人風景」

これは各都道府県の色々な分野で頑張っているろう者を取り扱っているのね
今回は福岡県在住の柔道でのデフリンピック出場を目指している方だ

「その方の取材及び記事を書いて来いっ!」と
連盟機関紙部長さん直々のご達しで、初めて記者デビューしちゃったのだぴかぴか(新しい)

どうも機関紙部長さんったら、隠れピヨファンであるらしーよ〜
(物好きな方だと思うだろうけど、こうみえても
子供や年配の方々には結構モテモテなんだよ〜ハートたち(複数ハート)


んで「このブログを書いているみたいに徒然と記事を書いてみないか?」
あんまり文章力に自信がありませんって言ったら
編集部には凄腕の編集部員が勢揃いで、どんな文章でも
丁寧に”化粧直し”(修正に校正っすね)してくれるから
心配しないで好きなように書いて構わないんだそうだ

それならいっか〜!実際大変なのは編集部員さんだしあせあせ(飛び散る汗)〜って
気軽に引き受けて、はるばる小郡まで出向いて
取材したのだよるんるん

取材対象となった柔道命のおじさんは
取材慣れしているようで、もうこちらが聞かないような事まで
どんどん話してくれるわ、昔の記事をコピーしてくれて
「コレを見て書くといい!君もその方がラクだろ〜」
あのー気持ちは有難いですが、これじゃ仕事になりませぬ〜ふらふら
下手でも自分で書かないと意味ないしね…

明るく気さくなオッサンで、記事には書けないようなexclamation&question秘話まで
披露して下さったぐらいだ
帰りには沢山お土産も頂いてしまって…恐縮ですたらーっ(汗)

「もしデフリンピック出場が叶って健闘して来られたら
ピヨ主催で”お疲れさん会”開催いたしまするぞ〜」
「おっ是非!」
その折は大勢の参加をお待ちしておりまするるんるん

「なんなら近い内でも全然構わないよ〜」
「ダメです!デフリンピックに出た後でのお楽しみに取っておきましょ」
「…うんそれを励みに頑張るよ…」

カメラ写真はどうもその〜自信ないので(メカオンチだから)
プロ級の腕前の方にお願いして撮ってもらった

その甲斐あって
こないだ機関紙部長さんと会った時に
「あの写真は見事だね〜君が撮ったの?」
「いえ、友人です」
「うん!あれは上手い!謝礼は半分に分けてあげたらいいよ」


機関紙部長さん、写真は絶賛してくれるけど
記事は全然褒めてくれない…もうやだ〜(悲しい顔)

でもまあなかなか出来ない貴重な体験でしたるんるん
機会を下さって有難うございましたキスマーク


一生に一度exclamation&questionであるだろうピヨが書いた記事が載ってる
「MIMI 2006年 第14号」

興味あったら買って読んでみてね〜ぴかぴか(新しい)
定価750円ナリっすよ


他にも、宮崎での全青研やAPキャンプ特集が載っていて
結構お得な内容になっておりますぞ〜超おススメなりよ〜ぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 21:17| 福岡 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ピヨグルメ突撃F有機野菜がたーっぷり♪「野の葡萄」

福聴連青年部新年会に、初めて一般参加した
いやあ頑張っているみきんみきんらを見ていると
忙しかったあの頃が懐かしいぴかぴか(新しい)

ピヨは、盲ろう通訳としてささやかながらボランティアをしているのだが
そこで知り合ったりゅーちゃんやハーヤちゃんに
「君達も年齢的には青年部だ。一緒に行こう!」
と強引にお誘いして一緒に参加した
もち”飲べぇ3人衆”も勢揃いさぴかぴか(新しい)

ハーヤちゃんは今年デビューしたばかりのピヨと同じく
ろうあ者での通訳者だ

が、ろう協会に所属してなくろうの知り合いも少ないみたいなので
「君は友達や知識を増やすべきだ!今のままなら絶対壁にぶつかる」と
説得してやっと首を縦に振ってもらったのだ

