2008年02月18日

かまくらの中は暑かった…

たいだい映画鑑賞後は夕食を兼ねて飲みに行ってるわーい(嬉しい顔)

映画レストラングルメの二本立てだね〜
(メタボまっしぐらね…苦笑)

前々から皆で行こうね!って意中のお店があるのだが
いつもいつも一杯でなかなかゆっくり食事が出来ない

今回も金曜だからねって予約を入れようと電話したのだが
「一杯です」
…あー下手こいた〜(小島よしお風)

仕方ないんで身近なところで
「ブライベートダイニング 天天」

200802152252000.jpg

かまくら風の個室が売りだ
でも案内された部屋は天井が低くてちょっと暗かったな
私らには向いてないかも〜ふらふら

料理は可もなく不可もなく…
うーん…まあもう一度来たいなって程でもないなあ

でもおにぎりはでかくて良かったなぴかぴか(新しい)

デザートが充実してたんだよね
興味惹かれるものを発見るんるん

「これ注文してみた〜いなぁ」「…デザートの森で大火事?」
ね?気になるでしょexclamation&question

200802152228000.jpg

ケーキの盛り合わせに花火が挿してあるんだぁ〜
確かに山火事…(苦笑)

ここ、人目を忍ぶデートにはいいかもですぴかぴか(新しい)

次回は、イケメン店員さんが勢揃い!の和食が美味しい
あのお店へ!の予定っす

(以前行った時に、目の保養とお腹の満腹を得られて
ホント一石二鳥な体験どしたぴかぴか(新しい)
ご期待あれ〜わーい(嬉しい顔)

ちなみに「ハリーポッター」シリーズ最終巻を英語版で
読み終えた!という方が居て
ちょいと教えてもらっちゃったぴかぴか(新しい)

聞いた時の感想バッド(下向き矢印)
「うんうん良かったねぇ!本当に良かったもうやだ〜(悲しい顔)
ピヨ感涙でしたぴかぴか(新しい)

これ以上は教えな〜い(大爆笑)
後は読んでのお楽しみだよわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 22:33| 福岡 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

「今日は僕達が愚痴を聞いてあげるよ」

前々から予告編で気になっていたあの映画

「チームバチスタの栄光」を見に行った

情報提供施設の職員さん方にも声をかけておいたら
「字幕挿入の勉強に!」とビデオ担当の方もおいでになった
仕事熱心で何よりぴかぴか(新しい)

内容は
バチスタ手術にて3回連続で術中死が続いた
その死の原因を解明していく内容なんだけど

解明していくのは、患者の愚痴を聞くのが仕事の心療内科の女医
(竹内結子)と、厚生労働省役員の白鳥(阿部寛)が
なかなか良いコンビだったわーい(嬉しい顔)

阿部寛って、一癖二癖あるような役がよく似合うぴかぴか(新しい)

「トリック」(映画ね)と「医龍」(ドラマ)を足して2で割った
ような感じだったなぁ


笑いもあり、ミステリーもあり、涙あり…
なかなか面白かったよ

真相が一転二転するところも楽しめたるんるん

女医さんが調査中にある事で気が滅入ってしまった時
いつもの患者さん達が心配して
「今日は僕達が愚痴を聞いてあげるよ」
その場面が何か良かったなわーい(嬉しい顔)
(ちなみに本筋とは関係ないんで)

ビデオ担当の方は、鑑賞中でも熱心にメモを取っていて
最後には
「字幕を付けた人の名前がエンドロールに出ていないむかっ(怒り)
とお怒りだった

確かに…翻訳した方の名前は出ても、字幕付けた人の名前は
出てこないね
付けるべきだよね!うんうん

最近TVで放送された「デスノート」シリーズ
あのすさまじい頭脳戦がたまらなかったぴかぴか(新しい)
(ちなみに第一作で、月が、FBI職員を○○するところは
福岡市地下鉄の中だよ〜)

その「デスノート」のスピンオフ映画が公開されるのだが
製作会社が小規模で予算が無いらしい?
是非とも日本語字幕上映を実現させて欲しいなぁ

見たい映画が目白押しわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 20:25| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

