2007年09月12日

ろう世界のマルチタレント?!

いやあバタバタしておりましたたらーっ(汗)

実は、今まで所属していた部から別の部へ異動が正式に
決まりまして…
今、引継ぎ準備におおわらわです
10月から新しい部で仕事ですあせあせ(飛び散る汗)

何せ今年の夏は忙しかったんで、仕事溜め込んでる…(苦笑)
思い起こせば18年目も働いていたからなぁ


かなり忙しく残業多く休み取りにくかったけど
とても居心地良い職場だったなわーい(嬉しい顔)

異動が正式発表された後、周囲の同僚の皆さんには
寝言に水だったらしく(勿論同じ仕事の人は知ってたけどね)
「もう寂しくなる!」とか「向こうに行っても会いに行くよ」
なんて寂しがったり残念がってくれてます
「送別会やるからね!」「いえ、辞める訳でなく向こうの事務所に
替わるだけなんですが…」「今までより会う機会が減るでしょ!」

って事で毎週のように各位が送別会を設けてくれましたふらふら
メタボ(もう手遅れ?)がコワイんですが
そんな周囲の気持ちが有難いです黒ハート有難うねるんるん


週末は宮崎へ行っておりました

「第56回 全九州ろうあ者大会」に参加しておりましたのだ〜

分科会はもちろん「青年研修会」

まあ参加申込書のみFAXで来たんで
詳細が分からなかったのもあるけど…
以前、ブロック委員や連盟青年部組織部長を務めた経験から
各行事には、各県青年部からの参加人数ノルマってのがあるってのを
痛いほど知っているんで
少しでも達成に協力しようと思ってわーい(嬉しい顔)

今回のメインは
NHK手話ニュースキャスターのナス様ですぴかぴか(新しい)
俳優として有名で何回か映画や芝居で拝見していたんだよね

だから”俳優!”ってイメージが強くて
テーマ「ろう史を知ろう!学ぼう!」を見て
”ろう史?”って正直ビックリしたのだ(ナス様すいません)

いざ始まってみたら
造詣の深さに、やはり芝居をやっておられるだけあって
表現力の豊かさとユーモアに引き込まれて
もうナスさまが繰り広げるろう史の世界を
思う存分堪能させて頂きましたとさ〜ぴかぴか(新しい)

江戸時代に絞ってお話を伺わせて頂いた

やはり歴史に名を残すろうあ者って
中途失聴者が多いな

松尾芭蕉さんの弟子だった方で金銭の援助をした方とか
吉田松陰と文通をして彼の考え方を変えた方とか
吉田松陰の実の弟さんがろうあ者ってのは有名な話だけど
おそらく日本で一番最初に…ってのはなるほど〜って感嘆したな

吉田松陰は”松下村塾”といって、沢山の将来の大物を
育て上げた方で有名だ
その先生の弟がろうあ者でいつも接していたのだから
自然とろうあ者に対する理解や考えが深まっていったのかな?

日本で初めて盲聾唖学院を設立したのは
吉田松陰の教え子だ
日本初の総理大臣となった伊藤博文さんも
ろうあ者との接触が何度かあっただろうという話だ

ピヨが以前聞いた話では
吉田松陰がベルーの船にて密出国しようとした時に
船員さんに見つかった時に
ボディランゲージでかなり意思疎通が出来たそうなのだ
弟さんとの会話で磨かれていたのかな?

こういった話を聞く限り
吉田松陰やその弟の家族のとても仲が良くて
お互いに支えあっていたような印象を受けるねハートたち(複数ハート)

教科書に載っていないようなウラ話をどっさり披露して頂いて
トリビアならず”デフビア”の泉だったわーい(嬉しい顔)

ろう史に造詣の深いナス様
でも他にも手話研究会(だったかな?)の研究員だけあって
間違った手話表現をした某ブロック委員に厳しいダメ出し!を
されておられてた

俳優に手話にろう史研究にと…多彩だ
「広く浅く…でね」と笑っておられてたけど

これぞ、ろう世界のマルチタレントexclamation&question
かなぁと改めて尊敬っすぴかぴか(新しい)

いつか機会があったら江戸時代以前のろう者の話も
聞かせて下さいましぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 22:54| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

2倍頑張った甲斐があったよ〜

大型台風4号があちこちで被害を撒き散らして
去った後
新潟・長野にて震度6強の地震…もうやだ〜(悲しい顔)

ニュースを見ていても、たんだん被害状況がひどくなって来るし…
身の安全や情報保障は大丈夫かな?
ただでさえ蒸し暑い時期だ
体調を崩される事がないように早く日常の生活に戻れたらいいね


久々に休み!となったら気が抜けて
ほぼ寝てたりのんびり家事したり〜とホント休養してました
ピヨ、ホントはぐーたら人間なんだよねあせあせ(飛び散る汗)
でもやらなきゃいけない事などあったらきちんとやる!
さっさと終わらして自分の好きな事をするんだね
…だからストレス溜まらないんだと思うなぁ〜

九青研での二日目は特別企画だった
大分県青年部の皆さんが考えたゲームをグルーブに分かれて
競争するのだ

見事青年部の3本の柱の一つ「仲間作り」を生かしてるるんるん

グルーブ名は大分県の特産物から名付けてた
ピヨは「城下カレイ」
おーっ!佐賀関の城下カレイが身が引き締まってまいう〜なんだよね

「かぼす」「ザビエル」「みかん」などなど…
ピヨが「ザビエル」と名付けた鹿児島の方が居るのだが
彼は「ザビエル」以外のグルーブだったにも関わらず
あちらこちらから「君はザビエルだろーっ」って
突っ込まれてた(大爆笑)
すっかり普及しちゃったねわーい(嬉しい顔)

「9人ずつで競争してもらいまーす」
ん?ちょっと待てよ?ピヨんとこは5人しか居ない…
「あのー5人しか居ないんですが…」
「人が足りないところは同じ人が2回3回繰り返して9人やったのと
同じようにして下さ〜い」
…マジ?

えー!頑張りましたぞ!走ったよ!動いたよ!
でもそれが良かったかも知れない
2回やるから要領が掴めてきて早く出来る様になるんだよね

休憩中に「化粧取れてるよ」なんて指摘されてしまうぐらい
汗たくだくで息も絶え絶えだったのだあせあせ(飛び散る汗)

クイズ部門は「大分県の地名の手話をあてよう!」
地方独特の手話を見て地名をあてるのだ

大分県の参加者が「うーん?」と分からない問題も
「皆、分からないよね…ピヨに運命をゆだねてみる?
もし間違えたら責任取って全員にジュースをおごる!」

…結果は
ピヨッシー、全問正解ぴかぴか(新しい)
ちなみに誤解を与えたらいけないから断っておくが
ピヨとヨッシーは別のグルーブだ


これというのも、今は亡き元・九聴連事務局長さんのお陰だぴかぴか(新しい)
話の中にいつも大分県の独特な手話表現を教えてくれたので
いつしか覚えていったのだ

「Aさん!どうも有難うございます!あなたのお陰で全問正解ですぴかぴか(新しい)
ちゃんと天に向かって感謝を述べた
そして
かほるんちゃん(なほるんちゃんの姉だね)に
「今度、Aさんのお墓参りをする機会があったら、ピヨが
とっても感謝していたと伝えてね」と頼んでおいた〜ぴかぴか(新しい)

化粧が落ちてほぼスッピンになるぐらい2倍頑張った甲斐があって
「城下かれい」が見事優勝exclamation×2

ゆずかぼすドリングが疲れた体に最高だったるんるん
賞品の蕎麦饅頭も美味しかったよ
(ヨッシーにもおすそ分けして仲良く食べちゃったわーい(嬉しい顔)

大分県青年部の皆さん、再建したばかりの大きな行事で
大変だっただろう
本当にお疲れ様でした黒ハート

全員お揃いのTシャツが素敵だった

200707081940000.jpg200707081940001.jpg

写真は黒だが、実行委員の皆さんは薄いピンクで可愛かった
購入する際に「ピンク色がいいな」と言ったんだが
「実行委員限定なので…」
ホント皆仲が良かったよ〜わーい(嬉しい顔)

楽しくて充実した九青研でしたわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 20:58| 福岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

ろうビアの泉!byミゾめぐちゃん

九青研は、記念講演、分科会、そして地元青年部による特別企画と
内容が充実してるるんるん

今年の分科会は
・入門コース(青年部に入って2〜3年の方対象)
・ベテランコース( 〃   4年以上の方対象)

…本来ならピヨは間違いなくベテランコースなんだけど…
うーん役員降りてるからねぇ〜どうするかな


んで、県青年部長のオカマ部長に聞いてみた
「入門コースを受けたいと思うが、私の立場では無理でしょうか?」
回答
「どちらでも好きな方を選んで下さい」


だってよ〜なら遠慮なくるんるん
「ピヨがなんて入門コースなんexclamation&question」と不思議がる方が多かった
ようだが、苦情はオカマ部長へどうぞるんるん

入門コースの司会はめぐちゃん
講師が皆さんご存知!のミゾちゃん
何か2人が持つほのぼの〜とした雰囲気が癒しになるねぴかぴか(新しい)

ミゾちゃんが出す数々のろう歴史問題に
「知ってるもーん♪」とか「えっ!そーだったの!」とか
あいまいに知っていることもあったけど
改めて詳細を知る事が出来て良かったハートたち(複数ハート)

大分を初め、九州ブロックでは誇りに思うべき歴史があったのだ!
日本ろうあ連盟三代目理事長は、大分県の土屋準一氏であった
九聴連でも昭和23年から60年と8期もの理事長として
活躍されていたのだ

ピヨはお会いした事は無いけども
きっと人望溢れる実行力のあるお方だったんだろうなぁ
(今度、連盟機関紙部長さんにお話を伺おうっと)

でもミゾちゃんズルイぞっ!
事前にこれだけ歴史を勉強して講演の為に備えて来てるんだもん
ミニテストでの成績トップなのは当然だよぉあせあせ(飛び散る汗)


でも準備に講演に大変だったもんね
お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

ミニテスト…ピヨはスポーツ関連が苦手で…
日聴紙は長年購読しているが
スポーツ記事は”右から左へ〜るんるんと流してたもんで…
ホリエモンちゃんの旦那がデフリンピックで活躍した時の記事は
しっかり読んだけど〜(苦笑)
でも引っ掛け問題はほとんど合ってたよるんるん

あ!でもあれは惜しかった!「全通研の正式名称は?」
→”全国手話問題研究討論会”と答えてしまった!