りゅうちゃんは盲ろう友の会の役員として頑張っている
けど、まだ20代だ
たまには違う世界の仲間達との交流も楽しむべきだと誘ったのだるんるん

二人とも楽しかったみたいだハートたち(複数ハート)
「また飲み会があったら参加したい!」
ウンウン羽を伸ばす事も時には必要だよ

りゅうちゃんもハーヤちゃんもぞーさんも家が遠いので
ゆりよしちゃんやピヨも含めて皆で
例のごとく「万葉の湯」に泊まったのだ

皆、いい気分(温泉)好きだよぉ
また行きましょうやぴかぴか(新しい)


で翌日、朝食が無かったので皆でお昼を食べましょうってなった
ぞーさん、”豆腐よう”が大の好物なので
西鉄グランドホテルの近くにある”わしたショップ”へご案内〜

ぞーさんの為だったのに…なのに
気が付いたらぞーさんより沢山買い物してしまった…
”ミイラ取りがミイラになった”ってこういう事よねあせあせ(飛び散る汗)

ランチはイムズの「野の葡萄」にした

そこは有機野菜など食材は、体にいい物を!とこだわっている
雰囲気も良くて美味しいのだ

200701071239000.jpg

野菜のスティックに煮物、揚げ物、炒め物
麺類にご飯にデザートに飲み物…とどれを取っても美味しいるんるん

200701071149000.jpg

バイキング形式だからそれぞれの好みが分かって楽しいわーい(嬉しい顔)
「ゆりよしちゃん好みが渋いのぉ〜野菜スティックに味噌ダレ…」
「ええ!綺麗にならなくてはぴかぴか(新しい)
りゅうちゃんはバスタが好きみたいだ
ハーヤちゃんももりもり食べてる

「ぞーさん何回目?」隣に座っていたりゅうちゃんが「3回目だよ」
まあ元は充分取ったからいいねるんるん

食後の喫茶店は、有機コーヒー豆にて一杯ずつドリップ
味深くてまいう〜
ホッとしちゃうね黒ハート

ただ、一つしかなくオバタリアンがたくさん並んでいて
しかも一人で何杯も何杯も注ぐので
か弱いりゅうちゃんは怖くて並べなかったみたいなのだ
「ハイ!ピヨにお任せあれ!」
冷たい視線でオバタリアン達を追い払い、りゅうちゃんの喫茶店ゲット!

でもなぁ美味しいからかな?
ほんとオバタリアン連中が多くて参った参った…
コーヒーが飲みたいのに行列だし
アレ食べよう!と思ったらもう無くなっていて代わりが来るのを待ってたり

次回はもう少し人が少ない時にじっくり味わいたいなぁ〜

ピヨが気に入った逸品は
”いちごマーマレード”である

イチゴジャムとマーマレードが合体したようなもんだ
イチゴがそのまま形残っていて甘く仕上がっている
そこにマーマレードのほろ苦さが加わってもっ最高なのだよぴかぴか(新しい)

コレはいいなぁ〜
今度来る機会があったら是非お土産に持って帰りたいものだ…

そういや、めぐちゃんも「野の葡萄」にはよく飲みに行ってるみたいだなぁ
全国展開してるのかな〜

ちょっと贅沢したい時のランチにはもってこいだねぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 23:00| 福岡 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

コレって怒ってもいいよね?