「季刊 ろうあ運動 54年秋季号」

帰りの電車の中での最近のマイブームだ

「季刊 ろうあ運動 54年秋季号」
特集〜世界ろうあ者会議から〜


200802142049000.jpg

たまたまなんだけど
昨年は、スペインで世界ろうあ者会議があったね
その模様がMIMIに載っていたよ

1979年6月21日〜27日まで、ブルガリアにて
第8回世界ろうあ者会議が開催されたんだね

そしてその28年後に

2007年7月16日〜22日の7日間、スペインにて
第15回世界ろうあ者会議が開催されたんだね

んで、幸いながら両方の本を読み比べ出来たんだけど
まず感じたのは

「国際化が進んだな!」だった

ブルガリアでの世界ろうあ者会議の時は
国際手話もまだまだだったし、第一日本からの参加者一同で
外国の手話が堪能な方が居なかった

だからかな?
ほとんど「手話が分からず」「コミュニケーションが不十分だった」などの反省が多かったな

ある参加者の記事の中に
ブルガリアの日本語通訳の方が熱心に面倒見てくれたのだが
反面、手出し過ぎだと…
質問をして回答を得たいのだが、通訳者が自分で答えてしまったり
「こんな質問は要らないでしょう」と勝手に判断して取り止めたり…
通訳としての本来のあり方は?と問題提起されていた

今も連盟理事を務めてあるあの方やその方などなど…
28年前だもの
もう若いっexclamation×2 いやあ白黒なのが残念だよあせあせ(飛び散る汗)

福岡での第12回全通研の模様も載っていた
興味深かったのは
「おしゃべりに手話は不要?」

大会参加者のろうあ者の記事だ

実行委員会、運営委員会などの本部に沢山の人が入ったり出たり
でつかの間の夕食
手話を用いないでペチャクチャ喋ってる通訳者達
そのそばにボツンと一人で食べていたあるろうあ者
「なんで、みんな手話を使わないの?
全通研開催中の、しかもトップクラスの通訳者の皆が
そばにろうあ者が居るのを知りながら
どうして手話を使わずにお喋りをするのか理解に苦しむんだけど!」

うんうんこのろうあ者の怒りにはいたく同感exclamation×2

通訳の基本姿勢は、ろうあ者が同席している以上は
見ていようといまいと、手話で会話をする事である


結局「関係のない話だから…」とさほど気にとめず
お喋りを再開していたそうだ(記事によると)

プライベートな話なら席を外してやればいいのに
自分にはどうしても分からない悔しさを理解出来ないのかな?

もし自分なら、そういう姿勢の通訳者は
例え技術が抜群でも心から信頼はしないだろうな

この「ろうあ運動」シリーズ本
今読んでも参考になるような貴重な記事や問題提起がたくさんある

読んでいて面白いぴかぴか(新しい)

また後10冊以上あるんで
ゆっくり読んで行きまするるんるん
posted by ピヨ at 22:22| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

風船の中にプリンが!

福岡で久々に雪が降ったのだ
いやあ寒かったぁ〜

そんな寒い中を、7tトラックが鉄橋から落ちたとかで
電車が20分遅れた…

こんな時、ろうあ者である事の不便さを痛感するのだよちっ(怒った顔)
駅内放送が頼りなんだが、分からないし
電光版を懸命に見るのだが一向に状況が分からない

”7分遅れます”まあ仕方ないかと待ってたら
"10分遅れます”→”12分遅れます”…ええ加減にしろexclamation×2思わず機械へ八つ当たりしそうになったよ