あー!この”討論”を入れなきゃ良かった!
夏と冬の集会の略と何故か勘違いしてしまってたぁ(痛恨の一撃)

えはちんやあおきちゃん、オモちゃんらに怒られるぅ〜もうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに”青年部の3本の柱”は
ぱっちり正解るんるん
と言うが…これを間違えたらメッチャ恥なんだよね…(苦笑)

最後に「相撲やスポーツが好きな方は?」
ピヨはスポーツはあまり見ないけど相撲は結構好きるんるん
個人競技ですぐ勝負が終わる所がイイぴかぴか(新しい)
(柔道も好きよ〜でもプロレスは嫌い)

「今からおまけの”ろうビアの泉”を出します
凄いと思ったら是非”満へぇ”をお願いしますねわーい(嬉しい顔)

相撲関連…あ、日聴紙で、親がろうあ者の鹿児島出身の力士の
事が載ってたんだよね
それなら知ってるもーんわーい(嬉しい顔)

が、さすがはミゾちゃん!
「あるモンゴル出身力士の兄が、モンゴルろうあ青年部長だった」

うっそー!マジexclamation&question

詳細は後日、日聴紙やらで取り上げられると思うので内緒ぴかぴか(新しい)
いやあホント驚いた〜目

「さあ!何へぇ!?」
「勿論”満へぇ!」全員一致で大喝采ぴかぴか(新しい)

一応ペテラン?のピヨにも充分満足した入門講座でございました
ミゾちゃんめぐちゃんお疲れ様!

グッジョブぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 22:55| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

「目で聴くテレビ」を応援しよう!

今日はいきなりの大雨で驚いた…
実は現場へ所用があって行って事務所へ戻って
「あー暑かった」…その1分後に
滝のような雨exclamation&question
あー危なかったよ…(傘持ってなかったんだよぉ〜)
周囲も「ピヨちゃん運が良過ぎ!」と驚きですへへ

さてさて第37回九青研の記念講演は
「メディアとろうあ運動との関わり」

講師は第14期中央委員会監事を務めている大阪のカメラマンくんだ
NPO法人 CS障害者放送統一機構事務局員として
働いているのだ

「目で聴くテレビ」のディレクターであるるんるん

目で聴くテレビって?

手話と字幕が中心の「目で聴くテレビ」は
聴覚に障害のある方のための放送局であるのだ

1995年の阪神淡路大震災の教訓をふまえ、
全日本ろうあ連盟や全日本難聴者中途失聴者団体連合会などが
中心となり、1998年からCS放送をスタート


阪神大震災の時は被災者は皆大変だったと思うが
聴覚障害者もそうだった

テレビを見ても臨時ニュースで音声だけで状況がさっぱり…
ラジオは聞こえない
避難所へ行っても放送が分からずに配給にて遅れを取ったり
トイレを我慢したり…などの
情報が無い為に大変な思いをしておられてたのだ

手話ニュースがあったのだが、臨時ニュースが優先されるので
聴覚障害者に対しての充分な情報保障が無かったのだ

だから災害時に緊急に対応出来る放送を!と
きっかけになったんだよね


聴覚障害者自身がキャスターやカメラマンとして番組制作に参加
ニュースや地域の話題からスポーツ、手話学習まで
手話と字幕をつけてさまざまな情報をお届けしている


カメラマンくんがバイトとして入った時に大変驚いたのが
聴覚障害者の為の放送局であるのに、ディレクターなどの
製作者側には肝心のろうあ者が一人も居なかった事だ

それじゃおかしいのでは?
と仕事に就くきっかけになったそう

実はピヨ、アイドラコンUを持ってるのだ

200707102118000.jpg

最初は「目で聴くテレビ」見てたんだよ
友人のemiyuたんや破壊女王様がキャスターとして出てたしるんるん
が、福岡県西方沖地震が起こった際に受信が出来なくなってしまった

なかなか直す機会がなくて…デジタルTVに買い換えた時に
業者の方に接続をお願いしたが、複雑過ぎて不可能だった

でもね!
第13期と第14期中央委員の合同委員会の時に
初めてカメラマンくんとお会いして
色々と話を聞いたんだよね〜

苦労話やウラ話を伺って、とっても大事でいつまでも
続けていかなきゃならない事業だと実感した

受信出来なくて見れないけど!でもちゃんと
”頑張って!”と応援の気持ちを込めて受信料はちゃんと
払ってるのだぴかぴか(新しい)
(以前、某委員が「目で聴くテレビ」は見てないし
強制でないから払わない!と言ってたが…
今思えば、その場で説教すべきだったな…)


財政的に苦しいし、職員一人一人に対する労働量もハンバじゃないが
でも
「聴覚障害者の聴覚障害者による聴覚障害者の為のCS放送」
いつまでも存続させたい!と頑張っておられてるぴかぴか(新しい)

ピヨも早く受信出来る様にしてもらって
改めて「目で聴くテレビ」を堪能したいぴかぴか(新しい)


カメラマンくんの近畿そのもの!の手話を見ていると
うっちーやヤスを懐かしく思い出したなぁ〜
何か中央委員会で話し合った頃を思い出したよわーい(嬉しい顔)

「女性に多い”子供が生まれたら活動は出来ない”って状況は
おかしい!
何故女性だけなのか?子供は男性にも関わる筈だ
子供が生まれても家庭があっても活動を出来るような環境作りを
するべきだ」
ヨッシー、力強く同感!してたぴかぴか(新しい)

カメラマンくんのお母様も元・中央委員で今でも活躍なさってある
(香川で一緒に飲んだんだよねぇわーい(嬉しい顔)
明るくて気さくで楽しい方でした〜)

赤ちゃんであるカメラマンくんを抱っこして会議に参加してたそうだ
今は色々うるさくなってるけど…
でも助け合いって大切よねわーい(嬉しい顔)

とっても有意義な講演でした
さすが!学生懇談会にて会長を務め上げただけの事はありますな〜
脱帽でするんるん

これからの活躍を期待しておりまする〜ぴかぴか(新しい)

機会があったら「目で聴くテレビ」を見てみて!
カメラマンくんの血と汗と涙の結晶が見れるよぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 22:10| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

豊の国でホントに最後の九青研参加♪

大雨で大変だった九州です

でもそんな天候に負けないぐらい、豊の国は燃えてたぞハートたち(複数ハート)

「第37回 九州ろうあ青年研究討論会」
〜現実(いま)の自分から理想(みらい)の自分へ
何かが待っている 湯けむりの街へ〜


200707071308000.jpg

ピヨは実は今年で青年部を卒業したのだよ
役員をやらない限り会員資格は無くなるんだよね

だからホントは2年ぶりに、しかも再建したばかりの大分県青年部が
頑張って九青研の準備を進めている
とーっても気にはかかっていたけど…
これでも元・中央委員組織部長してたんだもの
規則は守って見本!とならなきゃあかん…と思って諦めていた

ある日ヨッシーからテレビphone to
「ピヨ!一緒に大分へ行こう」
「九青研?でも私には参加資格無いよ…それはよく知ってるやん」
「行きたくないの?」
「いや、本心はとっても行きたい!
大分県青年部の奮闘振りも、大阪のカメラマンくんの講演も見たい!
でも…いかんせん年齢がもうやだ〜(悲しい顔)
「大丈夫!ピヨは11月が誕生日だよね?九青研は7月だから
きりぎりセーフだよ!」
そーなのか…
あ、でも地元の福聴連青年部がどう言うか…

現・福聴連青年部のみきんみきんへ聞いてみた
「大丈夫!立派に参加資格あるよ」はい?
「ピヨは顧問という肩書きがあるからるんるん
本人知らぬ間にいつの間にexclamation&question
どーも役員引退の折に「これからも力になってね」に
快く了解した=顧問を承諾したという事らしい(苦笑)

県青年部長の許可はすぐに下りた
んで、申し込んだんだよね

香川にて大分県青年部の皆さんに挨拶をしておいた
「恥ずかしながら厚かましくも参加する事になりまして…」
「ピヨさん!是非!大歓迎ですわーい(嬉しい顔)
皆優しいのね〜ホント有難うキスマーク

役員活動の評価は役員降りた後に分かるね
もしピヨが仕事しなかったり約束や期限を守らなかったり
怠けてたりしてたら
ここまで周囲が熱心に誘ったり歓迎してくれたりしなかった筈
改めて自分を褒めようわーい(嬉しい顔)
(褒め過ぎや!とのツッコミはこの際無視〜苦笑)

大雨の中の開催だったけど
盛り上がりの二日間だったのだよぴかぴか(新しい)
ピヨにとっては最後の九青研だったけど
ホントに締めくくりに相応しいものだったぴかぴか(新しい)
楽しかったわーい(嬉しい顔)

さてさてこれからは九青研in豊の国バージョンだよんるんるん
乞うご期待あれ黒ハート
posted by ピヨ at 22:47| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

失言・辞任続きについて思ったのは…

ある大臣が「長崎・広島に原爆が落ちたのはしょうがなかった」
発言し、大問題となった
また別の大臣も「女性は産む機械」
と発言してこれまた問題になったばかりだというのに…

安部首相の責任も問われているようだ

新聞やテレビなど見て感じたのは
言った当の大臣は「”しょうがない”は口癖だ」とか
なんてこんな大問題になったのか?が
いまいち把握していないようだ
でもこの発言を受けた
長崎、広島の原爆被害者及び関係者や一般の方々は
大変怒りを感じて抗議している

そりゃそうだ
当時の悲惨な状況、沢山の犠牲者に
そして今もなお後遺症に苦しむ方々…
それを「しょうがない」で結論出されちゃたまらないむかっ(怒り)

これに限らず、”言葉”ってのは怖い
言った側は大して問題と思って無くても言われた側は
深い傷や怒りを抱く事が数多くあるのだ
で、いくら謝ってもらっても撤回されてもそう簡単には許せないって
いう心境なのだ

”覆水盆に還らず”

ついつい昔を思い出した
(もう時効になるからいいかなぁ)

九青研in福岡の実行委員をやっていた時に
ある実行委員から
「あなたが大嫌いです。もう一緒に活動したくない」と
わざわざphone toが来たのだ

個人の好悪は別に自由だから構わない
だけど公の場や立場にてこういう事を言われる筋合いはない
嫌いな人でも助け合っていかないといけないんでないの?