喜怒哀楽の内、”怒”ってのはあまりしないようにしてる
でもよくよく考えて納得行かない時は遠慮なく怒るし
それなりの反論や反撃はすべきだと思ってる

「欧米かよ!」とド突き漫才を売りとしている
タカアンドトシが居る
ちょいとパクらして頂こうわーい(嬉しい顔)

1 こないだ福聴連青年部新年会があって参加した

みきんみきんら役員の奮闘があって40名ぐらいの沢山の参加だった
ピヨが降りた後もしっかり頑張っていて何よりだぴかぴか(新しい)

で見知らぬ人も多かったので自己紹介をして楽しく飲んでいた
すると「あのー」とある一般会員が話しかけて来た
「ピヨさん、3月まで役員活動お疲れ様でした」
「あ、いえいえ有難うございます」
「で、ピヨさん、携帯のアドレス登録が一杯でして
ピヨさんの名前があいうえお順では
最後の方なので削除させていいですか?」
はい?
「まあ役員降りた後は特に連絡はしていないし、別にいいんでは?」
「気を悪くしないで下さいね。一杯でどうしょうもないんです
でも青年部への問い合わせはどうしたらいいんでしょうか?」
「…まあみきんみきんにでもしたら…」
「すいませんね。今から消しますので宜しいですか?」
くどいよ…むかっ(怒り)

何様のつもりかよ?!

別に削除しようかどうしょうか構わない
(現にこちらは正直その方の存在を忘れていたぐらいだ)
でもさぁ、わざわざ当の本人に言わなくてもいいやん…

2 今度の文化講演会のチケットを買おうとはるばる情報提供施設までやって来たのね

で、事務局へお願いしたら…
「各協会へ配布済み。ここでは取り扱ってない
なんて地元へ聞かないのか?ここでは何も出来ない」と怒られた

これで事務局かよ!?

…わざわざ足を運んだ結果がこういう対応かい?
一応、本部事務局が、万一の為にと少しぐらいはチケットを用意しておいた
方がいいんでは?
それぞれの事情があって各協会事務局へ買いに行けない会員や
協会外の一般の方々はどうしたらいいの?

まあ…その後、理事の皆様方がやって来て
チケットを確保してくれると言ってくれたのでまあ良かったけど。
まあピヨが元・青年部役員で知り合いだったからね
もし一般会員の方だったらどうなっていただろう?
(少なくとも不快感を抱くでないかな…)

3 ある店でせっかくだからと福袋を買った

200701071726000.jpg

結構大きかった。横30cm、縦15cmに高さ20cmぐらいかな?
「はいどうぞ」
「あのーこれ袋に入れて頂けませんか?」
「あーすいません。袋無いんです。そのまま…」

宅配便かよ?!

おいっ!抱えて持って帰れって事?
思わず言葉が出なかったよむかっ(怒り)


歩いて20分、取っ手を持って運んだ…
買うの止めとけば良かったちっ(怒った顔)

そこの品物は結構好きで買っていたけど、今後は買うのを一切止めようって
手に食い入る重みと共に固く固く心に誓ったのだよ…

4 親を迎えに車(セダン)運転中

前の車が、青信号ってのに交差点で止まったまま…
かと言って、右や左に曲がりもしない 

???仕方ないから追い越していこうとしたら黄信号になった

すると!その車がさっと走り出した
ピヨは赤信号になってしまったので進めなかったちっ(怒った顔)

わざとかよ?!

もしかしたら、当たり屋?嫌がらせ?
でも本当にはた迷惑な運転マナーだ
(忘れもしない黒のマークUだったな)

以上、4件
腹が立った出来事でした

まあ人生楽あれば苦もある
気にしないで、楽しく充実した日々を過ごしていこうっとわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 21:21| 福岡 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

生まれ変わっても芸人になる!

明日から3連休ぴかぴか(新しい)
嬉しいなったら嬉しいな〜わーい(嬉しい顔)

昨年の話になるが、前々から見てみたいと思っていた
「王の男」 映画を見に行った

200612211715000.jpg

多分、昔「ご法度」という映画があったが
あんな感じの映画だと思っていた(はっきりいえば”やおい”?)
この映画では、松田勇作の息子の松田龍平が初めて出ていたが
色白で切れ長の色気のある眼が凄かったなぁ

その松田龍平を思わせるのが、”イ・ジュンギ”