駅員さんへ聞きに行けばいいのだが
その間に電車が来たらまた乗り遅れる…

仕方ないから周囲の状況を見て判断するのだふらふら

想定外のアクシデントや災害が起きた時こその情報保障は
重要だね



最果ての地に住む友人より「ピヨちゃんの為にキスマーク」と
とっておきのプリンをプレゼント送ってくれたるんるん

知る人ぞ知る!「牧家の白いプリン」

200802110916000.jpg

”え?ボールじゃないの?”って見間違うこの形
何と!
風船の中にプリンが入ってるのだ

つまり、よく夜店にあるヨーヨーみたいなものに
水じゃなくてプリンが入ってると思って頂けると分かり易いかも〜

”どうやって食べるのん?”
実は母の協力を借りて動画を取った筈…だったのだが
保存しそびれてた…(痛恨のドジ)

仕方ないから文章説明あせあせ(飛び散る汗)
つまようじでツンツンを穴を開けると
包んでいる風船が割れて、中身のプリンが出てくるのだぴかぴか(新しい)

そこに別添のカラメルソースをかけて食べるのだが
ボール?と思うようなはりのある弾力に濃厚な牛乳味黒ハート

コレはまいう〜exclamation×2

いつもいつもピヨがプリンを買ってくるから
「もうプリン飽きた…」と嘆いているうちの母も

「コレ美味しい!このプリンなら食べる黒ハート」と
大喜びさぴかぴか(新しい)

見て良し楽しんで良し食べて良しぴかぴか(新しい)と三拍子揃った
このプリン

機会があったらお試しあれるんるん
posted by ピヨ at 21:54| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

デフ・カラオケ大会開催す♪

ある友人が色々とあって気分的に落ち込んでいたのだ
何とか元気付けてあげたいなぁ…
趣味が「カラオケカラオケ」と聞いたので

よし!カラオケ企画を立てたのだぴかぴか(新しい)

んで、健聴者の友人、もしくは手話通訳者は誤解しないで
欲しいのだが、
このカラオケ企画は”参加者はろうあ者のみ”と決めていた

聞こえないから当然、音楽のリズムや音程、アクセントは分からない
実際の歌い方とは外れているだろう
勿論、理解はあるから気にしないよって言ってくれるだろうが
居るだけで正直言って気兼ねするたらーっ(汗)

まあ例えは悪いけど
恋人が「年の差やらスタイルなんて関係ないよ」って言ってくれても
やはり気になるって感じ?(分かるかな〜あせあせ(飛び散る汗)

ろうあ者のみだけだったら、思う存分好きなように歌えるるんるん

その狙いは当たったなぁ〜

4時間で予約してたんだが、大いに盛り上がっちゃって
時間が足りなかった…(苦笑)

それぞれ好みも違っていて面白かった〜わーい(嬉しい顔)
意外な好み!とか、こういう歌もあるんだぁとか
それぞれの手話表現も堪能出来たのだハートたち(複数ハート)

都合により参加出来なかったある友人
夜の飲み会から合流して来たのだが

参加者から次々と「楽しかった!」「盛り上がった〜」と
喜びの声をずっと聞かされて、ちょっと複雑な心境だったそうだ
(今度は一緒に行こうやぴかぴか(新しい)

大好評に付き、近いうちに開催予定っするんるん
今度はオールナイトにするかな〜わーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 23:29| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

ひとりじゃない

マルチタレントと言って
演技もお笑いも小説も書けるなんて色々な才能を持つタレントの事を
そういうそうだ

劇団ひとりもその中の一人だ

昔見たコントで”茨城のヤンキー”なあんてマネをしていたが
なかなか面白かったのを覚えてる

演技も、「ファーストキス」で、阿部サダヲさんと共演していて
なかなか面白い掛け合いを見せてくれたぴかぴか(新しい)

そんな劇団ひとりさんが書いた小説が映画化されたので
見に行ったのだ

「陰日向に咲く」

出てくるのは、それぞれちょっと事情アリで悲しくも優しい人ばかり

ギャンブル狂のダメ青年
母のかつての想い人を探す娘

ホラ話ばかりの浮浪者
全てに疲れて”モーゼ”に憧れて浮浪者になる新米

売れないお笑い芸人
その芸人に恋してコンビを組む女性
芸人が想いを寄せるストリップ嬢

崖っ淵のアキバ系アイドル
そのアイドルを一途に追っかけるオタク

…そんな9人の思いや行動が絡み合い流れていくんだよね

でも共通していたのは

「好きだから振り向いてもらえなくてもそばにいたかっただけ」

色々な生き方があり、どれが正解かなんて答えはないけど
結局、人は一人では生きられないんだなぁと思わせる映画でした

劇団ひとりさんったら
自分の芸名にひっかけて上手く作ったなぁって感心したよ

来年は、麒麟の田村さんが書いた「ホームレス中学生」が
映画化されるそうだ
公開が楽しみだな〜ハートたち(複数ハート)
posted by ピヨ at 19:45| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