別に考えてみれば、そんな言われてまで役員や実行委員続ける
意味ないし、肩書きなんて要らないし
それにその実行委員は以前から問題発言が多かった

こんな事を平気でやるとどう報いが来るか?
本気で痛い目に合わせてみせましょうひらめき

まず本人と当時の部長に
「かくかくこうだから、3月一杯で辞任します」と通知した
部長からは留意の連絡が来たが
「こういったメールをもらった以上とても活動は続けたくない」
と固辞した

本人からはお詫びのメールがやったら来たが無視!

但し、周囲の役員や実行委員会には罪は無い
一緒に活動して九青研を成功させようと頑張って来たところを
残念だけど…
でも最低限迷惑がかからないように
自分が担当していた業務や手配はきちんとやっておいた
会議の為の資料もきちんと作って実行委員長の元へ送ったぐらいだ
引継ぎの準備やマニュアルもちゃんと作って
今度の評議員会にて降りるつもりだったのだ

…結果
暴言吐いた実行委員は、周囲からもの凄く雷を落とされ
めちゃくちゃ辛い目に合ったそうだ(当然の報いや)
評議員会の場にて何度もお詫びをされ、
今後はもう絶対暴言吐きません!キレません!と固く約束されたし
周囲からは留意されて
まあ残る事になったのだ〜

そこでポイント
”やるべき事はきちんとやった上で!”だね

何もしていないのに口だけで、文句ぷーたれる奴の意見なんか
誰が聞く?相手にもされないよ

きちんと業務をこなしてやるべき事をやった上での
意見や指摘は皆、聞かざるを得ないのだよわーい(嬉しい顔)


ピヨも組織部長や財政部長をやっていた時は
常に心がけていた

・問い合わせには迅速に
・締め切りはきちんと守る
・意見や苦情は素直に受け止めて対応

だから各ブロックや都道府県青年部へ遠慮なくビシバシと
「締め切り過ぎてます!早く提出するように」と催促出来たのだ
同じ役員同士でも締め切り守らない人には
「ふーん…まだなんだぁ〜ピヨは一週間前には出したよねぇ〜」と
遠回しの嫌味ぴかぴか(新しい)

拗ねて甘えてわがままをるんるんなんて
こりゃラブラブ恋人同士の間だけ
役員同士ならば、筋を通した対応をしましょぴかぴか(新しい)

他にも暴言言われたで〜
懸命に行事成功の為に頑張った結果遅れて飲み会に参加したら
(もちろん先に会費は払っておいた)
ある役員に「もう一杯だから帰れ!」と言われたよ
それってどうよ?
後日役員会の場にて指摘したら
「そんな事言った覚えありません」だったよ…
周囲もピヨとその人が仲が悪い事を知ってたから
言いかがりで濡れ衣だと疑われたようだちっ(怒った顔)
でも!幸い見ていた証人が沢山居て
「確かに言ってた」と証言してくれたのだ〜

正式に抗議文書を出すところまで行ったが
何度もお詫びされた上で
「二度とこういった事があったら辞任します」
まあそこで収めたけど
正直、いまだに心のどこかでは許せない気持ちがあるのだ

だから
怒りに燃えて許せない!という君の気持ちはよく分かる
だけど…だからこそ筋の通った行動で対応しなされよ
るんるん
君には君を心配している仲間が沢山居る事を忘れないでね!
posted by ピヨ at 22:04| 福岡 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

共に過ごした青春の日々♪

香川での夜は個人的に飲み会を設けた

あちこちから「飲みに行こう!」とお誘いが相続き
せっかくだから皆で一緒に楽しもうわーい(嬉しい顔)
るるぷ見て目星を付けてたりしてたけど〜

青年のつどいにて「飲み会あります」と呼びかけ
正直ちょっと心が揺れた
でも定員が50名だし見てみたらもうギリギリ…
こちら多人数で行ったら迷惑かかるしね

ライオン通り近くの「味の樹」

200706021859000.jpg

瀬戸内海の新鮮な魚を使ったちょっと高級ぴかぴか(新しい)な居酒屋さん
でもゆりよしちゃんの機転で予算内で飲んで食べて満足したぴかぴか(新しい)
(いつも有難うです)

200706021909000.jpg

どう?美味そうでしょハートたち(複数ハート)

ビックリしたのは偶然、お隣の座敷が熊本県からの参加者軍団だった
九聴連理事長を初め熊本県を代表する活動者揃い!
ご挨拶だけしてすぐ失礼したあせあせ(飛び散る汗)

この店って味も良いしお店の方の対応もとっても良いし
雰囲気も素敵ぴかぴか(新しい)

だけどだけど…遠方から来る旅行者にとっては分かりづらい場所に
あるのだよ

遅れてくる参加者には一応phone toで詳細を教えてたんだけど
「どこ〜?今ライオン通りだけど」なあんて
ヘルプ!コールが続いた…たらーっ(汗)

連盟機関紙部長さん一同ったら、最初の三越のライオン像前で
待っていたら良かったのに
あちこち動き回るから捕まえるのに大変だったんだよぉ〜ふらふら

三越ライオン前に行くと「ライオン通りに居る」
ライオン通りに行くと「三越のライオン前に居る」
おい!もう動くな!大人しくそこでお縄を頂戴しろ!(苦笑)

次はソン様
ライオン通りがちょっと分かりづらかったそうだ
広場にて無事確保した

ラストはtommyちゃん
隣の脇道の川六ホテルのそばで確保した

もうちょっと分かりやすい場所にある店にすべきだったな…
反省たらーっ(汗)


人数が多かったから個室にテーブルが二つ用意してあったのね
何故かexclamation&question
右手の方に若いピチピチ女性軍団&tommyちゃん
(きっと心の中で羨ましがった男性多数だと思うぞ〜笑)

左手の方は全員が元・連盟青年部の元・中央委員…
ある意味凄いよね

「君は何期の中央委員で役職は何やった?」
「あ、私は第13期で組織部長です」
「こいつとはね、第3期中央委員会で一緒だったんだよぉ」
なあんて会話がごく当たり前のように交わされてました…

「昔はね、青年の家でアルコール禁止だったんだよ
いやあ朝からの体操は辛かったねぇ
その点、君らはホテルとかで待遇がいいだろ?」
「いえ!とんでもない!中央委員になって最初の会議にて
真冬にもかかわらず水風呂に入らざるを得ない事態に合いました!」
なあんてお互いに中央委員だった当時の苦労話を
楽しく披露しちゃいましたわーい(嬉しい顔)

話してて改めてなるほど〜と思ったのは
いつの時代も”困った”問題児の役員ってのは居たんだねぇ
そりゃそーだあせあせ(飛び散る汗)

だからこそ共に最後まで力を合わせて頑張って来た
仲間達は、年を取ってもかけがえの無い存在になるんだろうね


年を重ねても、再会したらあの頃に戻れて盛り上がるんだねぴかぴか(新しい)

ピヨも今になって思えば貴重な経験に大切な物を
得る事が出来たなわーい(嬉しい顔)


まあ中央委員にはおいそれと簡単にはなれないし
地元やブロックでの色々な業務を兼務しなきゃいけないし
なったらなったで責任は重大だし…

大変だけどそれだけの価値はあるよ〜うん!

笑顔で思い出話に盛り上がる往年の中央委員達を見て
そう感じた夜でしたぴかぴか(新しい)

青春時代が夢なんて 後からほのぼの思うもの
青春時代の真ん中は 道に迷っているばかり


…そういうものなのだわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 22:54| 福岡 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

ガンバレ!近江に土佐の青年部♪

全国ろうあ者大会と言えば、グッズ販売や書籍販売も名物だね
年を重ねて顔見知りが増えて来るとあちこちで買わされる〜(苦笑)

まあそれはさておき
中央委員会の書籍売り場へ顔を出した
すると
「クリアファイル買いませんか?」
はい?