切れ長の眼に白い肌に長い髪
王の側室が妬むぐらいの美貌…黒ハート

昔の韓国は、芸人の身分がとても低かったのだな
人間扱いされていなかったなぁ
でも、立派な芸を見せていこうと邁進する”兄ぃ”は素敵だった
不器用だけど一直線
まるで高倉健のようだ…笑

ここで重要な鍵を握るのが、王だ
王を演じるのが、チョン・ジニョン

実は、このチョン・ジニョンさんは
「トンマッコルへようこそ」にも出演している
この時は素敵な人だなぁ〜と惚れ惚れして見てたのに…

この「王の男」では”何コレ〜!このオッサンexclamation&question
ちょっとショック…
どう見ても違う人だ…

いや、演技力がある人こそ役柄によってガラリと印象が変わるという
それなのかなぁ〜

でも、王もある意味可哀想な人であったね
優秀な父を持つが上にいつも比べられ、
大好きな母を…おっとこれ以上はネタバレになるから内緒るんるん

ちょっと残酷な場面もあって
見ていて重〜い映画でした

お勧め!とまでは行かないけど
(韓国では何故流行ったんだ???イ・ジュンギ効果exclamation&question
まあ昔の韓国の状況を垣間見れて勉強にはなるかもね

それにつけても、イ・ジュンギってホント綺麗ぴかぴか(新しい)
あの眼で見つめられたらピヨ照れちゃう〜ハートたち(複数ハート)

あれが”水もしたたる美少年”っていうのよね

皆さん、写メールにはあのお方の衝撃画像!でなく
イ・ジュンギのような美少年で目の保養になる画像をどうぞ宜しくねぴかぴか(新しい)

今年も映画を沢山見に行くつもりでーす!
楽しみだな〜わーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 23:03| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

WELCOME!ようこそ福岡へ♪

今日から仕事初めでした
31日からなので、4日間という短い期間だったけど
まあそれなりに休めたし〜
思ったより早く帰れたわーい(嬉しい顔)
最盛期になると思うように帰れなくなるんだから今のうちに
「逃げのピヨ」になっておこう(苦笑)

ダスキンの「愛の輪運動」ってご存知だろうか?

お客様の暖かい募金を元に、色々な社会支援を行っている
その中のひとつ「アジア太平洋障害者リーダー育成事業」ってのがあって
アジア各国から選ばれた障害者が日本で1年間の研修を受けるのだ

聴覚障害、肢体障害、視覚障害とそれぞれの障害を持った
アジア各国の方々が
選考の結果、日本へやって来る

んで、毎年冬に福岡へある伝手を辿ってホームスティに来られる
2〜3年前かな?スリランカからの研修生が福岡に来た時にお会いしたが
日本人よりも手話が上手くジョークも理解出来る事に
驚きを隠せなかったな〜(アレはマジで凄かったあせあせ(飛び散る汗)

今回も12月28日〜1月4日まで、フィリピンからの研修生が
来られたのだ
見た目、日本人と変わらぬ容貌で手話も達者で明るい女性だ

29日は歓迎会があったので参加した
”どんな人かなぁ〜”ってドキドキして行ったら
「あっ!宮崎で会ったね!」「おっ!覚えてる!」
そう!宮崎での全青研2日目の朝、プラザホテルへ行った際
APキャンプ参加者と思ったピヨは
片言ならず片手話?の国際手話で話しかけたのだ
「あなたはAPキャンプの皆さんと一緒に行かないのか?」
彼女「私、日本手話分かります。日本手話で話していいです」
ピヨ「え?(日本手話で)じゃ日本人でしたか〜」
彼女「NO!フィリピンです!」…すいません…

名札を見たならば「入門講座B」だったので
ピヨ率いる”福岡県軍団”に、入門講座Bの参加者が何人か居たので
一緒にタクシーに乗せて行かせたのだ

彼女曰く、「あまりにも下手くそな国際手話に、
皆をタクシーに乗せる指示が見事だったので覚えている」
それ、喜んでいいのかどうか…微妙な気持ちだなたらーっ(汗)