牡蠣好きの為の牡蠣専門店!

「牡蠣がどうしても食べたいのぉexclamation×2」っていう
牡蠣を愛してやまない友人に従って行ったのだ

「活海酒」

200802012035000.jpg

中央区警固にあるのだ
ちょっと場所が不便なのだが、魚料理が絶品な超!穴場なんだそう

びっくりしたのは、店先に所狭しと全国各地から取り寄せた
牡蠣たちが勢揃いしてるのだ!

「ご主人様、食べて下さ〜い黒ハート」って(笑)

自分でお好みの産地と料理方法を指定して堪能する事が出来るのだよ

200802012035001.jpg

北海道に宮城、広島に福岡などなど〜
どれにするか迷っちゃうけど〜

やっぱりココは!滅多に食べられない北海道の厚岸のを指名!

3通りの料理方法が選べるので
せっかくだからそれぞれ1人前ずつオーダーレストラン

200802011912000.jpg200802011915000.jpg

ピヨ、お腹空いてたからね…タラの白子の天ぷらをつまみに飲んでた
とろりとした濃厚な味わいが、芋焼酎によく合うのよんるんるん
(オヤジ臭いと笑う事なかれ)

生牡蛎だぁ〜
メニューに「注:自己責任で覚悟の上で召し上がって下さい」
そんな怖い事言われたら食べれな〜いふらふら

でも「絶対生!ナマ!」とナマを愛してやまないつわものが居たので
ちょっとおすそ分けしてもらったぴかぴか(新しい)

塩味が効いていてトロッとまいう〜だねわーい(嬉しい顔)

200802011918000.jpg200802011917000.jpg

焼き牡蛎と、ブルゴーシュ風グラタンだ

焼き牡蛎も身が固まってこれまたまいう〜
ブルゴーシュ風グラタンは、牡蛎に粉チーズとパセリをかけて
焼き上げたコクのある一品だ
フランス?イタリア?どちらにせよ欧州料理っぽいね!

でも芋焼酎にもよく合うなぁ(…しつこい)

今度、兄やんが福岡に帰って来たら
皆で行きましょうね〜わーい(嬉しい顔)

新鮮な魚料理は勿論だけど、イタリア料理も豊富だったんだよね
また行ってみたいなわーい(嬉しい顔)

冬のご馳走はやっぱり牡蛎!だねわーい(嬉しい顔)
posted by ピヨ at 21:18| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ&料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ろうあ運動 〜53年秋季号〜」

以前、カナカナさまから教えて頂いて興味を持った本がある

今は「MIMI」季刊が発行されているけど
このMIMIの前身となったのが「ろうあ運動」シリーズなのだ

何せ昔の本だから、絶版となっているようで…
”幻の本やなあ…”と思ってたら

何と!地元の手話サークルが保管している本棚にあった!
全部は揃ってないけど…10冊以上はあったぴかぴか(新しい)

意外なとこにあったもんだなぁ
灯台もと暗しだねexclamation×2

速攻、あるだけ全ての「ろうあ運動」借りちゃったるんるん

まずは、53年秋季号「特集:全通研大会の報告から」

200802072205000.jpg

確かに固いけど…面白いぴかぴか(新しい)

最初は、連盟理事や手話通訳者、各地の活動者の随筆から始まるのね
それぞれ考え方が述べてあって興味深かった

特に手話通訳活動は”年中無休24時間勤務”と思っている
ろうあ者の「いつでもどこでも必要な時に」という要求に
応える為には、少なくともこのような気持ちを持つ事が
必要ではないだろうか