200706062153000.jpg

クリアファイルねぇ…沢山持ってるし…どうするべ〜
「あのね、このイラストの中にお化けが居るんですよ!」
えっ!マジexclamation&question

200706062153001.jpg

この中に?一生懸命探してみた
「こんなに熱心に見ないで、全体を見る感じで」
ん?なんだろうなぁ??
「実は僕達、高知県青年部です。高知と言えば土佐
土佐といえば、かの坂本竜馬で有名ですよね?→これヒントですよ」

あーなーるほど!コレね!
(え?分からない?教えな〜い!わーい(嬉しい顔)

聞けば、来年の全青研は高知県で開かれるのだ
今年の滋賀県と同様に行政からの助成金がカットされているので
資金繰りに苦心している

で、クリアファイル販売にて資金を作っているのだって

高知県・香川県などを有する四国ブロックは
昔、中央委員会組織部長の時の悩みの一つであった

なにせ青年部が次々と衰退、休部しているし
連絡をしても通じないわ返事が来ないわ…調査に大変だったのだ
もっと時間と能力があれば
四国ブロックへ直に行って調査や促進活動をしたかったところだ
(今、現・中央委員会組織部長が頑張ってやってくれてるよ♪)

その四国ブロックの中の高知県青年部が一生懸命頑張って
全青研成功に向けて頑張っている姿を見て本当に嬉しかったのだぴかぴか(新しい)

よし!買いましょう!


買うのを決めたのはいいが…
「ねえ、色はこの3色だけ?オレンジとかピンクとかあればいいのに…」
「とんでもない!この3色に決めたのは理由があるのです!
いいですか?

この青色は高知県が誇る海の色
緑色は高知県の自然豊かな山の色
そしてこの白みがかった色は高知県の晴れ渡る空をイメージしてるのです!
なるほど〜参りましたぴかぴか(新しい)

笑点だったら座布団10枚あげちゃうぞっぴかぴか(新しい)

「上手いねぇ〜この頭の回転の早さと言い
明らかにこじつけなのに妙に説得力がある話術には負けたよぉ
なかなかの二枚目だし〜ホストやっても成功するんじゃないかな?」
すると横で見ていた同じ高知県青年部の女性が
「その口の達者さに釣られて結婚しちゃったのがこの私です(笑)」
さすが!あっぱれなりよっexclamation×2

ホント心の底から感心してしまったので
あちこちから友人知人を引っ張り出して
クリアファイルを買わせました〜(苦笑)

今年の全青活は、高知県で開催される
その時にも販売されるそうなので、是非お買い求めを〜るんるん

(1セット3枚500円だったよ)

今年の開催地である滋賀県も頑張っていた

昨年の宮崎での全青研の時は素敵なクリアファイルを販売していたが
そのデザインをモチーフとしたメモ帳も新たに発売るんるん

200706062158000.jpg

なかなかシックでオシャレぴかぴか(新しい)
メモレターにして活用するのもイイねるんるん
(1セット300円だったかな?)

こちらも発売中です。おススメよぴかぴか(新しい)

今年の滋賀県、来年の高知県両方と共に
全青研の成功を陰ながら祈っておりまする〜

ファイトなりよ!
posted by ピヨ at 22:42| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

日聴紙記者1日体験♪

青年のつどいへの受付を済ませてのんびりしてる時に
ミゾちゃんから”日聴紙”?とか書いてある青い腕章を渡される

「何コレ?」
「以前、日聴紙の記者体験をしてみたいって言ってたろ?
約束したよね?」
「…え?」
あの時は、参加者の半分が日聴紙の記者体験で、また半分が
「目で聴くテレビ」のキャスター体験をやると思ってたのだ
だからテレビに映るよりは新聞を書いた方がマシだということで〜

でも実際は参加者の中から4名しか選出しないらしい
なら…わざわざやらなくてもいいよね〜
断ろうと思った。でも…
「断る?どうしてもイヤ?」
うっミゾちゃんずるいよっ!目ウルウル攻撃されちゃ
引き受けざるを得なくなっちゃうじゃないっexclamation


ミゾちゃんの頼みには相変わらず弱いピヨであった…
まあ、いつもお腹をプヨプヨさせてもらってるから
それぐらいいっか〜グッド(上向き矢印)

「青年部記者集まれ〜」ってうっちーに呼ばれたんで
行って来た
あらま〜宮崎のたっちゃんに沖縄のtommiyもやん!
後は東京の太ちゃんだ
「九州ばっかりだね…」
まあ頼んで回ってた担当者が九州のミゾちゃんだもんね〜(苦笑)

「色々な人にインタビューして記事をまとめて
分科会終了後に提出して欲しい
尚、やり方や進め方はもう各自に任せる
その記事は、明日の速報のB5ぐらいのスペースに
7月発行の日聴紙に掲載される事になる
カメラも貸すので、頑張って!」

4人で話し合った結果
太ちゃんとたっちゃん、ピヨとtommiyと二手に分かれて
取材する事にした


ピヨとtommiyは以前、九州ブロック委員仲間で
とっても気の合う友達でもあるるんるん
正にゴールデンコンビだねぴかぴか(新しい)

速報には、正午君など一部しか載ってなかったが
実際は割と沢山取材したのだよるんるん

ただ惜しむらむは
インタピューしながら書くとどうしても走り書きで
凄い乱筆になっちゃうのね
だからある程度まとめて書いておいて
後で綺麗に直してから提出する予定で居た

が…うっちーったら「今すぐ出せ!」
えーっそんなぁ〜悪徳代官みたいな無茶言わないでぇ〜ふらふら
「綺麗に書いてから出すからちょっと待ってよ」
「駄目!今すぐ!」
「だって読めるような字じゃないっ!凄いグチャグチャだから〜」
そこで、ゆみゆみちゃんが
「ちょっと見せて…うん大丈夫!充分!」
えー!そんな後生な…

何度抵抗しても受け付けてくれないので観念した…
でも本当にまとめて省略して書いてしまってるので

ここで改めて覚えてる範囲で書こう…
(でないと心残りだもん!)


1今年の全青研開催地の滋賀県の実行委員

準備の方はいかが?
→「今は会議をしながら進めています。もうすぐ開催が近づいて
いるので、会議数を増やして準備を頑張りたい
参加者の皆さんに”来て良かった!”と満足してもらえるような
企画や内容を頑張って計画中です。ご期待あれ」

お勧め!は何でしょ?
→「うーんとやはり琵琶湖の夜景ですね
ミシガン号から眺める夜景は本当に綺麗でロマンチックですよ!
デートに熱い恋が生まれる事間違いなしです〜」
へ〜デートに使った事あるんですか?
→「えーと(返答に困る)ノーコメント…」
そこでピヨがどんどん突っ込んでしまったのは言うまでもない(笑)

2世界ろう青年キャンプinスペインへ参加される
かしまし娘3人組


3人のニックネームは?
→「うぱぱです。理由?なんてかな?」
 「キエーッです」
 「えっあだ名?うーんと…黒べぇです」

とっても仲良さそうに見えますねるんるん
→「でも実は、私達初対面なんですよ
うぱぱとキエーッは同じ関東なので何度か会った事はあるけど
黒べぇちゃんとは今日初めて会いました」

嘘っ!雰囲気を見てるともう昔からの友達って感じですよ〜
→「これから3人でチャットやら色々と打ち合わせして準備して
実り多いキャンプにして行きたいと思います」
頑張ってね〜
帰国したらまた色々と話を聞かせて頂戴ねキスマーク
この燃える3人娘の為に、ピヨは1000円をカンパしている姿を
写真に撮って頂いたるんるん
皆さん、カンパ協力宜しくナリぴかぴか(新しい)

後は…速報に載ってるからいいかな〜

tommiyちゃんとは息ビッタリで”あ・うん”の呼吸で
スムーズに取材が出来た
お世話になってどうも有難うねキスマーク

終了間際に中央委員の皆さんの所へ行ったならば
道産子くんがピヨを見て
「…君、まだ青年部に居たの?もう卒業でしょ…」
同じ年やん!と思わずケリを入れちゃいました〜あせあせ(飛び散る汗)
青年のつどいは年齢制限が無いんだもん!
いいもんいいもん!そんな憎まれ口利いたら肩もんであげないもん!
(大爆笑)

元・組織部長としては、少しでも参加人数のノルマ達成に
協力しようと思って参加したのにぃ〜

でも現・中央委員の皆さんが頑張ってる姿を見れて良かったよるんるん

7月1日発行の日聴紙に
もし運が良ければ、ピヨとtommiyコンビと
たっちゃんと太ちゃんコンビの力作!記事が載るかも知れません
(どうしても見たい方は日聴紙記者のウメダスさんを
脅しておきましょう♪大爆笑)
→冗談だよ!ホントにやっちゃアカンよぉ〜

皆さんこの機会に是非日聴紙を読んでみてねキスマーク
posted by ピヨ at 22:03| 福岡 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

今年の”青年のつどい”は一味違った♪

ご無沙汰です

「第55回全国ろうあ者大会」に参加する為に
香川県の高松へ行っておりました新幹線

みきみきやゆりよしちゃんと一緒に
「青年のつどい」に参加してました〜わーい(嬉しい顔)

200706021352000.jpg

「え?青年部卒業したのに?」と呆れる事なかれ
全国ろうあ者大会の青年のつどいは年齢制限無いのよん
(全青活や全青研は無理だけどね)

会場に行って懐かしい全国各地の友人達と再会!
「お久しぶりね〜」って手話の花があちこちで咲くぴかぴか(新しい)

んで、めぐちゃんら鹿児島勢とtommiyちゃんらも一緒に
席に着く
へへへ〜”九州はひとつ”だからるんるん

まずは、中央委員長と組織部長の漫才?トークから始まった
面白いけどなんか微妙にスベってるよな…
(ぶっつけ本番でやったそうだ。それだったら上等だよ♪)

次は世界ろう子供キャンプinデンマークに参加した
正午くんがこの大舞台の前で1人で!立派にミニ講演をした
堂々として素敵だったよ黒ハート
成長したねぇ〜!(感涙)


