2005年12月08日

「星を射る」

大分、前に終わったが福岡では「星を射る」の韓国ドラマが放送されていた

朝10時半〜11時25分まで、FBSでは韓国ドラマを月曜から木曜まで
放送しているのだ
最近はネタが尽きている?ようであんまりパッとしないドラマが多いが…もうやだ〜(悲しい顔)

職場の”リュ・シゥオン”命のお局様に解説させると

韓国ドラマは放送局が韓国のテレビ局から買って放送出来るんだそうだ
だから最新作や人気俳優が出ている物はどうしても高いから
最初は、高収入の望めるBS放送や衛星放送にて放送し
1〜2年経つと古くなって商品価値が落ちるから普通の放送に回すんだそうだ

だからBSやスカパーなどに加入していない方はどうしても待たないといけないって
事だよね…

ちなみにこのお局様、ハマり具合が半端じゃない
11月に、大阪と東京にてリュ・シゥオンのコンサートがあったのだが
大阪にて3回、東京にて1回、計4回のコンサートを見に行ったのだよ…

お土産話に、リュ・シゥオンの生写真やパンフレット
グッズ見せびらかし攻撃に辟易しましたわよ…たらーっ(汗)
ピヨはリュ・シゥオンは別に好みでも無いが…
ただ育ちが良いなぁってのは見て思う
(ソウルでも3本の指に入るぐらいの資産家の息子だそうだ)

真っ赤なバラの花束を抱えてタキシード姿で迎えに来る姿は
注:恋の空騒ぎを参照
見事に似合ってたよぴかぴか(新しい)
ああいう姿は似合う男性はなかなか居ないよ〜さすがお金持ちのポンポンexclamation

閑話休題
「星を射る」のドラマだが、そんなに面白いものではなかった

主役が識字障害を持つスター希望の男性で、マネージャーの妹と最初は
犬猿の仲だったのがだんだん仲良くなり恋に落ちる
が、妹や兄のマネージャーをだましてプロタクション専務に成り上がった妹の元カレと
兄のマネージャーが一生懸命尽くしていた女優が組んで
色々と妨害をするのだな…
それが実は生き別れた兄弟だと知って、元カレはスター希望の弟に
「彼女と別れる」とか兄弟愛を武器に迫る
だが、兄よりも彼女との愛を選んだのだな

”実は兄弟だった”とかもう色々ありきたり…

が、何故見ていた?と聞かれると理由はただ一つ
主役の妹役の「チョン・ドヨン」が魅力的だったから

「スキャンダル」でヨン様の相手役だったと言えば分かると思う

韓国では「演技派女優」って評判が高いがホントにそう思った
顔の表情やしくざ、感情の出し方…などと見ていて良かった


チョン・ドヨンが出ていなければ途中で見るのを止めてただろう…

日本でいえば…仲間由紀恵exclamation&question

今度、イ・ピョンホンと共演した「我が心のオルガン」を見てみたいなぁ〜
posted by ピヨ at 22:46| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国ドラマね、チョンドヨンはプラハの恋のドラマに出ていて、見たいなと思うができません。古くなってから見られるのか待ちとおい!演技うまいっすね!チ・ジニも演技力がいいですよ。東京ではサンドウ学校行こうのが放送中です。
Posted by ムーン at 2005年12月10日 23:17
こちらも「威風堂々な彼女」が終わったばかりです。ベドゥナが主役だったよ
最初は”なんてこんなのが主役?”と思って見てたら演技上手いし自然だし
面白く見てました(笑)
ちなみにベドゥナをいじめる血の繋がらない姉を演じるのが「ロマンス」でキム・ジェウォンの姉を演じたキム・ユミだったよ
綺麗なんだけど華が無いなぁ…(役柄のせいかな?)お母さん役がまたあのキム・ヘスクだったよ〜何かロマンスを思い出したよ
日本で言えば田畑智子に似てるなぁ〜
チ・ジニ…って誰?何に出てたかな?
Posted by ピヨ at 2005年12月12日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。