思わずうなった…
その手話通訳者は、必要としているろうあ者の存在や
"基本的人権”を守る為という気持ちが活動を支えてると。

こういう深い内容があれでもかこれでもかってたっぷり入ってるぴかぴか(新しい)

静岡で行われた第11回全国手話通訳問題研究集会(全通研)
での内容がたっぷりだ


静岡といえば「松島解雇撤回闘争」が有名だ
それについての詳細が書いてあったので改めて勉強になった

重複障害者の就職問題、老後問題についても書いてあったのだが
目からうろこが落ちた!記事があった

家族がろうあ者なのを不憫に思って甘やかして育てた結果
補聴器を使えばある程度言葉のやり取りは出来るし
読み書きも平均的なろうあ者の水準以上の力を持っている

でも、根気と忍耐が無く、注意にも素直に従わない
人間生活や社会ルールに従う事が出来ない
友達も居なく誰からも相手にされない

基本的な知的能力を備えていても、社会生活のルールに従う事が
出来ない以上は、社会に受け入れられる事はない
そのろうあ者もまた「重い障害者」なのだって…

コミュニケーションが上手く取れない
友達や仲間と仲良く付き合えない
すぐキレて問題を起こす…

現在の問題に通じるものがあるんでないだろうか?

昔の連盟理事長であった大家善一郎さんの「回想」
戦前の聾学校生徒時代の話が載っていて時代の流れを感じる

ところどころに現れる「たつのおとし語」
連盟理事や手話通訳者などのウラ話が面白おかしく書かれていて
これまたいいね〜るんるん

このコラムは復活させて欲しいものだわーい(嬉しい顔)

昭和の風が懐かしくなる本でしたぴかぴか(新しい)
(次回は「54年秋季号 《特集》世界ろうあ者会議から」るんるん

いつになるかなぁ〜お楽しみあれるんるん
posted by ピヨ at 00:01| 福岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

生きてる父べぇに会いたい

最近、映画づいてるピヨでございます〜

ホントに邦画を中心に週に1度は見ているよ
日本語字幕上映が増えたんで、それに比例して…

ピヨ、邦画が好きなんですよ
なんででしょうね?

のぶりんちゃんが「どうしても見たい!」と熱望していた
あの!話題の映画

「母べぇ」

200802062047000.jpg

彼女の都合に合わせて、普段は行かないヤフードーム横の
ホークスタウンにて映画鑑賞ぴかぴか(新しい)

ダニちゃんと2人喋りながら待ってたら
福岡市聴覚障害者協会会長さんが「よっ!」

え?!「何の映画見たのですか?」「H!」
「一緒に"母べぇ"見ましょうよ〜」と誘ったんだけど
笑顔で逃げられましたとさふらふら

あのオッサン、何の映画見てたんだ?いったい…

サユリストである7番目のおじ様とのぶりんちゃん
ヨッシーらと合流して鑑賞ぴかぴか(新しい)

吉永小百合さんって綺麗だよね
もう還暦過ぎてるって聞いたけど…40代って言われても通るね

第二次世界大戦が起きた時代を中心に
ある家族の風景を描いたものだ

お互いを”べえ”付けて呼び合う仲の良い家族るんるん
そんな中、ドイツ文学者の父べぇが
治安維持法違反で逮捕されちゃうんだ…

吉永小百合扮する母べぇは家族を養う為に
教員となって働きながら娘らの面倒を見る
なにせ、旦那さんが逮捕されて肩身が狭いものだから
あちこちに頭下げて自分を抑えて動いてる…

親戚のおじさん(鶴瓶さん熱演!)が自由奔放に言いたい事言って
好きなように行動してるのを見て
「母べぇはあのおじさんだと本音を言えるから好きよ」

うんうん…
ピヨも、おじさんが言い捨てた台詞
「贅沢は敵だ?若い女の子が化粧して何が悪い?当たり前だろう
金を供出してお国の為に?
そんな下らんもんの為に働いたと違うわ!」
こんなご時勢の中で堂々と言えるなんてスゴイと思うぴかぴか(新しい)