続いて日聴紙について、連盟機関紙部長さんからお話が。
もっと沢山の方に購読してもらいたい!
と熱く語ってくれていた

次はCS障害者放送「目で聴くテレビ」が作成した
”APキャンプ中継!”を鑑賞した

キャンプ参加者のレッドリバーちゃん、実行委員のキエーッちゃん
イラクから参加された方3人を中心にキャンプの模様が映っていた

ピヨも後ろ姿だけちょっと出演るんるん
(多分注意深く見ないと分からないと思う…苦笑)

でもね、不思議に感じたんだよね
参加者や実行委員は他にも一杯居る
なんてこの3人ばかりプロモーションビデオの如く沢山出てるのかな?
レッドリバーちゃん本人も「?」だったそうだ

んで、たまたま終了後に「目で聴くテレビ」のカメラマンくんに
会ったんで
挨拶ついでに聞いてみた
「取材する側になると分かると思うけど
キャンプの始まりから終わりにかけて、もっとも変化の大きかった
人を選んで編集したんだよ
国際手話が出来なくて緊張して固くなっていたのが
たんだん慣れて来て積極的に取り組んでいく…その模様が
実際にその場に居ない人達にも分かり易く
キャンプの意義や成果を伝えられるから
勿論、当日は複数のカメラでこの3人だけでなく
他にもたくさん撮っていたんだよ」

なーるほど!理由を聞いて納得した
でも多分会場内にはピヨと同じ疑問を抱いた人も多かっただろうから
補足説明があればもっと良かったね〜

APキャンプ実行委員の皆さんの挨拶があって
後は
”2007青年検定”があった
受付時に抽選券をもらったのね
「プレセントがあるかもでするんるん」と言われたが
そういう事か…(苦笑)
(まあ確かに記念品というプレゼントはあったよ)

会場内から番号が当たった方3名ずつクイズに答えていく
青年部関連だけでなく一般常識や法律なども入っていて
常に社会勉強をしていないと分からないような内容もあった…

聞けば
「活動だけでなく世の中の事や法律や問題も幅広く学んで
知って視野を広めてもらいたいと思って作成した」

そうだから…
参加された皆さんも自分の勉強不足を痛感したみたいだったなぁあせあせ(飛び散る汗)

でも今年の全青研開催地の滋賀県からの参加者は
回答板にちゃんと「クリアファイル買ってね〜」とか
「全青研に参加してね〜」とPRを書いていた!
さすが実行委員の鏡ぴかぴか(新しい)
ピヨはあいにく年齢制限で参加出来ないが
せめてもの「参加しなされ〜」って周囲に呼びかけておこう♪

ピヨはたまたま検定の時は
連盟機関紙部長さんの隣に居て一緒に笑ったりして見ていたのね


…「目で聴くテレビ」の”全国ろうあ者大会生中継!”に
連盟機関紙部長さんとピヨが大爆笑している場面が
アップで映っていたそうだ…
変な顔してないよね?今度クローバーに行った時に見てみようたらーっ(汗)

後は7月に開催される”世界ろう青年キャンプinスペイン”へ
参加される
うぱぱちゃん、黒ベェちゃん、キェーッちゃんの挨拶と
カンパ依頼があった

勿論!ピヨは1000円寄付さして頂きましたぴかぴか(新しい)
(取材協力有難うね〜)

ぶっつけ本番でやった企画だって聞いたけど
参加者が色々体験出来る形でなかなか面白かったよぴかぴか(新しい)

若いんだからこういった形式の分科会があってもいいと思うぴかぴか(新しい)
厚かましくも参加して楽しませて頂いたよぉ


中央委員の皆さんを初め、実行委員や地元の皆さん
準備に設営にお疲れ様でしたるんるん
posted by ピヨ at 23:00| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

自画自賛してもいいよね?!笑

昨夜から色々ありまして…あせあせ(飛び散る汗)
みきみきから携帯電話
「ピヨの方が凄かったよ。試練があっても乗り越えて来たよね」

そうだよなぁ〜
思い起こせば、あれだけの活動をよくこなしたよなぁ〜
我ながら感心ぴかぴか(新しい)

(まあ上には上が居ますけどね)

皆さんの地域や身近なところでもよくある事だと思う
色々役職が出来ていっぱいいっぱいで
精神的に不安定になったり、もう嫌気がさしてしまったり
業務をこなせなくて周囲に迷惑をかけてしまったり…

たいだい一度は、ろうあ運動などの活動から離れたい!と
思った事はあるだろう


ピヨは、地域の関係で活動はしてなかった
でも、事情があってせざるを得ない状況になってしまったんだよね

幸い!といったらなんだけど
会計業務の経験はあったのね

役員業務の中でもかなり専門性が高いのは会計だと思う
地味なようだが、そこがしっかりしないと土台が崩れてしまうのだ

地元青年部では
広報をしてたんだよね。最初は何も分からなくてめちゃくちゃだった
見かねて当時の事務局長が色々教えてくれて何とか形になった
いろいろな広報を見て参考にして作成出来るようになったな

事務局は、連絡通知、会議準備に色々な手配が中心
コツコツやればそんなに苦ではなかったな

企画部もしてた
たいだい内容を考えて、行事に合わせて
手配や会計、呼びかけに実施をやれば良かった
うまーくやれば盛り上がってみんな笑顔るんるん
やりがいはあったな

県では、会計部に監事をやったね
自慢じゃないが、ピヨが会計を引き継いだ当時は
全部手書き!だったのだ…
さすがにツライ!ので、OAにてファイル化して
作業を簡易化したのだ
後は領収書整理に収支決算書作成だから
大分ラクになったんじゃないかな〜

しかし…このファイル化に関しては、著作権申請をすべきだったなぁ
後日、九州ブロック青年部の会計部になった時に引き継ぎしたのね
「…コレ、パクったなっちっ(怒った顔)!」
前・会計部長が同じ福岡県青年部所属だったのね
ピヨが1から作ったファイルを使ってた…

ヨッシーから「とてもいい物だから皆が重宝してるんだよ
誇りに思っていいよ!」と
慰めだが弁解だがよく分からないねぎらいを
してくれたなぁ(遠い目)

九州ブロックと中央委員会では、推薦役員が事情により辞任の為
途中交代だった


九州では会計部だった
いやあ、代議員会が沖縄であり交通費の捻出が非常に大変!だと
容易に想像出来たので
懸命にグッズ販売やら節約やら励んで、見事に黒字で乗り越えたのだ
ブロック委員の皆さんを初め、大勢の方々の協力あっての結果だ

中央委員会では組織部長だった
やった事も無い役職なのにいきなり部長?!
前の組織部長からは引継ぎなし
資料をもらってみれば…かなり昔のやつで…
”どうすりゃいいのん…”とさすがに途方にくれたなたらーっ(汗)

でも中央委員会の皆さんの協力の元に
スケジュールを立てて、3年分の業務を1年半でこなした
しかも!20年ぶりとなる「青年白書2006」を発行出来たぴかぴか(新しい)

スノーちゃん(隠れ組織部員)及び周囲の理解と協力と応援が
あったからねるんるん
それにしてもよく出来たなぁ〜

改めて自分で自分を褒めたいぞぴかぴか(新しい)

引継ぎが充分でないとか、教えてもらってないから分からないとか
いうのはちょっと甘えがあるのではないかなぁ?
引継ぎは確かに必要だし、分からない事は聞けばいいけど

基本的には自分で考えて、分からなければ前の資料を見て
参考にして業務を進める
そして自分なりに業務改革を進めていけばそれが一番いいのでは?
自分で考えて調べて動いてみて、それでも思うように行かなかったら
他の役員達とか周囲の皆に聞いたり相談したり力になって
もらったらいいと思うんだよね。

後、ピヨは「これをやり遂げたらやりたい事をやっていい」
ってルールを決めてやる気を起こしていた
でないといつまで経っても業務が終わらないから…
性格上、好きな事は後回しにした方が順調に進むもんでグッド(上向き矢印)

頭の切り替え、優先順位を決めておくってのも大切だよね
「逃げのピヨ」とよく言われたが
この頭の切り替えの早さが結果的には良かったと自負しているぴかぴか(新しい)

後、色々と悩んで不安定になるのは誰にでもあると思う
業務上の愚痴やら悩みやらはどんどん打ち明けてラクになればいいよ

でも、人を本気で傷付けるような言動や
人の考え方を一方的に否定するような事は
どんな精神状態であってもしない事だね
周囲を傷付けても、しょせん自分に跳ね返って来るだけだよ…

最後にどうしても限界!と思ったら
全てから離れて休養を取る事だねいい気分(温泉)
無理をし続けていても、自分も辛いし周囲もかえって迷惑だろうし…

とまあ
長々とこういう事を考えましたとさ…

賛否両方あるとは思うが、あくまでもピヨ個人の考えでありまする
(これが正しい!と言ってる訳じゃないよ)

でも青年部役員を任期満了して降りた後
振り返れば、あの経験が大いにピヨを成長させてくれたなと思う

「若い時の苦労は買ってでもせよ」
その通りやな〜ぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 22:47| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

次は20周年だね!