まあ、他の参加者や、AP実行委員会事務局長で大活躍したヨッシーでさえ
「?」って分からなかったのに
ピヨだけは「覚えてる!」だったので、まあ良しとしよう(苦笑)


3日は、日本文化を味わせてあげよう!って事で
きんきん家にて、もちつき大会を開催したのだ

きんきんの愛犬”ミル”ちゃんが尻尾を振って大歓迎してくれたぴかぴか(新しい)

200701031148001.jpg

飼い主きんに似て、甘えんぼさーんハートたち(複数ハート)

いつも優しいきんママに新年の挨拶して、きん兄と初対面〜exclamation
一瞬「ぞーさん?」と思った
ホンマよう似てる〜!
よーく見たらそんなに似てる訳じゃないけど、雰囲気が似てるのだな


200701031148000.jpg

本格的に、焚き火を起こして餅米を炊く
そして臼に入れて杵でたたく…

わーお、もちつきなんて何年ぶりだろうひらめき
ピヨッシーは小学生の時にやった以来だよぉ〜
中には「やった事ありません」って方も居た位だ

日本の文化と言えども、当の私達もあまり経験してないからなぁ〜苦笑

でも、ゆりよし曰く「最強のコンビ」であるピヨッシー
力一杯もちつきをして、ご協力頂いたベテランの方に
「女の子でも立派にもちがつけるのね!」と
お褒めの言葉を頂いたぐらいだぴかぴか(新しい)

フィリピンからの研修生も見よう見まねでやっていい体験になったようだ

東区のもちつきのベテラン手話通訳者が色々と教えてくれた
「餅はね、はみ出た部分をこうくっつけてシワを無くして
綺麗に丸めるのよ」
ほ〜なるほど!ギュっとくっつけると綺麗にまとまるexclamation×2
「ねえ、ゆりよしちゃん、人間のシワもこう簡単に無くなるといいのにね」
「ピヨ、それ何度も言ってる…」
ホントにそう思うよ…ゆりよしちゃんも絶対そう思ってる筈だexclamation×2(断言)

なるほど〜と勉強になったのはコレだけじゃない
使い終わった後の、杵や臼やせいろは餅の残りでベタベタしてるよね?
それには大根の葉が効果あるのだよexclamation

200701031518000.jpg

水で塗らしたべたついた部分を、大根の葉でこすると
綺麗に取れちゃう!その後普通に洗えばラクだぴかぴか(新しい)
しかも、大根の茎の方を沸かしているお湯の方へ入れると
空焚きを防ぐ効果があるのだよ

大根、恐るべしぴかぴか(新しい)
”大根役者”ってけなしてる場合じゃないよぉ〜(笑)

ちなみに後片付けの時に、オカマ部長がお釜を洗っていた
「オカマがオカマを洗ってる〜」

その場に居た全員が写メールexclamation×2
オカマ部長ってある意味”愛されキャラ”かも知れないなぁ〜

終わった後の甘い甘いぜんざいが疲れを癒してくれましたとさるんるん

200701031605000.jpg

きんママを初め、きん兄夫婦に、向かいのベテラン主婦の方に
東区のもちつきベテランの手話通訳者の方には
本当に何から何までお世話になり通しでした
本当に有難うございましたキスマーク

きんママファミリーのお手製昼食も大変美味しくて
ビールがついつい進んでしまいました
すっかり甘えてしまってすいませんっすたらーっ(汗)
(今度、旅行に行ったらお土産をプレゼントしますよぉ〜きんママ黒ハート

フィリピンからの研修生も大満足して下さったようです
4日の今日、東京へ戻ったけど
福岡での想い出は最高だったかな?

6月の全国ろうあ者大会では、確か彼女の講演があるんだよねぇ
都合が付けば見に行きたいなぴかぴか(新しい)

楽しいお正月休みでございましたわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 21:59| 福岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。