父べぇの教え子である、山崎徹ごと山ちゃんが
何くれと家族の為に色々と面倒見てくれるんだよね

この山ちゃん、強度の近視と片耳が聞こえないということで
基本的には兵隊になれない丙種だったのだ
でも戦況が悪化していくと、彼にも赤紙がもうやだ〜(悲しい顔)

この山ちゃん、母べぇの事を密かに好きだったんだよね
でもそばに居て見守るだけでいいって
何も言わずに「お世話になりました」って別れを言うんだ

母べぇは「山ちゃんを頼みにしてたのに…居なくなったら寂しいわ」
と涙ながらに話すんだ
山ちゃん、それだけでもう嬉しかったんだろうなあせあせ(飛び散る汗)

無償の愛かぁ…
山ちゃん生きて帰って来たらどうなっていたんだろうか?

父べぇの妹さんも家族を支えるんだね
山ちゃんを好いていたみたいだけど、山ちゃんの気持ちを知ってる
だから何も言わずに里に帰ったのね

恋愛って思うように行かないもんだなぁもうやだ〜(悲しい顔)

戦後、母べぇが息を引き取る寸前に
下の娘(美術教師だったね)に言う言葉

「死んであの世でなんか会いたくない!生きてる父べぇに会いたい」

…重い言葉だなぁ

最後に、父べぇからラブレターがエンドロールと共に読まれるんだ
感謝と共に深い愛を込めた内容もうやだ〜(悲しい顔)

思ってた程、”お涙頂戴”風映画でなく
意外としたたかな母べぇの姿にあり?とちょっと期待外れしたけど

淡々とした流れは、山田洋次監督映画独特のものだろうね

山ちゃんを演じた浅野忠信さん、せつない不器用な優しい山ちゃんを
見事に演じてたよ〜さすがぴかぴか(新しい)

ドコモの見事な手品を見せる浅野さんも素敵だね
やっぱり役者だなぴかぴか(新しい)

のぶりんちゃんが
「もし子供が生まれたら絶対水泳を習わせるんだ!」
うん!同感exclamation×2

見た人は全員同感する事間違いなし(笑)

サユリスト黒ハートな方や
山田洋次監督独特の世界に浸れる方にはおススメだよぴかぴか(新しい)
posted by ピヨ at 21:28| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

やっぱり本物がいい!

家の近くに「イーオン志摩」がある

とても広いショッピンクセンターなのだが
その敷地内に

「万寿の湯」

土日は多いと聞いたので、せっかくだからゆっくり入りたい
有休を取った時に、うちの母を連れて行ってみた

車(セダン)で裏道を通って行けば5分も経たずに着くぴかぴか(新しい)

200801181441000.jpg

雰囲気は良かったな
従業員さん方の対応も優しくて、割引券1枚しか無かったのに
こっそりもう一枚くれたぐらいだ
(まあたった100円だけどね…)

650円!(タオル別なので持参したよぉ)

元は取らなきゃね!

残念ながら本物のいい気分(温泉)では無かったなぁ…
岩塩サウナは心地良かったな

200801181428000.jpg

露天風呂もあるよ
でも…白湯はやはり入ってる間は暖かいけど上がったら冷えるなもうやだ〜(悲しい顔)
やっぱり本物のいい気分(温泉)が一番やなぁ

でも、人工だけど炭酸泉があったんよ
低めの温度設定でずっと入れるんだけど、よく見ると
肌にしゅわしゅわと空気の泡が!

うーん気持ちイイぴかぴか(新しい)
コレはいいなるんるん

なにせオープンしたばかりだから、綺麗ぴかぴか(新しい)

3時間ぐらい堪能したので充分元は取ったなわーい(嬉しい顔)

志摩の方へ牡蠣を食べに行かれた帰りに寄るといいかもですぴかぴか(新しい)

料理も充実しているようなので
今度、飲み会やってもいいな黒ハート
posted by ピヨ at 23:42| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。