今日は福岡市西区にある田尻苑の
「創立15周年記念式典」にて、森本れおコンビが
コントをやるということでスタッフとして行って来た

実はお二人のコント、見た事ないのだよ
今年の成人講座は行けなかったし、西区でのぜんざい会も
残業の為、間に合わなかったもうやだ〜(悲しい顔)

ビデオ撮影を頼まれたので、喜んで引き受けたのだぴかぴか(新しい)

集合時間より早く着いたので
97歳のおばあさんと後輩にあたるおじいさんとお喋り
昔の福岡聾学校は天神の現・KBC放送局の所にあったのだ
戦争前の学校の様子をお話して下さった
(ヒロポンたんからのコメントで判明!
勘違いしておりました…RKBでなくKBCでした)


打ち合わせ〜
ビデオカメラを借りたのだが古い…三脚を借りたのだが壊した…
(幸い別の三脚を快く貸して下さったので事なきを得た)
本当にすいませんでした…

11時半より式典開始
ビデオテープは3時間録画出来るということなので
せっかくだから最初から撮影した

200704011152000.jpg200704011159000.jpg

施設長さんのお話
決して上手くはないけども相変わらず味のある手話表現だ

理事長さんの挨拶に乾杯ビール

楽しく食事をしている様子を見ていたら
やはり人それぞれ個性があるなぁ〜


面倒見の良いお方、一言文句を言わないと気がすまないお方
穏やかに話を聞いているお方…ホント色々だ
あるおばあさんが
「同室になって5年目だが一度もケンカした事がないのよ」と
自慢しておられてた
聞いた当初は、なんてそれが自慢になるのか分からなかったが
長い共同生活、トラブルは付き物だよなぁ〜なるほどひらめき

職員さんや寮母さんらの心を込めた応対に
入居者の皆さんのそれぞれの思いやりが必要不可欠だなぁぴかぴか(新しい)


昔、働いていた職員さん達の思い出話があった
皆さんそれぞれ思い出がたくさんあり
「この田尻苑で皆さんと出会い、色々な事を教えて頂きました
ここで働いた事はとても素敵な思い出です」と
異口同音のように感謝を述べていた

懸命にぎこちない手話を使って気持ちを伝える方に
最初から通訳に任せ切り…って方も居た
(長年手話を使ってないから…かも知れないが…)
言葉よりも態度が物を言うのは本当だなぁと実感したよ

施設長さんを初め職員さん達の手話表現は
沢山のろう高齢者の方々との触れ合いから自然に身についたもの
なので、癖は強いが味や感情がとても伝わるような感じだ
こういった手話表現も大切に残していきたいものだな

するとれおちゃんから至急呼び出し???
慌てて行ってみると
コントの中でゆりよしちゃんがちょい役で出る予定だったのだが
ちょいと体調不良で交代して欲しいと事
ビデオは固定出来るので緊急事態でもあるし説明を受けた
(ゆりよしちゃん、この貸しは高く付くからね〜ニヤリ)

加えて、5分ぐらい着替えの為に中断があるので
”前座”して欲しいと事
はいはい…ストレッチで場をしのごうっと
「はーい!皆さ〜ん肩こり予防しましょう!
職員さんもご一緒に!そーれ1、2、3…」と頑張りましたぞ〜


森本れおコンビによるコントは練習不足があったけど
好評のうちに終わったぴかぴか(新しい)
きんママが舞台衣装とか準備とかに頑張ってくれてた
”縁の下の力持ち”はきんママだねキスマーク

豪華弁当に刺身盛りをご馳走になり、記念品まで頂いて恐縮だ
楽しい1日でした

200704011145000.jpg200704011334000.jpg


田尻苑の皆様、気遣いどうも有難うございました〜ぴかぴか(新しい)

ちなみに森本れおコンビは、今度みきみきも加入して
「冬のソナタ(みきんれおバージョン」劇を行って頂けるそうだぴかぴか(新しい)
勿論きんママがみきみきの為に素敵なモノを手なべして
作って下さるんだよぉ〜ぴかぴか(新しい)
(ピヨがきちんと”こういう感じで!”お願いしておいた♪)

あ、オカマ部長が横恋慕する美女役で
ゆりよしが結婚式にて泥酔する
困ったお客に扮する予定だ(大爆笑)わーい(嬉しい顔)

乞うご期待あれるんるん

れおちゃん頼んだぜ!イェイ!
posted by ピヨ at 20:51| 福岡 🌁| Comment(13) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

なほるんちゃん!豊後に行ってもファイト!

またまた送別会に行っておりました

今度は、なほるんちゃん黒ハート
料理上手でエロトークが自慢の可愛い女の子なのだ

昨年3月限りで、役員降りたピヨとはあまり接点が無いけど
行事や飲み会などで会って話したりした事はあるハートたち(複数ハート)

でも色々と語り合ったのは、やはり2月の別府旅行だね〜
意外と!(失礼)真面目な考え方に面倒見の良い人柄に
とっても感心した
青年部活動について色々と聞かれたので
ピヨもつたない経験ながら出来る限り回答したのだ
”福岡市には期待の星が居るなっ!”と安堵したものだ〜

それになほるんちゃん、とっても姉想いなのだぴかぴか(新しい)
二次会へ行く途中で、青になって横断歩道を渡っていたら
暴走する車(セダン)が信号無視!
前列を歩いてた
ヨッシーやなほるんちゃんの姉が危機一髪だったのだ!
ピヨは前に居たヨッシーを引っ張ったが
なほるんちゃんはわざわざ離れていた姉をかばいに走った

「お姉ちゃんは大切な人!死なれたら嫌だもん!
お姉ちゃんを守らなきゃ!」と泣きそうになって必死だった
その姿に美しき姉妹愛を見たぴかぴか(新しい)

そんなグルメななほるんちゃんの為に、きんきんが
ホテルオークラのビアブルワリーレストランを手配るんるん
地ビールが売りなのだよ〜
料理も長崎フェアとかで美味しかったレストラン

200703211809000.jpg

豊後の国へ行ってしまうのは寂しいが
”九州は一つ!” 近いからいつでも遊びにおいでよ

何かピヨで分かる事があれば何なりと聞いておくれるんるん

豊後の国での活躍を期待してるよわーい(嬉しい顔)
ファイトなりよ〜
posted by ピヨ at 22:00| 福岡 | Comment(9) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

まさお様〜お幸せに♪

福岡県には
県ろう協会の下に、3つの団体がある
・北九州市
・福岡市
・福聴連(上2つの地域以外の全域)

ピヨは福聴連となるのだよ〜

でも場所柄、福岡市の方が近いかな?
青年部役員の時に会議で春日まで行ってたけど
いつも福岡市を通って2時間かかって通ってた
他の役員達も2〜3時間かかってたなぁ…
(何せ広域ですから)

だけど行事の時は、各地域の手話の会の皆さんも参加してくれて
顔見知りも増えたるんるん

その中の一人が、まさお様黒ハート
とっても綺麗なお姉様だけど(そうだねぇ例えたら真矢みき?)
とっても気が強くて怖いのだ
親しい仲間内からは”男”扱いされてるぐらいだ(大爆笑)
でもそれぐらいでないと
手話通訳者としてはやっていけないかも〜

この度めでたく結婚が決まり、関東の方へ行かれるのだ
んで、送別会があったので参加したハートたち(複数ハート)

とっても幸せそうなまさお様るんるん
新天地へ行っても、今まで通り元気でバリバリ頑張って欲しいな

200703102038000.jpg

お祝いのバースデー
何と!手話の会の友人のお手製なのだぴかぴか(新しい)
一口味見させて頂いたが、とってもまいう〜るんるん
お店開けるぐらいのレベルだなぁ〜!さすが!

200703102041000.jpg

同じ地元のろう者の友人が心を込めて作った
アートフラワーだ
白い薔薇がメインだそうだぴかぴか(新しい)

まさお様が皆さんにいかに親しまれていたかってのが
よーく分かる心のこもった歓送会でしたなわーい(嬉しい顔)


まさお様〜
いつかどこかでまたお会いしましょうな〜ぴかぴか(新しい)

そういや、ピヨ
まさお様とは長い付き合いだったけど
個人的に飲みに行った事って…そういう機会無かったなぁ〜
いつか関東に行く機会があったら今度こそ一緒に飲めるかな〜わーい(嬉しい顔)

末永くお幸せに黒ハート
posted by ピヨ at 23:07| 福岡 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

何故かケーキが食べたくなった…

”春の嵐”がまだ頑張ってます〜
ああ早く花見したいな♪

「第36回福岡県ろうあ者耳の日記念集会」があって
参加しておりましたのだ

みきんみきんが県役員の仕事があるとかで
きんママとデート出来ましたのだ黒ハート
楽しかったね〜きんママにゆりよしちゃん♪
一緒に軽食食べて会場へ向かいましたのだ

この場を借りてお詫びしよう
県青年部役員の皆さん、出版販売お疲れ様るんるん
ホントは直接ねぎらってあげたかったけど…
実はAPキャンプやら出版物購入にもう○万単位のふくろ
使っちゃってるからぁ〜
少なくとも県レベルの分担金の金額ぐらいは
優に超してると思うよっexclamation×2
だから今回はゴメン!という事で〜あせあせ(飛び散る汗)
(だって寄ると必ず買わされるんだもん…)

国際会議場で開催された
新しく出来たばかりのとても綺麗な大きい会場だ
席も綺麗で気持ちイイるんるん

200703111511000.jpg

最初は、「福岡ろう劇団博多」によるパフォーマンスだ
れおちゃんがのびたクンみたいで可愛いハートたち(複数ハート)
入団希望者が劇団の練習を通して踊ったり表現したりする事の
楽しさを知るって流れだった

8調子のリズムるんるんにあわせてダンスを踊る
パパイヤ鈴木?さん結構上手〜い!
サメちゃんもGakuさんもノリノリexclamation
…れおちゃん、あーらちょっとずれてるよ…
でも面白かったよ
ピヨは踊ったり演じたりするより観る方が好きなので
入会はしないけど…これからの活躍を期待してまするんるん

今回のメインは、ろう映画監督の大舘さん製作の
「迂路」映画
鑑賞した後は、大舘さんによるウラ話を講演して頂いた

観てない人も多いだろうから、詳細は追記にて載せるね
内容をまだ知りたくない方は見ないでね!


