2006年03月09日

「ラブレター」

こないだ風邪をひいて寝込んだ時に
録画して溜まったビデオを見ていた

その中に「ラブレター」が入っていた。
まあ例の如く、1話〜でなくバラバラに見たのだけど
(未だに5回目と13〜15回目?と最終回を見ていない…)
まあ最終回の分だけ見れればいいのだが、どこに入ってるのが分からないふらふら

内容的にはそんなに…
なにせ脚本を書いた方がオ・ウンスという方なのだが
「冬のソナタ」の脚本に「秋の童話」の原案を書いた方なんだそうだ
ストーリーが似通ってるんだよ…

親に捨てられた主役が、同じく孤独になった女性と仲良くなり
やがてお互いに好意を持つのだが
彼女が告白しようとする前に、彼が「僕は神父になる」
彼女は彼を諦めた
で、大学で彼はある男性と仲良くなるのだが、その男性の母は
自分を捨てた母だったのだ
しかも!その男性も彼女を好きになり三角関係…

彼女は重い心臓病を患い、彼は愛する彼女の為に神父になるのを諦める
が彼女はそれを良しとせずわざと気の無いそぶりをして冷たく突き放す

…冬のソナタと秋の童話を合わせて2で割ったようなもんだ

ワンパターンな内容だったが、一生懸命見ていたには訳がある

1 主役のチョ・ヒョンジェが素敵ハートたち(複数ハート)
いやあマジヨン様ファン辞めてそちらに変えようかと思うぐらいかっこ良かった〜

皆さんにも披露しよう
TB_A000004_131311_18cr5n.jpg

なんと!「スキャンダル」の映画にも出ていたそうだ
時代劇が似合わないんだ…(ヨン様も合わなかったけど)

2 ある男性の妹がろうあ者の設定になっていた
最初は”ん?”と思ったんすよ
妹が話す時は手話を使っていて、何故か周囲は読み取れる(そんなのあるかい!?)
ピヨが生まれた時から接してるうちの母さえも
ピヨの手話は完全に読み取れんっつーに!

手話が日本と似てるんだよね
手話だけ見ていても意味が読み取れる
妹が主役の彼に「私は読唇術が出来るから普通に喋っていても大丈夫よ」
…だからと言って、ずーっと読み取るのはキツイでしょうもん…
それともハングル語は読み取り易い言語なのか?

あのドラマを見た人が「ろうあ者は読唇術が上手いんだぁ」なあんて
誤解しちゃったらどうすんだよオイ!

まあ、チョ・ヒョンジェさんが目の保養となったし
(神父姿、サイコーでしたexclamation×2
韓国の手話もちょっと見れたので良かったかな?

あくまでもピヨ的には”面白くて最高!”とは言い切れないドラマですが…
韓国の手話に興味あったり
チョ・ヒョンジェさんのカッコ良さに癒されたい方はどうぞ鑑賞あれるんるん
posted by ピヨ at 23:53| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャではなく、チョヒョンジエと言うよ。オ・ウンスね、私、好きなんですよ。来年、ソン・スンホンか戻ってきたらそのドラマの原案はオ・ウンスだそうで見られたら見たい。ラブレターは初めから最後まで見たほうがいいんだけどね。私は最後まで見られたからよかったよ。
Posted by ムーン at 2006年03月10日 07:55
失礼失礼!
チョ・ヒョンジェね!ちゃんと書き換えたよ♪

ソン・スンホンはそんなに好きでもないんで…

今はバラバラですが「雪だるま」を見ています
キャストには興味ないが、内容的には面白いな
キム・レウォンが出てるんですが
実はピヨはキム・レウォンが大嫌いなんです…
ドラマも一長一短あるんだねぇ(ため息)
Posted by ピヨ at 2006年03月11日 20:38
あっ私も雪だるまみてる!3話が火曜日です。まぁキャストは好きではないけど、コンヒヨジンはコメンディ女優だから笑える。ピとドンコンと共演したサンドゥ学校もおもしろい。ピに似ていると言ってた伊東美咲の弟役だった人本当ににてるね。ソンスンホンは好きではないけどドラマの内容によって見ることも。
Posted by ムーン at 2006年03月11日 22:13
”雪だるま”は内容的には面白いですぞ

ピヨは取り合えず、ドラマは見てるけど
面白くなかったら止めちゃいますねぇ〜

日本のドラマで
「功名が辻」結構面白いっすよ
上川隆也さんと仲間由紀恵ちゃん紛する山内一豊夫婦が素敵ですなぁ〜
昔の「利家とまつ」みたい♪
Posted by ピヨ at 2006年03月12日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14545143

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。