観終わった後は無性にケーキが食べたくなったのだ
それも普段は食べない苺の生クリームバースデー

その後は恒例の福引
なほるんちゃんが犬のコスプレで登場!
身振りや動作が可愛くて魅力的だったよ黒ハート
きんレオと組んで、トリオ漫才やったらいいぴかぴか(新しい)
なほるんちゃん、えらくズボンが落ちるのを気にしてたみたい
なので、きんの衣装を借りたのかな?と思ってたら
自前だって…自前ならサイズ合ったのを使おうよぉ〜(苦笑)

行き帰りは寒かったけど
それなりに楽しめた「耳の日集会」でしたぴかぴか(新しい)


「迂路」の感想だよぉ〜(注:ネタバレだからね!)
posted by ピヨ at 22:10| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

餅付きは真冬に限る♪

春の嵐が吹き荒れてます
急に寒くなり「何か2月の方が暖かかったよな?」と
職場の皆でボヤキましたことよ…ふらふら

4日は、東区の方で福岡市青年部主催の

「餅付き大会」に参加るんるん

先週は富山飛行機だったんで、体調的にしんどいかな?と
申し込んでなかったけど
締め切り間近に市青年部役員のなほるんちゃんや
ビンタ女王から、お誘いphone toがガンガン来る!

聞けば、福聴連青年部役員会が同じ日に開催って事もあって
参加者が少ないそうだ

市青年部役員の皆さんは、福聴連青年部企画には
よく参加してくれてるんだよね
我が後輩達がお世話になってる事だし
ピヨで良ければ…と老体に鞭打って参加することにしたあせあせ(飛び散る汗)

会場近くにて、ゆりよしちゃんと
「この辺りだよな?」「ん?アレは!」
あのシルエットは!なほるんちゃんるんるん
買出しに行く途中のなほるんちゃんに
場所を教えてもらって向かった
なほるんちゃんの歩き方って可愛いね〜
遠目で見てもすぐに分かったよわーい(嬉しい顔)


餅付き開始〜
ピヨッシーやゆりよしちゃんにオカマ部長は
先月にやっていたので
まあたいだいの流れは把握していたが
参加者のほとんどは初体験の方が多かった

だからかな?何か段取りが掴めなくて
自ら動く人が少なかったような…
何か時間がもったいないような気がした

せっかくの餅付き大会だもの
全員が満喫出来る様に、半分に分かれて
出来やスピートを競うとか
ゲーム感覚で進めるとか
早め早めに済ませて、のんびり皆で交流しながら
餅を味わったり、ベテランの手話通訳の方に説明を受けるとか…
進行や流れを検討すればもっと充実した内容になったかな?

でも役員の皆さんは準備に作業にと一生懸命だった
ホントお疲れ様でしたぴかぴか(新しい)
熱心に誘ってくれて有難うキスマーク
(ホントに楽しかったよ〜)

ピヨ?勿論頑張って杵を付いたり餅を丸めたり
ちぎったり♪
指導して下さった手話通訳の方には
「あなたはもうたいだい慣れて来ましたね〜」と
褒められたぐらいだよんぴかぴか(新しい)

でも小春日和の暖かい日に
外で作業をしてたから、何かバテちゃった…
餅付きは真冬にやるものだね!

ちょっと頑張り過ぎちゃってね〜たらーっ(汗)

200703051254000.jpg

血マメが出来て皮がむけちゃいました…
マジ痛い〜もうやだ〜(悲しい顔)


でもピヨの血と汗と涙が混じったお餅は
さそかじ美味かっただろう♪

心して味わいなされ〜るんるん(大爆笑)
posted by ピヨ at 23:35| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

サプライズ!きんきんハッピーバーズデー♪

地獄から生還した後は「三泉閣」というホテルへGOるんるん

ちょっと古いホテルなのだが、フロントをはじめ
ホテルの方の心からの親切な応対には感心したなぁ〜
(今度、母を連れてまた来ようかな?と思ったよ)

200702112134000.jpg

宴会の目玉は、今年4月に再建したばかりの大分県青年部との
交流会だぴかぴか(新しい)
部長の2:50ちゃんなど、若い人達が頑張ってくれたのだぴかぴか(新しい)
元・九州ブロック委員としてはホント嬉しいよ〜

若〜い男性陣が多くて嬉しかったわーい(嬉しい顔)
「両手に草exclamation&question」と浮かれちゃったりしたな〜(苦笑)

福岡や大分の若いろうあ者達と話してて感じた事
「付き合うなら健聴者の彼(彼女)がいいです!」という人が
最近多いんだよねぇ…

いや、別に聞こえる聞こえないは関係ないし
お互い黒ハート好き合っていて一緒に居たいと思うのならば
それでいいと思うんだけど

付き合う前から「健聴者!」と決めてるってのは
いかがなもんかな…


今回もそういう若い男性が居たんでね、ちょっと質問してみた
「なんて健聴者がいいのん?」
「聞こえるから情報が早いでしょ?だから情報を教えて
もらえるし、色々と助けてもらえるから」

…それって愛か?
そんなんで付き合いたいと言われたら
心から喜んでOKする人が居るんだろうかexclamation&question

「それに僕は昔から健聴者とは話がとても合うんです!
ろうあ者とはやはり話が合わなくて」

…合うと思ってるのは本人だけって事もあるからなぁ〜(毒)

ちょいと追求したくなった目
「ねえねえ、健聴者だと情報が早くて助かるよね
でも反面、もし健聴者の彼女が浮気をしたとしよう
アナタ、目の前で電話してるのを見ても分からないでしょ?
情報に差があるから浮気されても気付かないよね?」

「いや!メールを見れば分かるし、彼女の友達に聞けば
分かるし」
「ふーん…健聴者はわざわざメールしなくても
電話で普通に話せるんだよ?わざわざしっぽをつかまれるような
連絡手段は取らないよね?
それに彼女の友達に聞いても、わざわざ本当の事を
バラすかな?」
「いや!大丈夫です!僕は勘が鋭いから!
絶対にそんな事はありません!大丈夫です!」
と言いながらもかなり動揺してた

フッまだまだ尻が青いねぇ〜
これからどんどん恋をして、傷付いて振られて…と
色々経験を積んで、素敵な本当の意味での大人になりなされるんるん


あ、上記の会話を見て
健聴者の皆さん、気を悪くなさらないでね!

単に「絶対健聴者!」と言い張る若い者達に
その必要性は何?と考えるきっかけをあげたかったんだよね

好きになった人がたまたま健聴者だったならそれはいい
でも最初から色々助けてもらえるからって付き合うのは…
相手に対して非常に失礼なんじゃない?
(健聴者の皆さん、それで求愛されていいんですか?
ピヨなら間違いなく張り倒します)


健聴者だろうとろうあ者だろうとその他諸々…
どんな人であろうと
お互いに助け合って成長していける恋愛黒ハート
いいんじゃない?と思うんだけどね


さてさて最近、誕生日を迎えたばかりのきんきんに
”サプライズ!きんきんハッピーバースデー!”企画を
用意しておいたわーい(嬉しい顔)

ピヨはホテルへお願いして、バースデーケーキを手配しておいた
実はきんきんの年が分からなかったので
きんママにご協力をお願いしておいたのだ(笑)

みきみきやオカマ部長他福岡市の青年部の皆さんは
素敵な花束とプレゼントを用意してくれてた

参加出来なかったゆりよしちゃんからは心尽くしのプレゼント
預かっておいた

さて実行!

ピヨとみきみきはそっと抜け出し、バースデーケーキの準備
ろうそくに火を付けてスタンバイ

K部長がさり気なくきんきんを前の舞台の方へ呼び出す

みきみきが部屋の電気を消した!

「ハッピーバースデー きんきんるんるん
ケーキを持ったピヨ参上!全員の拍手と共に
祝福されるきんきんキスマーク

びっくりしたでしょ〜わーい(嬉しい顔)作戦大成功るんるん

ちなみにこのケーキは
別府でも有名な「あしながおじさん」という
ケーキ屋さんから手配してもらったのだ

切り分ける時にちょっと味見したのだが
ホントまいう〜るんるん
(一番最初に味見♪これぞ切り分ける者の特権さるんるん

ハッと視線を感じたので見てみたら
ピヨの地元の手話の会の企画部長さんがニヤニヤと見てた…
「今の見た?」
「うん、つまみ食いしてたねぇ〜」
口止めしておいた…これからは周囲に気を付けなきゃっあせあせ(飛び散る汗)

きんきん喜んでくれてたなぁ〜
きんママにその他皆様、ご協力有難うございましたキスマーク
後日携帯電話が来て
「娘もびっくりしてましたねぇ〜本当に有難うございました」
だそうですわーい(嬉しい顔)

かくして楽しい別府の夜は更けたのだわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 23:28| 福岡 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

シャクライ様と福岡の歴史に迫る!〜天神編〜

福岡にも初雪雪が降りましたぞお
いやあ寒かった寒かった…


”冬のソナタ”(韓国ドラマ)によると
好きな人と初雪を見れたら結ばれるそうです
なら北国ではカップルばかり?って事かしら?(大爆笑)

夜はお馴染み”韓一館”にて、シャクライ様を囲む飲み会を予定してた
が、思ったより見学が早く終わったのね

「シャクライ様、他に見てみたいところはありますか?」
「聴覚障がい者の店があるよね?そこに行けるかな?」
「地下鉄天神駅のキヨスクの隣にありまする〜
まだ時間もありますから大丈夫ですよ
ついでに井上孝治さんの写真ハガキを
取り扱っている店にも寄れますわーい(嬉しい顔)
いかがでしょう?」
シャクライ様、あの満面の他み
「是非exclamation×2
ハイ決定るんるん

200701271633000.jpg

幸い、ただ一人働いているろうあ者の女性が居られた
シャクライ様、色々と問い掛ける

”聴覚障がい者の店”は東京や愛知などあちこちにあったそうなのだが
現在もも営業しているのは、残念ながら東京と福岡だけだそうなのだ

今、働きたいというろうあ者を募集中と聞いたので
きんきんにどうかな?と思ったが
ずっと立ちっぱなしの上に、土日も関係なく仕事があるそうだ
…無理だなたらーっ(汗)

そこの店の名物は「雪苺娘」なのだ
求肥(柔らかい餅みたいなもの)に餡と苺と生クリームが包んであって
和洋折衷の新しい味なのだぴかぴか(新しい)

甘党の母への土産に2個買ったのだ黒ハート

今度は、シャクライ様が憧れる”天才ろう写真家”の井上孝治さんの
写真ハガキを取り扱っている”JULIET’LETTERS”へのご案内ぴかぴか(新しい)

アクロス福岡の1階にあってアクセス面も便利で
取り扱っている商品類もなかなかセンスがあって素敵ぴかぴか(新しい)

シャクライ様、あの例の満面の笑みを浮かべて大喜びでございます〜
大成功ぴかぴか(新しい)

その後は、駅のそばにある”トドールコーヒー”にて喫茶店
休憩してから

ゆりよしちゃんと合流して”韓一館”へと参りましたとさるんるん

200701271909000.jpg

美味しい焼肉と共に大変盛り上がりましたとさ〜るんるん

シャクライ様にもきっと満足していただけた1日だったでしょうるんるん
(ちょっとハード過ぎて疲れてたみたいだけど…)

住み慣れた福岡だけど、意外な発見が沢山あって
ピヨにも大変勉強になりましたぞ〜


翌日のシャクライ様の講演には、見学した場所を思い出せて
大変勉強にになりました〜

”温存知新”

昔を温めて未来を知る…ホントに大切だねるんるん
posted by ピヨ at 20:34| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

シャクライ様と福岡の歴史に迫る!〜田尻苑編〜

このシリーズ、長期化しそう…
まあ滅多に無い出来事だから、想い出綴りとして記しておこうわーい(嬉しい顔)


”なかなか減らないexclamation&question”うどんでお腹を一杯にしてから
裏道を通って、次の目的地へ車(セダン)

着いた先は…「田尻苑」

九州初の聴覚障害者のみを対象とした老人ホームである
入所者は全員ろうあ・もしくは難聴者で
職員は全て手話が出来る
正に”手話で自由に話せる”聾唖者にとっては貴重な施設だ

施設長さんがお待ちかねで、早速会議室へ通される
施設長さんはそんなに手話は上手くないけども味のある表現をされるぴかぴか(新しい)

ピヨは何年か前に、青年部の学習会で見学に来ており
施設長さんも見て知っている
その事を話したら「ああ、あの時ね」少しは覚えていたみたいだ

施設長さんの説明によると

この田尻苑は、聾学校の中にある授産施設が元だそうだ
(ここらへんの事情は、ピヨよりシャクライ様が詳しかった…さすが!)
大橋にあったのが移転して来た
当時”ろうあ工芸会(現・ワークセンター)の入所生が高齢化して来ると
共に、老人ホームの必要性が出て来て
設立されたのが「田尻苑」だ

「この田尻苑の特色は、他の地域と違って、ろうあ運動によって出来たものではないのです」
設立された初代施設長さんは元々市役所でろうあ者と接する機会が多く
聴覚障害者の為の授産施設や老人ホームの必要性を強く感じたのが
きっかけだそうだ

ほー知らなかった

「ろう高齢者の皆さんは、苦しい体験を重ねて生きて来ている
せめて最期までの時間を、この田尻苑にて楽しく過ごして欲しい
”終わり良ければ全て良し”
出来うる限り、コミュニケーションが主に手話の田尻苑にて
気兼ねなく余生を過ごして欲しいそうだ

そうだよねぇ…他の老人ホームに行っても
周囲は手話が分からない人ばかりだ
常に孤独な環境になってしまうもんね


シャクライ様も、地元で聴覚障害者の為の老人ホームを設立出来たら…と
思っているようだ
積極的に意見交換をされていた

で、ピヨは前から疑問に思っていた事を聞いてみた
「ここは、ろうあ者夫婦であれば2人一緒に入所出来ますよね?
で、もし片方がろうあ者でもう片方が健聴者だった場合は
どうなるんですか?」

施設長さん「どうだろうねぇ…今までこういったケースは無かったからね」
基本的に健聴者はお断りなんだそうだ
ここの入所条件は「聴覚障害者である事」が原則なので…

まあ年を取れば、健聴者も耳が遠くなる事もあるみたいだし…
それはともかく、夫婦一緒で仲良くが一番だね黒ハート

ちょうど、この日は第4土曜日で「千話々会(ちわわかい)」があっていた

外部の友人やボランティアと共に交流を楽しむ企画だねわーい(嬉しい顔)

福岡市の老人部部長さんがお話をされていた
ピヨとは仲良し黒ハートなのだ(笑)
「あっ!水戸黄門さーんぴかぴか(新しい)」「おっ!来たのか」とハグハグるんるん

老人部長さん、野球が大好きでソフトバンクの応援に
ヤフードームに何度も観戦に行かれてるそうだ
若い時は自分も野球で鳴らしていたんだそうだ


するとシャクライ様
「お聞きしますが、昔、ろうの野球チームが西鉄に勝ちましたよね?」
「そうそう!勝ちましたよ!いやああの時は嬉しかった」
???何のこと?

昔々、福岡のろう者の野球チームが西鉄(健聴者のチーム)に
試合で勝ったそうなのだ
当時はホントに快挙だったらしいぴかぴか(新しい)


続いて、あの例の満面の笑みでシャクライ様質問する
「昔聾学校に居られた藤本先生、ご存知ですよね?彼はろうあ者ですよね」
「そうそう!ろうあ者だったよ」
老人部長さん曰く、藤本先生は耳は聞こえなかったけど口話がとても上手く
実際に習った事の無い生徒達には区別が出来なかっただろうだって。


「でも耳が聞こえなかった。横から呼ばれても気付かなかったよ」
シャクライ様
「そうです!実際に知ってる方が居て良かったです」

改めて、シャクライ様凄いっぴかぴか(新しい)
脱帽でございます〜


とても明るく元気に過ごしておられてる入所者の高齢ろうあ者の
皆さんの笑顔が素敵でしたハートたち(複数ハート)


200701271512000.jpg

↑談話室です
きっと手話の花が、毎日満開でしょうなぁぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 23:14| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

シャクライ様と福岡の歴史に迫る!〜箱島神社編〜

聾学校を出ると霧だった

次はシャクライ様が”行ってみたい!”と希望された
糸島半島の箱島神社へ向かう

実はピヨは糸島生まれの糸島育ちの純粋な糸島人なのだ
なのに…シャクライさんに言われるまで
そんな神社がある事さえ知らなかった

うちの母に聞いてみた
「箱島神社?ああ202号線で加布里の海の方に行けばあるよ
…でもあそこは何も無いわよ?」
言われてみればそういった小さな神社は何度も見たなぁ〜

アッシーゆりよし運転手に伝えると
「…?箱島神社?」「ああ、ピヨが案内するから」
思いっ切り不信感を込めた顔をされたが…あせあせ(飛び散る汗)
重度の方向オンチだけど、いくらなんでも地元なら大丈夫っexclamation×2


天気が悪く寒かったけども〜無事着いたわーい(嬉しい顔)
車(セダン)を停める場所が無いので
(その事から察しても有名でないって事がお分かりだろう)
ひとまず、シャクライ様とピヨは先に神社詣でする事にした

小さいけどちょっと足場の悪い道を抜けて…
小さい祠があった
小さいけどちゃんと手入れは行き届いてるぴかぴか(新しい)

200701271258000.jpg

シャクライ様、きちんと「二礼二拍手一礼」をして
祠の中を覗き込む
すると!例のあの輝くような満面の笑顔が!ぴかぴか(新しい)
「シャクライ様、大当たりでしたか?!」
「間違いないっexclamation×2きちんと確認出来て良かった!」

何と「箱島神社」は、”玄界灘の海神を鎮める為の神社”なのだが
(だから浜辺と陸続きの小島にある)
別名「耳の神様」も祭っていたのだ

200701271258001.jpg

ちょっと見づらいが、小さな竹が入ってるのが見えるね?
その竹の中にある3つの筒を開けて中の筒を無くした物を捧げるのだよ

昔々、聞こえない人はそういった竹を耳にあてて
空気を耳へ吹きかけたそうだ
(同様に穴を開けた岩を使ったところもある)
念願叶って聞こえるようになった時は、お礼として
筒を取った竹を3本神社に捧げたそうだ
(シャクライさん講演より抜粋)

ピヨ、地元住民なのに知らなかった…
ピヨの祖父母や親戚は漁業やってるから知っているのかな?
でもされた覚え無いなぁ…
昔の迷信だったのかな?

シャクライ様とお会いして半日だが
探していた物を見つけたり、確認取れたりすると
本当に輝くような嬉しそうな顔をするのだね
ピヨは、そんなシャクライ様の表情を見て
「今の大満足ですね!」「あ、イマイチでしたねぇ」なあんて
判断出来るぐらいになったわーい(嬉しい顔)

シャクライ様は、おススメ!スイーツより
戦前の超・貴重な写真や資料の方がとってもお好きなのだねぴかぴか(新しい)
(老人部のコネを使って色々探してみようっとるんるん

その後は、糸島でとっても人気のある「牧のうどん 本店」へ
昼食レストラン

寒かったから、暖かいうどんが体に染みてまいう〜
シャクライ様「食べても食べても減らない…」
ハイ!この量の多さとモチモチ感が売りっすよ(大爆笑)
このピヨを見れば分かる〜?!


シャクライ様、うどんご馳走様でしたハートたち(複数ハート)
(気遣い恐縮です)


満腹した一行は次の目的地へと向かったのだった…続く
posted by ピヨ at 22:14| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。